to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

テラビシアにかける橋

2008-02-05 16:27:52 | the cinema (タ行)
              この橋を渡れば、またきみに会える―
原題 BRIDGE TO TERABITHIA
製作年度 2007年
製作国 地域: アメリカ
上映時間 95分
原作 キャサリン・パターソン
脚本 ジェフ・ストックウェル 、デヴィッド・パターソン
監督 ガボア・クスポ
音楽 アーロン・ジグマン
出演 ジョシュ・ハッチャーソン/アナソフィア・ロブ/ズーイー・デシャネル/ロバート・パトリック

国際アンデルセン賞を受賞したキャサリン・パターソンの同名ベストセラー児童小説を映画化。

女兄弟ばかりの貧しい家庭で育った小学5年生のジェス(ジョシュ・ハッチャーソン)と、引っ越してきたばかりの個性的な少女レスリー(アナソフィア・ロブ)。学校を牛耳るいじめっ子のターゲットにされてばかりの2人はやがて親友同士となり、近所の森に美しい空想上の王国“テラビシア”を作る。(シネマトゥデイ)

これは宣伝の派手派手しさとか、「ナルニア国物語」のスタッフ云々という言葉から、
子供二人が異世界で華々しい冒険をするかのような印象を持ってしまいがちだけど、
実際は、子供の心理、子供たちの現実をキチンと描いた良作でした。

貧しいということでイジメられていたジェス。だけど徒競走は得意。
いじめっ子を負かすチャンスだった。
だけど、突然現れた転校生のレスリーは男子より早かった!
一番になり損ねたジェスは当然レスリーに厭な感情を持ってしまうが、彼女は皆とつるまないジェスに近づいてくる。
子供ながら個を大事にするレスリーもまた他の皆に馴染まないものを感じ、
ジェスと空想の世界を共有しようとする。

川を越えた森の中で二人は『テラビシア王国』を守る、王と王女。
現実世界では、相変わらずイジメは続いていたけど、
家は相変わらず生活が苦しかったけど、
お金は無くても夢は見れる!家や親も関係ない、世界にただ一人の自分!
風のように、風より速く、走っていける――レスリーと一緒に

空想の世界を文章にして先生に認められるレスリーと、
想像で絵を描くのが得意なジェスは、森の中での遊びを通して互いに協力し合い
襲い掛かる敵に立ち向かい、恐怖から逃げない勇気を身につけていく。

誰もが自分の中で、一度は思ったはず。悪をやっつける、自分はヒーローでありたい!
王国で彼らはこころを鍛える!
そうして戦って、現実世界に帰って行く・・・

『チャーリーとチョコレート工場』とはうって変わって、溌剌としたレスリーをアナソフィア・ロブちゃんが魅力的に演じて
主演のジョシュ・ハッチャーソンくんも、貧しさからくるやり場のない怒り、少年らしい憧れ、喪失感を見事に伝えてみせる

本来子供は、田舎の子も、都会の子も、
どこでも自分たちの世界で成りきりごっこ遊びができるものだと思う。
そして、そこでいつも自分がヒーローになりたがる。
我が家の子供もそうだった。怪獣役はいやなのだ。
だからウルトラマンが何人もいて、彼らは目に見えない敵、怪獣と戦うことになる(笑)

これは、夢みる事を忘れて大人になろうとしている、世界中のジェスやレスリーに
かつて子供だった大人からのとびきり優しい、王国への招待状なのだ

------------------*.----------------------.*。--------------------------*

今の子供の時間は速くなっているように思う。。
親は子供に色んなものを押し付けていないか?時には夢みる事さえも........
子供は子供とのかかわりの中で学び取り、育って行く。
一番観て欲しいのは忙しい子供たちではあるけれど、、
子を持つ親にとっても、そこを学び取るための作品でした





コメント (44)   トラックバック (57)   この記事についてブログを書く
« 「堂本兄弟」今夜のゲスト | トップ | CIRCUS 3月号 »
最近の画像もっと見る

44 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トラバありがとう (miyu)
2008-02-05 15:31:34
またこちらからのトラバはgooさんに送れなくなっちゃってるので、
送れるようになりましたら、トラバに改めて参りますね。

コレいい映画だったよね!
ウルトラマンが何人もいて見えない敵と戦うって
面白いけど、あぁ~そういえばそうだったなぁ~と思いました。
幼稚園とかだと強い子にお姫様役を取られちゃうから、
おうちに帰ってからお友達と2人でお姫様ね~♪
とかやってたなぁ~(´▽`*)アハハ
(^^)/ (ゆう)
2008-02-05 19:57:23
kiraさんのレビュー読んでると
映像が蘇ってきます
もしかして....評論家のお仕事してたりして!?

