to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

シャッター アイランド

2010-04-10 23:16:02 | the cinema (サ行)
全ての“謎”が解けるまで
この島を出る事はできない。

製作年度 2009年
原題 SHUTTER ISLAND
上映時間 138分
原作 デニス・ルヘイン 『シャッター・アイランド』(早川書房刊)
監督 マーティン・スコセッシ
出演 レオナルド・ディカプリオ/マーク・ラファロ/ベン・キングズレー/ミシェル・ウィリアムズ/エミリー・モーティマー/マックス・フォン・シドー/パトリシア・クラークソン

マーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオの4度目のタッグとなるミステリー・サスペンス。「ミスティック・リバー」の原作者デニス・ルヘインの手によるトリッキーな謎解きスリラーを映画化。
精神を病んだ犯罪者の収容施設がある孤島、シャッター アイランド。厳重に管理された施設から、一人の女性患者が謎のメッセージを残して姿を消す。孤島で起きた不可解な失踪(しっそう)事件の担当になった連邦保安官のテディ・ダニエルズ(レオナルド・ディカプリオ)は、この孤島の怪しさに気付き始める……。

公開までかなり待たされた、レオの「シャッターアイランド」観て来ました。
あなたは開始何分でこの謎が解けるか?と、予告でもいっていたようですが、
観る前から予想していた通りでした。
でも―
ソレが確信になる頃には、ストーリーの中に引き込まれていますので、
謎が解けてもそのストーリーに興味を失うことはありません。
大絶賛まではいきませんが、かなりスリリングな2時間18分、楽しめました

初日が金曜日ということもあり、混雑を避けて夜の回を選んだら、ほぼ8割方がカップルでした~。
話題の超日本語吹替ではなく字幕版だったから余計に平均年齢が低かったのか?
ただ、声(セリフ)も演技の一部という気がするし、
アニメと違ってその臨場感、迫力はこの作品もまず字幕で観たかったんですが、
日本の公式サイトでその吹き替え版の予告をみても、そんなに違和感はなかったですね。
字幕は追いかけられないほどではないですが、ストーリーだけに集中したいなら、吹替版もアリかも知れません。

ストーリーは何を書いてもネタバレになってしまいそうですが、
緊張感を煽る音楽も気にならないほど、かなり集中してみましたが、
「騙されるな!」みたいなキャッチコピーだと、以前あまりにも騙されまいと挑んでみた「アフタースクール」で、
私的には騙されないことで損した気がした結果になってしまったのを思い出しますので(笑)
これはもう素直に見て正解♪
久しぶりに出口に向かうやいなや「どこで解った~?」「頭がこんがらがったよ」などと小声で感想を言い合うひとが多かった作品でした。

ディカプリオの演技を堪能できましたし、
他のキャストも存在感をもって作品を引っ張っていきます!
謎解きだけに終わらない、むしろ謎が解けてからの方にこの作品の訴えているものがあり、
ラストシーンのテディの一言が心に残ります。

すっかり恰幅も良くなって男っぽいレオさまですが、今回私的には「ロミジュリ」の頃の面影を見たシーンがあり、
それが凄い嬉しかったです~後半にその表情は見れます

申し訳ありませんが、コチラの作品の"完全ネタバラシ"の記事はTBを戴きませんのでご了承下さい
コメント (26)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 半分の月がのぼる空 | トップ | スターズ・オン・アイス »
最新の画像もっと見る

26 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同感です。 (えい)
2010-04-11 09:17:53
>謎解きだけに終わらない、むしろ謎が解けてからの方にこの作品の訴えているものがあり、
ラストシーンのテディの一言が心に残ります。

