to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

天使が消えた街

2015-09-06 23:10:14 | the cinema (タ行)

原題 The Face of an Angel
製作年 2014年
上映時間 101分 映倫区分 R15+
製作国 イギリス・イタリア・スペイン合作
監督マイケル・ウィンターボトム
出演 ダニエル・ブリュール/ケイト・ベッキンセール/カーラ・デルビー/ニュバレリオ・マスタンドレア

イタリアで実際に起きたイギリス人留学生殺人事件を題材に描いた社会派ドラマ
容疑者が若く美しい女性だったことから事件の本質とは異なる部分で国際的に注目を集めた同事件の闇を、ひとりの映画監督の視点から重層的にあぶり出していく

2011年、イタリア・トスカーナ州シエナの街で、4年前に世間を騒がせたイギリス人留学生殺人事件の控訴審が始まろうとしていた。事件を映画化するため現地を訪れた気鋭監督トーマスは、大衆向けにスキャンダラスな報道を繰り返すメディアの実態を目の当たりにし、被害者とその遺族に寄り添った映画をつくろうと決心する。

時間が合わずコチラを先に観たんですが・・・
久々に外したと思った作品となってしまいました~。

「ひとりの映画監督の視点から重層的にあぶり出していく」という触れ込みを、
それが事件の真相に導いていくもの、ミステリーだと思ったのが間違いで、
その、中途半端に炙り出されるものは、当時のイタリアのメディアと、
それを肯定するようなイタリア社会だったかも…―

チョット、ここからネタバレ気味感想です。
    ↓
    ↓
    ↓

肝心な主人公の、監督トーマスは、そんな(大衆が喜べば、真実は二の次的な)記者たちに憤り、
ちっとも仕事がはかどらず、
離婚した妻の元で暮らす娘とのPC電話で癒され、
ドラッグに溺れ、
遂には妄想に取りつかれ、現実と幻覚の区別がつかないようになり、、、という、
残酷な殺人事件の、世間の反応に嫌気がさした主人公の苦悩の物語でした。

それにしても、この主人公のキャラが私的にダメで、
もうね、彼を起用したプロダクションや、ケイト演じる記者を振り回している
公私混同オトコにみえて仕方がなかった
どうも、この主人公はマイケル監督が、自身の姿を投影させているのではないかとは
多分、途中からどなたも感じるところではないかな~?
女優陣は美しかったです。

コメント (2)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« 今月の気になる作品♪ | トップ | ギヴァー 記憶を注ぐ者 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
kiraさんのネタバレで (ituka)
2015-11-17 21:46:26
そういうことだったのかと改めて納得できました。
仕事が一向にはかどらない時点でいい加減勘弁してよ~でした(笑)
ケイトが出てなかったら★1つにしようかと思ったほど
久しぶりに劇中のキャラにイラっとしました(爆)
itukaさん♪ (kira)
2015-11-18 08:17:28
ほんと、しっかりしろよ~のキャラでした(笑)
★一つ、解ります~
こんな公私混同な男に、ドキュメントは無理でしたよねー
有名な実際の事件にあやかっただけの作品で
騙された~~

コメントを投稿

関連するみんなの記事

4 トラックバック

天使が消えた街 (風に吹かれて)
監督の苦悩 公式サイト http://www.angel-kieta.com 原作: ANGEL FACE: Sex, Murder and the Inside Story of Amanda Kn
「天使が消えた街」 (ここなつ映画レビュー)
イギリスからシエナに別々に留学しにきた女子大生2人がルームシェアをして暮らしていたが、その内1人がアパートの中で惨殺され、容疑者として同居していたもう1人の女子大生とその恋人が検挙された。アメリカ人映画監督のトーマス(ダニエル・ブリュール)は、裁判の過程...
天使が消えた街 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★【2点】(11) 回りくどい説明省けば1時間は短縮できる映画。
映画評「天使が消えた街」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2014年イギリス=イタリア=スペイン=アメリカ合作映画 監督マイケル・ウィンターボトム ネタバレあり