ほんと忙しい子供たちにこそ観てもらいたい
作品ですね。

子供にいろんなこと押し付けてるなぁ~@アタシ
と、ただいま反省モードになっています

TB返しさせていただきますね
TB&コメント、ありがとうございました♪ (テクテク)
2008-02-05 20:32:49
こんばんは
子供たちには、子供たちの社会があって、
その中で転びながらも、
色んな痛みを覚え、学んでいくんですよね

イマジネーションの世界を彩る映像も
見応えがありましたが、
それに負けず劣らず、
現実の世界で起きた数々のエピソードも、
観ている側に色んな事を感じさせてくれる
素晴らしい映画だったと思います
こんばんは。 (ジョー)
2008-02-05 20:52:10
コメントありがとうございます。
アナ・ソフィアロブはほんとうに魅力的な女の子でしたね。将来、ジョディ・フォスターみたいになっていくのでしょうか。楽しみです。
こんにちは! (由香)
2008-02-06 16:46:16
お邪魔します♪
ジェスとレスリーが空想の王国テラビシアに逃げ込むわけではなくて、そこで勇気を身につけていく様子は良かったですね~
ですが、後半の展開があまりにも辛くって・・・受け入れられませんでした。
まさかレスリーが・・・ウルウル
元々の原作者の意図を思えば、ああいう展開と終わり方は納得なのですが、、、いまだに悲しい気持ちが残っています・・・
子供でも一時の夢 (たいむ)
2008-02-06 19:21:02
こんにちは。
>そうして戦って、現実世界に帰って行く・・・
そうそう、CGで思いっきり空想の世界浸ってそうに見えちゃうけど、ちゃんとパッキ割り切って家に帰るところが良かったですね。
決して現実も悪くないって思ってるもの。

悲しい出来事もあるけれど。それも人生のバランス。素敵な作品でしたね。
miyuさん♪ (kira)
2008-02-06 19:55:19
こんばんは!
TB,また不調ですか、そういえば、
いくつか送ったはずなのに反映されてなかったりしてますね。
でも、こうしてお話できるので良かったです!

そうなんですよ~。
全員、ヒーロー志望で、悪役不在(笑)
みんな自分だけに見える敵と戦っていたんですよ
もしかして彼らに見えていた敵、怪獣って、ワタシ?
ゆうさん~♪ (kira)
2008-02-06 20:06:21
ワタシもね、この作品観て
結構いろいろ思うトコありました~。。。

どう考えても自分の子供時代に較べて
今の子供の時間は短いな~って思いますよね?
学校の休日が増えて、下校時間が遅い上に
習い事とか、、、
おまけに物騒で、安心して子供だけにしておけない公園とか増えてきたし、、
でも、子供同士のこころの問題など
とてもヒントがあるし、たくさんの子供たちに観て欲しいです
テクテクさん♪ (kira)
2008-02-06 20:18:36
こんばんは!コメントありがとうございます♪
>その中で転びながらも、
色んな痛みを覚え、学んでいく
本当にそう、いろんな経験をして知っているオトナより
今・直面している理不尽なことや、恐怖など
この作品は、まだそれを"知らない"彼ら子供の方が
案外よく(正しく)理解できるのでは?と思いました
現実社会の彼らの変化も、彼らをとりまく人物たちの描き方も
丁寧で良かったですよね!
ジョーさん♪ (kira)
2008-02-06 20:26:54
こんばんは!
「子猫の涙」も、監督の愛情のこもった作品だと思いましたが、
この作品も制作側の大人の、子供に向ける優しい眼差しをとても感じました

