to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

私が、生きる肌

2012-05-30 22:02:49 | the cinema (ラ・ワ行)

あなたは、
これを愛と呼べるか――

原題 LA PIEL QUE HABITO/THE SKIN I LIVE IN
製作年度 2011年
製作国・地域 スペイン
上映時間 120分
原作 ティエリ・ジョンケ『私が、生きる肌』/『蜘蛛の微笑』(早川書房刊)
脚本 ペドロ・アルモドバル 、アグスティン・アルモドバル
監督 ペドロ・アルモドバル
音楽 アルベルト・イグレシアス
出演 アントニオ・バンデラス/エレナ・アナヤ/マリサ・パレデス/ジャン・コルネット/ロベルト・アラモ

ペドロ・アルモドバル監督が、ティエリ・ジョンケの小説「蜘蛛の微笑」を原作に放つサスペンス
最愛の妻を亡くして以来、完ぺきな肌の開発研究に打ち込む天才形成外科医のロベル(アントニオ・バンデラス)。あらゆるモラルを打ち捨ててしまった彼は、ある人物を監禁して禁断の実験に取り掛かることに。それは開発中の人工皮膚を全身にくまなく移植して、被験者を亡き妻へと作り変えてしまうことだった。着々と妻の代役を創造させていくロベルだったが、思いも寄らぬ事態が起こってしまう。


私的今月の目玉だった1本♪
出来るなら避けたいといつも思っている日曜のお昼の回でしたが、この独特のポスター、
チラシからやはり日曜日に多いカップルの姿がない所為かイイ感じの観客数
で、超~!面白かった!!
コレはなるべく情報を持たずにご覧になると、より楽しめると思います!
なので、画像も少な目・・



トレドの大邸宅に暮らすロベル・レガルは最先端のバイオ・テクノロジーを駆使した人工皮膚開発の権威として世界的に知られている。
彼の屋敷にはワケあり風のメイド・マリリアと、特殊なボディ・スーツの"患者"がいたが、
ロベルの留守中に、ある日一人の招かれざる客が押しかけてきた。
そして事件は起き、少しずつ何かが変わっていく―・・・

物語は現在のロベル邸と、
ロベルの家族におきた2つの不幸な過去の事件を織り交ぜながら進行する。

このペドロ・アルモドバル監督作品は、私的には麻薬中毒患者とか同性愛とか暴力がイメージにあり、
その、死の扱いもかなり鮮明に印象に残っている。あの「ボルベール〈帰郷〉」でさえも。
で、この監督の得意分野の、これは設定のような気がするのですが、
「バッド・エデュケーション」より画的には明るく、ストーリー展開も解り易い。

そして、殆ど情報も持たずに観た所為か、展開が予測できない上に
衝撃のラストまでスリルが味わえてどっぷり浸かっていました。
(まァ、油断していたからでもなく、途中ま、まさかっ?!といきなりきますが)

苦手系アントニオ・バンデラスの猟奇的天才形成外科医は嵌っていました!
ベラ役のエレナ・アナヤの表情は、やはりどことなくペネロペ・クルスに似ていたし、
ビセンテ役のジャン・コルネットはガエルくんに良く似ていた気がします。

たしかR-指定がついていたと思いますが、
この狂気のドラマの、真の主人公のラストには思わず涙が・・・
いろんな意味で恐いけど、ドッキドキの2時間、ドップリ楽しめました。


コメント (16)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
« 平清盛 第21回 | トップ | 悠くん、番宣TV♪ »
最新の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mig)
2012-05-31 00:17:42
こんばんは☆

そんなにkiraさんもハマれたんですね~♪
オススメした身として嬉しいな♪
二度目みちゃったけどやっぱり面白かった~。
こういうオリジナルな作品ってやっぱり惹かれちゃう。
面白かった~ (ノルウェーまだ~む)
2012-05-31 10:14:56
kiraさん☆
これはかなりガッツリ惹きこまれました。
奇想天外な発想で、まっまさか!?となりますよね~
ベラは確かにどこかペネロペに似ているかも。
migちゃん♪ (kira)
2012-06-01 00:00:27
こんばんは~

うん、コレね、migちゃんのオススメがなかったら
たぶんスルーだったと思うよ~。バンデラス、苦手だし(笑)

アレコレ飛び散るような恐さじゃなかったけど、
こういう執念と狂気が怖いよね~。
サンドラ・ブロックの「失踪」思い出しちゃった・
ノルウェーまだ~む♪ (kira)
2012-06-01 00:07:15
「愛」と「新しい肌」を創造する話かと思いきや、でしたよね
やっぱり油断があったのでしょうかね~
この監督、私的には前作「抱擁のかけら」が合わなかったのですが、
これは面白かったです~!
やっぱりキャストにこの監督の好みが窺える(笑)
こんばんは (ituka)
2012-06-03 19:58:01
この映画の衝撃度は凄かったです!
波状攻撃のような段階的なものでなく、ピンポイントで一気に来ましたから(笑)

kiraさん、もしかしたら今年のベスト10に入る1本に?