ぼくもそうでした。
謎なんて、もともと原作のものですし…。

聞いたところによると、
脚本に書かれたこの一言で、
スコセッシがメガホンを取る決意を固めたそうです。
そうですね (miyu)
2010-04-11 18:53:50
デニス・ルヘインがただのトリッキーなミステリーを
書く訳がないですから、kiraさんが書いてらっしゃるように
謎が解けてからのヒューマン的要素が本作の見どころですよね。
まぁでもプロモーションとしてはミステリー要素を押すのは
間違いではないでしょうし、その方が客足的には正解なんだろうなぁとは思います。
レオ様の湖畔での切なげ~な表情は少し面影を感じましたけど、
2重アゴとバスタオルを巻く位置があまりに上過ぎて、
腹筋鍛えておいてよ~!と悲しくもなりました(´▽`*)アハハ
こんにちは! (たいむ)
2010-04-11 19:22:27
>あなたは開始何分でこの謎が解けるか?
思いっきり挑発的な文句なのだけど、映画観て、これって解いてほしいのかほしくないのか、どっちなんだろう?ってちょっと思いました。
同じく予想通りでしたけど、確信するにはやっぱり見なくちゃなんですよねw
そういうところと最後の余韻は良かったと、それなりに楽しめたけど、やっぱ宣伝かね~って思ってしまいます(^^;
こんばんは! (アイマック)
2010-04-11 21:46:49
謎解きよりも、わけありげなシーンの連続、音楽や映像が見応えありました。予備知識なしで素直にみたほうがよいね。
オチが意味深でいい。
後半のディカプリオはよかったねー。
えいさん* (kira)
2010-04-12 20:49:14
文章は穏やかですけど、
なかなか点数的には厳しいえいさんの今回の評価は
かなり嬉しいです

あの宣伝文句さえなければ、との感想も今回多く目にしましたが、
"レオの作品にハズレなし"と、純粋に作品に没頭しましたので、
スコセッシを動かしたラストのセリフの部分まで、浸りきって観れて良かったです。
miyuさ~ん* (kira)
2010-04-12 20:55:18
>謎が解けてからのヒューマン的要素が本作の見どころ
反則気味なプロモーションに、反発を募らせる向きも多いですが、
かなり早い時点でたくさんのヒントがあったので、
やはりこれはキャストの演技で引っ張られましたよね!

>腹筋鍛えておいてよ~!と悲しくもなりました
わ~~ん、miyuさんそこに触れないでぇ~
たいむさん* (kira)
2010-04-12 21:11:36
あ、やっぱりあもプロモーションは減点対象ですか?
謎解きをメインに見ちゃうと
どうしても点数が辛くなりますよね~
これはやはり観ないとわからないですが、友人のご主人は別な結論だったようで、
やはりそこは面白いですよね(笑)
で、もう一度行くつもりで居ますσ(^_^;)
アイマックさん* (kira)
2010-04-12 21:17:21
あのプロモーション内容でなければ
映画好きの方は素直に楽しめた内容だったですよね?!
親切なヒントだったし(笑)音楽もぞわぞわで(笑)
ディカプリオも他のキャストも良かったし、
扱ってる内容は現代にも通じる問題でしたもん。
私はかなり満足でした~
Unknown (mig)
2010-04-12 22:03:58
kiraさん♪

こんばんは!
レオくん、さすがの演技でした~
内容的にはわたしは宣伝効果の大袈裟なせいで、意外さはなかったけど。。。
そっか、kiraさんは字幕だったんですね★
わたしも試写だったから仕方なかったけど字幕でみたかったなぁー。。。

次回はいよいよインセプションですね!
楽しみ~
Unknown (あん)
2010-04-14 21:12:39
このくらいのミステリーだったら、字幕で観たかったな~と思いました。レオの声が聞きたかったよ~。映画配給会社と、意見が合わないよ~(汗)

おぉ!kiraさまは「観る前から予想していた通り」だったのですね。私は途中まで。映像や思わせぶりなぞわぞわした雰囲気は、好きでした。
レオの演技は、じっくりと堪能しましたデス^^

コメントを投稿

the cinema (サ行)」カテゴリの最新記事