アナ・ソフィアロブちゃん、輝いてましたね~♪キーラに似た顔立ちだと思いましたが
順調に素敵な作品に出会えるといいですね

コメントを投稿

the cinema (タ行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

57 トラックバック

『テラビシアにかける橋』 (Sweet*Days**)
監督:ガボア・クスポ  CAST:ジョシュ・ハッチャーソン、アナソフィア・ロブ 他 貧しい家に暮らし学校でもいじめられっ子のジェス...
心にかける優しさの橋。『テラビシアにかける橋』 (水曜日のシネマ日記)
国際アンデルセン賞を受賞したキャサリン・パターソンの同名ベストセラー児童小説を実写版映画化した作品です。
『テラビシアにかける橋』 (武と映画と日常)
ママ友Tちゃんと映画を観てきました。 {{{『テラビシアにかける橋』}}}をチョイス。 Tちゃんはきっと他に観たいものがあったと思うんだけど わがままを通させていただきました。 詳細は[http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tydt/id328622/ こちら]。 ...
テラビシアにかける橋 (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2007年/アメリカ 監督:ガボア・クスポ 出演:ジョシュ・ハッチャーソン(ジェス)    アナソフィア・ロブ(レスリー)    ズーイー・デシャネル(エドマンズ先生)    ロバート・パトリック(ジャック・アーロンズ)  ...
「テラビシアにかける橋」:フェリー埠頭入口バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}あんなところでコスプレして、最近の若者は変身願望があるのか。 {/hiyo_en2/}そりゃあ、年齢に関係なくあるわよ。変身というより、現実とは違うもうひとつの別の世界を持ちたいっていう感じかしら。 {/kaeru_en4/}ああ、「テラビシアにかける橋」の子ども...
テラビシアにかける橋 (めでぃあみっくす)
児童文学の世界ではかなり有名らしいこのキャサリン・パターソン著の原作をあのウォルデン・メディアが製作したということで見てみたのですが、正直前評判ほどの映画ではありませんでした。 もちろんおすぎさんのTVCM宣伝など全く参考にもしていませんが、それでもこの映...
テラビシアにかける橋/ジョシュ・ハッチャーソン (カノンな日々)
一見ファンタジーっぽい印象を受けるけど、CGバリバリの作品ではなさそうなとこに好感を抱いて楽しみにしてた作品です。本屋に平積みされてた原作も気になったけど、とりあえず映画が先です。映画で気に入ったら原作にもゴー!かな? 出演はその他に、アンナソフィア・...
テラビシアにかける橋<試写会> (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <九段会館> 監督:ガボア・クスポ 原作:キャサリン・パターソン 『テラビシアにかける橋』(偕成社刊) 脚本:ジェフ・ストックウェル デヴィッド・パターソン 5年生のジェスは、学校ではイジメにあい、家では女姉妹に囲まれて面白くない毎日。...
テラビシアにかける橋・・・・・評価額1400円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
キャサリン・パターソン原作の児童小説「テラビシアにかける橋 "Bridge to Terabithia"」の映画化。 原作は未読なので、予告編やポスターの印象にだ...
テラビシアにかける橋 (ともやの映画大好きっ!)
(原題:BRIDGE TO TERABITHIA) 【2007年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★★☆) キャサリン・パターソンの同名児童文学を映像化したファンタジー映画。 田舎の町の貧しい家庭に育った小学5年生の少年ジェス・アーロンズ(ジョシュ・ハッチャーソン)。学校ではいじ...
テラビシアにかける橋 (5125年映画の旅)
絵を描くことが好きで、内向的な性格から周囲にいじめられているジェスと、彼のクラスに転校してきた空想好きな少女レスリー。親友となった二人は、森の奥に自分達だけの空想の王国「テラビシア」を作り上げる。学校や家庭の問題と向き合いながら、二人は自分達の理想...
テラビシアにかける橋 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
子どもを連れて鑑賞―【story】女兄弟ばかりの貧しい家庭で育った10才のジェス(ジョシュ・ハッチャーソン)と、引っ越してきたばかりの個性的な少女レスリー(アナソフィア・ロブ)。学校を牛耳るいじめっ子のターゲットにされてばかりの2人はやがて親友同士となり、近所...
【テラビシアにかける橋】 (日々のつぶやき)