挿入物の先端って、なんであんな形してるのか?
そこから調べたくなった映画になりました(って、そこかよ)^^;
itukaさん♪ (kira)
2012-06-07 20:53:10
>段階的なものでなく、ピンポイントで一気に来ましたから

そうですよね~
予告は随分前に一度、観てはいたんですが、
あのバケツのシーンでもまだ??でした~。
で、一気にきましたからね~。そ、そんな~~でしたよ~。

あのブツの並べ方・・・、説明要らんて、、、

終わってからもあの子の今後は、、って、想像してしまう、
むしろ鑑賞後の方が想像を掻き立てられますよね~。
たぶんベスト入りでしょう

「ボルベール〈帰郷〉」 (オリーブリー)
2012-07-14 03:23:35
あんなトコに隠されたまま、レストランは営業するし、死体の処理なんて近所のママ友(笑)と淡々とされちゃったよね。

こちらの作品は、女でも何だか下半身が切なくなる映画だったわ(苦笑)
ギリギリだったけど、観て良かった。
これ見逃してたら、大後悔。
「ラストキング・オブ・スコットランド」の二の舞だったかも(笑)

「少年は残酷な弓を射る」良かったよ!!
時間ない?
kiraたん、好きだと思うんだけどなァ~。
今まだあれこれと考え込んでるよ^^
「レボリューショナリー~」状態だ!(苦笑)
くれぐれも邦題に騙されないでね(爆)
オリブリたんっっ♪ (kira)
2012-07-14 20:25:12
ねっ?
死の扱い、死体の扱いが、びっくりだったよね~
女が強いとかの次元じゃないモノを感じたっけ・・

>「ラストキング・オブ・スコットランド」の二の舞だったかも
あら、そうだったっけ?アレは私も意気地が無くて映画館には行けず、
かなり遅れてDVDで、そのトシのベストに入れた覚えが・・・

コレはコレで、あまりに人道を逸した狂気の仕打ちに、ただただあの子の将来を想い、
胸が塞がれるラストでしたねぇぇ。。

実は今日こそ、早く上がって『弓・・』を観るつもりでいたのに、
なんやかんやでギリの時間になってしまい、往復2時間超のシャンテに行けなかったのよぅ~
唯一のチャンスだったのにぃ
と、云うわけでオリブリたんの弓の記事、今は読まないで置いたわ
うあははあ (sakurai)
2012-07-16 15:58:13
うひゃひゃひゃ。
なんも言えねえ!です。
あ、kiraさん、バンデラス、苦手系?
仲間だあ!
どうもバタ臭いのダメなんですよ。
なんですが、今回のバンデラスは、なかなかグーでした。
sakuraiさん♪ (kira)
2012-07-18 21:37:22
ホント!
>なんも言えねえ!
ですよねーーっ

はい仲間で嬉しい
バンデラス、超~苦手でしたが、
少しトシをとったからか、高名な天才医師設定だからか(笑)
ちょっと濃さも薄まって(笑)今回は私もダイジョウブでしたぁ~