監督:ガボア・クスポ 出演:ジョシュ・ハッチャーソン、アナソフィア・ロブ、ロバート・パトリック、ズーイ・デシャネル 「絵が好きで、家が貧しいジェスはいじめられっこ。ある日転校生レスリーがクラスにたってきた。男子生徒よりも足が速い彼女はちょっと変わって
「テラビシアにかける橋」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「テラビシアにかける橋」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ジョシュ・ハッチャーソン、アナソフィア・ロブ、ズーイー・デシャネル、ロバート・パトリック、他 *監督:ガボア・クスポ 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログか...
テラビシアにかける橋 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
この橋を渡れば、またきみに会える。子供時代の懐かしい日々、あのころの思い出が甦る! 田舎町の貧しい家庭で育った小学5年生の少年ジェスにとって、人生は厳しいものだった。女ばかりのきょうだいの中で、両親からは顧みられない。ボロボロになったスニーカーも新...
「テラビシアにかける橋」みた。 (たいむのひとりごと)
今年の大泣き第一号(笑)子供の頃は私も良くやっていた”みたて”ごっご。自分もちゃんと”心の目”を持っていたことを思い出しつつ、ニコニコしながら純粋な少年少女を見つめていた。なのにっ!なんでぇ!(TT)
テラビシアにかける橋 (映画を観たよ)
子どもの力。
テラビシアにかける橋 (★Shaberiba ★)
目を閉じて、心を開いて。 この橋を渡れば、またきみに会える・・。
テラビシアにかける橋 (C'est Joli)
テラビシアにかける橋’07:米 ◆監督: ガボア・クスポ「ラグラッツ・ムービー」「ラグラッツのパリ探検隊」◆出演:ジョシュ・ハッチャーソン、アナソフィア・ロブ、ロバート・パトリック、 ズーイー・デシャネル ◆STORY◆貧しい家庭にあって姉妹4人に囲まれ...
【劇場映画】 テラビシアにかける橋 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 貧しい家庭にあって姉妹4人に囲まれ窮屈に暮らす11歳の少年ジェスの唯一の慰めは、こっそりと絵を描くことだった。学校でも居心地の悪さは同じだったが、ある日、風変わりな女の子レスリーが転入してきてジェスの灰色の毎日は一変する。自由な発想と行動...
「テラビシアにかける橋」★★★★★ (JoJo気分で映画三昧!+α)
'07年製作 原作キャサリン・パターソン 監督ガボア・クスポ 主演ジョシュ・ハッチャーソン アナソフィア・ロブ 共演 ロバート・パトリック 、 ズーイー・デシャネル他。国際アンデルセン賞受賞作の映画化。1月26日より公開。 家計が苦しいため、姉のお古の...
テラビシアにかける橋 (観劇★感激★カンゲ記)
公式サイトはコチラ これは見る年齢や、その時のストレス(?)とか環境によって感想が変わりそう。 今現在の私は、まぁなかなかやさぐれてる日々を送っているので、なかなか素直に見れませんでした。 いや、良くできてると思います。 でもなんか、ジェスとレ...
★テラビシアにかける橋<2007>★ (CinemaCollection)
この橋を渡れば、またきみに会える上映時間95分製作国アメリカ公開情報劇場公開(東北新社)初公開年月2008/01/26ジャンルファンタジー/アドベンチャー/青春【解説】キャサリン・パターソンの同名ロングセラー児童文学を映画化した感動ファンタジー・ドラマ。多感な少年期...
テラビシアにかける橋 (映画通の部屋)
「テラビシアにかける橋」BRIDGE TO TERABITHIA/製作:2007
映画 【テラビシアにかける橋】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「テラビシアにかける橋」 キャサリン・パターソンの同名児童小説を映画化。 おはなし:いじめられっ子の少年ジェス(ジョシュ・ハッチャーソン)と転校生の個性的な少女レスリー(アナソフィア・ロブ)は親友となり、近所の森に美しい空想上の王国テラビシア...
テラビシアにかける橋 (小部屋日記)
Bridge to Terabithia(2007/アメリカ)【試写会】 監督 :ガボア・クスポ 出演 :ジョシュ・ハッチャーソン/アナソフィア・ロブ/ズーイー・デシャネル/ロバート・パトリック この橋を渡れば、またきみに会える 今年最初の試写会にいってきました! 原作は国際アンデ...
テラビシアにかける橋/ Bridge to Terabithia (我想一個人映画美的女人blog)
どこか懐かしい感じのする、良作{/kirakira/} 1月の映画リストでも書いたけど 主演は、 去年公開の『リーピング』でイナゴ少女を演じたアナソフィア・ロブちゃん。 ティム•バートンの『チャーリーとチョコレート工場』では 常にガム噛んでる小憎らしい子をや...
テラビシアにかける橋 (迷宮映画館)
子供たちの世界は過酷だ。でも、悪いことばかりでもないぞっと。
映画:テラビシアにかける橋 試写会 (駒吉の日記)
テラビシアにかける橋 試写会(有楽町朝日ホール) 「王様がそんなことを言ったらみんな悲しむ」 いじめられっこ(まあ昔の表現でいうとネクラっぽいかんじなのかな?)のジェスとちょっと変わった転校生のレスリー。学校でも浮いている存在の二人が段々仲良くなっ...
「テラビシアにかける橋」 (首都クロム)
 かつて出会った子供を主人公にした空想・妄想系統の作品とは一線を画した、リアリティに満ち溢れた作品でした。11歳の頃に何を考えていたかなんて覚えていないし、ジェスやレスリーのように発想のボキャブラリーは豊かではなかったけれど、子供の頃の空想遊びは実際あん...
16●テラビシアにかける橋 (レザボアCATs)
子供は、自分たちだけの王国に住んでいる、大人とは別の生き物のように思う。自分もかつてそこに住んでいたし、他にも多くの大人たちがそうだ、って思うんじゃないかな。
テラビシアにかける橋☆独り言 (黒猫のうたた寝)
これは、実は予告で泣かされたんです(笑)あぁ、でも予告で涙した部分って、実際は別のシーンでううう、、、、やられた~って思ったのも確かなのです。『テラビシアにかける橋』は児童文学が原作の気持ち的には懐かしい作品でした。ジェスは絵を描くのが好きな内向的な少年...
テラビシアにかける橋(東京シネフェスティバル) (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  この王国で僕らは勇気と絆を手に入れた  
テラビシアにかける橋 (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2007年/アメリカ 監督:ガボア・クスポ 出演:ジョシュ・ハッチャーソン(ジェス)    アナソフィア・ロブ(レスリー)    ズーイー・デシャネル(エドマンズ先生)    ロバート・パトリック(ジャック・アーロンズ)  ...
『テラビシアにかける橋』 (2007) / アメリカ (NiceOne!!)
原題:BRIDGETOTERABITHIA監督:ガボア・クスポ原作:キャサリン・パターソン出演:ジョシュ・ハッチャーソン、アナソフィア・ロブ、ロバート・パトリック、ズーイー・デシャネル鑑賞劇場 : 109シネマズMM横浜公式サイトはこちら。<Story>貧しい家庭にあって姉....
テラビシアにかける橋 (シネマ通知表)
2007年製作のアメリカ映画。 全米初登場2位、興行成績$82,272,442。 国際アンデルセン賞を受賞したキャサリン・パターソンの同名ベストセラー児童小説を映画化。いじめられっ子の少年と風変わりな少女が空想の王国テラビシアを作り上げ、友情を育んでいく姿を描く。監督...
テラビシアにかける橋 (Good job M)
公開日 2008/1/26監督:ガボア・クスポ出演:ジョシュ・ハッチャーソン/アナソフィア・ロブ/ロバート・パトリック 他【あらすじ】女兄弟ばかりの貧しい家庭で育った11歳のジェスはいじめられっ子。唯一の楽しみは架空の生き物やストーリーを空想してスケッチすることだ....
【2008-21】テラビシアにかける橋(BRIDGE TO TERABITHIA) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? この橋を渡れば、 またきみに会える
テラビシアにかける橋 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『この橋を渡れば、 またきみに会える』  コチラの「テラビシアにかける橋」は、"全世界が涙した児童文学の最高傑作"キャサリン・パターソンの同名原作を映画化したアドベンチャー・ファンタジーなのですが、本日1/26公開となったので、早速観て来ちゃいましたぁ~...
テラビシアにかける橋 (心のままに映画の風景)
?域???冴?㍽翁????絎九梱?с??筝∴Κ??絋刻?篋冴??????11罩潟??綛眼?吾?с?刻??吾?с?激?ャ?祉??????c?若?純?鰹????絖?<?с??ゃ?吾?<????絎九梱?с???????????c...
『テラビシアにかける橋』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「テラビシアにかける橋」□監督 ガボア・クスポ□脚本 ジェフ・ストックウェル、 デヴィッド・パターソン □原作 キャサリン・パターソン 「テラビシアにかける橋(偕成社刊)」□キャスト ジョシュ・ハッチャーソン、アナソフィア・ロブ...
『テラビシアにかける橋』 (Gingham Notes)
『テラビシアにかける橋』を観ました。 去年の11月に映画祭のオープニング作品で観て、感想を書かないまま年越ししてしまったのだけど、再び行ってきました。(東京シネシティフェスティバルの様子:2007年11月26日) 田舎町で暮らす少年、小学校5年生のジェス。家族は...