コメントを投稿

31 トラックバック

私が、生きる肌 (あーうぃ だにぇっと)
私が、生きる肌@ブロードメディアスタジオ試写室
私が、生きる肌/アントニオ・バンデラス (カノンな日々)
『ボルベール〈帰郷〉』ら女性賛歌3部作を手がけたスペインの巨匠ペドロ・アルモドバル監督がアントニオ・バンデラスとエレナ・アナヤを主演に迎え狂気に満ちた形成外科医の男とそ ...
私が、生きる肌/La piel que habito (LOVE Cinemas 調布)
『抱擁のかけら』のペドロ・アルモドバル監督最新作にして、自他共に認める最高傑作と言われる作品。天才形成外科医の主人公が、長年の研究で生み出した人工皮膚で亡き妻を蘇らせようとするのだが、そこには衝撃の秘密が隠されていた…。主演は『ザ・エッグ ロマノフの秘...
試写会 『私が、生きる肌』 (2012.5.26公開) (理性と感情の狭間で)
Twitterでお世話になっているcocoさんの独占試写会で「私が、生きる肌」(5月26日公開)を観てきました。 衝撃の変態映画!上半期必見の一本です。 あらすじ 天才形成外科医のロベル(アントニオ・バンデラス)は、完璧な人工皮膚の研究に取り組んでいた。医学界ではタ...
私が、生きる肌~仮面のかけら (佐藤秀の徒然幻視録)
ザ・ピーナッツをオマージュ? 公式サイト。スペイン映画、原題:La piel que habito。英題:The Skin I Live In。ペドロ・アルモドバル監督、アントニオ・バンデラス、エレナ・アナヤ、マリサ・ ...
私が、生きる肌 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
私が、生きる肌〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕クチコミを見る倒錯的な愛と歪んだ復讐が炸裂するアルモドバルの問題作「私が、生きる肌」。グロテスクで官能的な愛の物語。最愛の妻の ...
私が、生きる肌/ La piel que habito / The Skin I Live In (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね←please click 楽しみにしていたペドロ・アルモドバル監督最新作 今年も9/15~19まで開催中(東京上映)のラテンビート映画祭にて鑑賞  京都、横浜でも続いて開催☆ 原作はティエリー・ジョンケ Thierry Jonquet 「蜘...
『私が、生きる肌』(アルモドバル作品) (ラムの大通り)
(原題:La piel que habito) ----これ、ペドロ・アルモドバルの映画だよね タイトルからして、かなりセンセーショナルだけど…。 「うん。 でも、このタイトル(邦題)は 実に上手いところを突いている。 ぼくは、勝手に 『私が、愛した肌』のような内容だと思ってい...
『私が、生きる肌』 (2011) / スペイン (Nice One!! @goo)
原題: LA PIEL QUE HABITO/THE SKIN I LIVE IN 監督: ペドロ・アルモドバル 出演: アントニオ・バンデラス 、エレナ・アナヤ 、マリサ・パレデス 試写会場: ブロードメディア・スタジオ月島試写室 公式サイトはこちら。[2012年5月26日公開] 映画レビューサイ...
「私が、生きる肌」まさに究極の問題作 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
「きゅ~~~~きょくの」問題作である。 これは宣伝文句に偽り無し。 薄い一枚の肌に覆われているけど、その中に息づく『私』 モダンで美しくあたかも高尚な画像の奥に隠された『変態』 人権も無い、倫理観もない、男とはどこまで愚かなのか・・・・
私が、生きる肌 (Memoirs_of_dai)
復活アブノーマルなアルモドバル 【Story】 最愛の妻を亡くして以来、完璧な肌の開発研究に打ち込む天才形成外科医のロベル(アントニオ・バンデラス)。あらゆるモラルを打ち捨ててしまった彼は、あ...
私が、生きる肌 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★☆【2,5点】(18) フランケンシュタイン男爵、現代によみがえる(おいおい)
私が、生きる肌 (Said the one winning)
 ストーリー:最愛の妻を亡くして以来、完ぺきな肌の開発研究に打ち込む天才形成外科医のロベル (アントニオ・バンデラス)。あらゆるモラルを打ち捨ててしまった彼は、ある人物を監禁して禁断の実験に取り掛かることに。それは開発中の人工皮膚を全身 にくまなく移植し...
私が、生きる肌 (だらだら無気力ブログ!)
あの人的には、ある意味ハッピーエンドで結果オーライなのかな。
私が、生きる肌 (映画的・絵画的・音楽的)
 スペイン映画『私が、生きる肌』をTOHOシネマズシャンテで見ました。  (本作はサスペンス映画のため、ネタバレの部分はできるだけ注記といたしますが、まずは映画館に足を運んでから本エントリをお読みいただければ幸いです) (1)予告編で面白そうだなっと思い、さら...
『私が、生きる肌』  (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「私が、生きる肌」 □監督・脚本 ペドロ・アルモドバル □原作 ティエリー・ジェンケ □キャスト アントニオ・バンデラス、エレナ・アナヤ、マリサ・パレデス、ジャン・コルネット、       ロベルト・アラモ、ブランカ・スアレ...
私が、生きる肌 (♪HAVE A NICE DAY♪)
天才的な形成外科医ロベル(アントニオ・バンデラス)は 最愛の妻を亡くし、ある一人の女性ベラ(エレナ・アナヤ)を監禁し 妻そっくりに創り上げる・・・ バンデラス!でサスペンス。 面白そう~!と前から観ようと楽しみに していた。。。 あ、あらあら・・・余りに...
私が、生きる肌 (食はすべての源なり。)
私が、生きる肌(5/26公開) ★★★★★(★満点!) あなたは、これを愛と呼べるか スリリングで官能的な男と女の駆け引き、2人の関係に潜む“謎”、そしてアルモドバル×ゴルチエが創り出した完璧な美。 天才的な形成外科医のロベル(アントニオ・バンデラス)は、...
私が、生きる肌 まさかこんな映画だったとは! (労組書記長社労士のブログ)
【=24 -1-】 どんな映画なのか予告編で観ている限りでは想像が付かなかったのだけど、でも、なんか惹かれるものがあって観に行ってみた(駄目元くらいの気持ちで)、しかし!  人工皮膚の開発の権威で、世界的な形成外科医のロベル。その邸宅の一室にはベラという若い...
私が、生きる肌 (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
      『私が、生きる肌』  (2011) 最愛の妻を亡くして以来、完ぺきな肌の開発研究に打ち込む天才形成外科医のロベル(アントニオ・バンデラス)。 あらゆるモラルを打ち捨ててしまった彼は、ある人物を監禁して禁断の実験に取り掛かることに。...
形成外科医の異常な愛情~『私が、生きる肌』 (真紅のthinkingdays)
 LA PIEL QUE HABITO  THE SKIN I LIVE IN  皮膚移植の世界的権威である形成外科医のロベル(アントニオ・バンデラス) は、郊外の豪邸に全身タイツを纏った美女ベラ(エレナ・アナヤ)を...
『私が、生きる肌』 (こねたみっくす)
これってあり…なんですか? あのペドロ・アルモドバル監督なんである程度の衝撃は予想していましたが、これはその予想幅を大きく振り切ってます。なので「やられた~!」という ...
私が、生きる肌 (心のままに映画の風景)
ロベル・レガル(アントニオ・バンデラス)は、最先端のバイオ・テクノロジーを駆使した人工皮膚開発の権威として知られる世界的な形成外科医。 トレドの屋敷には、メイドのマリリア(マリサ・パレデス)...
『私が、生きる肌』(R15+)ネタバレ厳禁の問題作! (コナのシネマ・ホリデー)
ティエリ・ジョンケの原作『蜘蛛の微笑』は、インスパイアされたペドロ・アルドモバル監督によって、復讐劇を超えた衝撃の問題作となって映画化された!
私が、生きる肌 (迷宮映画館)
なんと申し上げたらいいか・・・
映画『私が、生きる肌』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-51.私が、生きる肌■原題:La Piel Que Habito(英題:The Skin I Live In)■製作年、国:2011年、スペイン■上映時間:120分■字幕:松浦美奈■観賞日:6月23日、TOHOシネマズシャンテ □監督・脚本:ペドロ・アルモドヴァル□脚本:アグスティン・アルモド...
私が、生きる肌 (いやいやえん)
これは衝撃的。真相には驚いたし、あまりにもアブノーマルな世界観に圧倒された。 ロベルは交通事故で妻を亡くしていた。人工皮膚の権威である彼は自ら開発した人工皮膚を使って、監禁している女性ベラを妻に作り上
私が、生きる肌 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【LA PIEL QUE HABITO/THE SKIN I LIVE IN】 2012/05/26公開 アメリカ R15+ 120分監督:ペドロ・アルモドバル出演:アントニオ・バンデラス、エレナ・アナヤ、マリサ・パレデス、ジャン・コルネット、ロベルト・アラモ、ブランカ・スアレス、スシ・サンチェス あなたは...
私が、生きる肌 (銀幕大帝α)
あなたは、 これを愛と呼べるか―― -感想- OH! シンジラレナーイ!! アブノーマルな世界が渦巻いてるね~。 観ている途中までは「監禁マニア医師による変態観察」な内容だと思っていた訳よ。 ところが真相が明確にされた所でもっとぶっ飛んだ作品なんだと知らし...
私が、生きる肌 (小部屋日記)
La piel que habito(2011/スペイン)【DVD】 監督: ペドロ・アルモドバル 出演: アントニオ・バンデラス、エレナ・アナヤ、マリサ・パレデス、ジャン・コルネット あなたは、これを愛と呼べるかー ペドロ・アルモドバル監督による官能ミステリー。 主人公は天才形成...
映画評「私が、生きる肌」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2011年スペイン映画 監督ペドロ・アルモドバル ネタバレあり