「テラビシアにかける橋」試写会観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「テラビシアにかける橋」 監督:ガボア・クスポ 出演:ジョシュ・ハッチャーソン、アンナソフィア・ロブ、ズーイー・デシャネル、ロバート・パトリック、ベイリー・マディソン、ケイト・バトラー、デヴォン・ウッド、エマ・フェントン 11歳の少年ジェスは、5人姉...
テラビシアにかける橋 (メルブロ)
テラビシアにかける橋 200本目 2008-6 上映時間 1時間35分 監督 ガボア・クスポ 出演 ジョシュ・ハッチャーソン アナソフィア・ロブ ロバート・パトリック ズーイー・デシャネル 評価 9点(10点満点) 会場 吉祥寺バウスシアター  吉祥寺バウスシア...
【映画】テラビシアにかける橋 (新!やさぐれ日記)
■動機 予告編を観てなんとなく向きかなっと ■感想 やっぱり向きだった。サプライズあり。 ■満足度 ★★★★★★★ まんぞく ■あらすじ 女兄弟ばかりの貧しい家庭で育った小学5年生のジェス(ジョシュ・ハッチャーソン)のクラスに、ある日風変わりな少女レス...
真・映画日記(1)『テラビシアにかける橋』 (          )
JUGEMテーマ:映画 1月27日(日)◆698日目◆ 前の晩に「Live inn Rosa」でのオールナイトのイベントに行き、朝7時に帰宅。 午前中いっぱい寝る。 午後3時前から外出。 池袋の「シネマロサ」へ。 『テラビシアにかける橋』を見る。 客入りは50人程度。 ...
テラビシアにかける橋 (現実逃避ING)
4人の姉・妹に囲まれ、決して裕福ではない家庭で育ち、すっかり負け犬根性がついてしまったジェス。得意なかけっこでも、隣の家に引っ越してきた転校生の女の子、レスリーに負けてしまう。 気が強く活発なレスリーとジェス。正反対に思える二人は、想像力という共通点が...
テラビシアにかける橋 (夫婦でシネマ)
空想世界と現実に架ける橋は、私達に勇気とやさしさを与えてくれる。近頃のファンタジー映画の中では出色の出来栄えです。
「テラビシアにかける橋」 橋を渡る力 (はらやんの映画徒然草)
学校に行けばいじめられ、家では家計が苦しく現実を見ろと親に言われる少年ジェス。
テラビシアにかける橋 (映画鑑賞★日記・・・)
【BRIDGE TO TERABITHIA】2008/01/26公開製作国:アメリカ監督:ガボア・クスポ出演:ジョシュ・ハッチャーソン、アンナソフィア・ロブ、ズーイー・デシャネル、ロバート・パトリック、ベイリー・マディソン この橋を渡れば、またきみに会える
テラビシアにかける橋 (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年1月26日 公開作品 2008年6月27日 DVDリリース "フリー・ザ・ピー! (オシッコに自由を!)" ・・・泣けました。 分かり合えた親友との別れ・・・。 これって児童文学だったんですね。 キャサ...
◇『テラビシアにかける橋』◇ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2007年:アメリカ映画、ガボア・クスポ監督、ジョシュ・ハッチャーソン、アナソフィア・ロブ主演。  ≪DVD鑑賞≫
テラビシアにかける橋 (Blossom Blog)
テラビシアにかける橋 BRIDGE TO TERABITHIA 監督 ガボア・クスポ 出演 ジョシュ・ハッチャーソン アンナソフィア・ロブ ズーイー・デシャ...
『テラビシアにかける橋』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ貧しい家庭にあって姉妹4人に囲まれ窮屈に暮らす11歳の少年ジェスの唯一の慰めは、こっそりと絵を描くことだった。学校でも居心地の悪さは同じだったが、ある日風変わりな女の子レスリーが転入してきてジェスの灰色の毎日は一変する。自由な発想と行動力を持つレ...
★「テラビシアにかける橋」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、地味に「ファンタジー特集」やってる関係上、 観損なってて、劇場公開終了間近の「テラビシア~」を観る事に。 予告編は何度も観てて、 主人公の負け犬系小学男子が女子転校生と仲良くなってく・・・ しかし、突然の不幸が・・・みたいな話だっつう...
mini review 08322「テラビシアにかける橋」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
国際アンデルセン賞を受賞したキャサリン・パターソンの同名ベストセラー児童小説を映画化。いじめられっ子の少年と風変わりな少女が空想の王国テラビシアを作り上げ、友情を育んでいく姿を描く。監督はアニメ界出身のガボア・クスポ。主人公の少年少女を『ザスーラ』のジ...
テラビシアにかける橋 (Addict allcinema 映画レビュー)
この橋を渡れば、またきみに会える