to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

2019-09-02 21:29:25 | the cinema (ラ・ワ行)

1969年8月9日、
事件は起こった。
この二人にも――

ラスト13分。タランティーノがハリウッドの闇に奇跡を起こす。

上映時間 161分
脚本:監督 クエンティン・タランティーノ
出演 レオナルド・ディカプリオ/ブラッド・ピット/マーゴット・ロビー/エミール・ハーシュ/マーガレット・クアリー/ティモシー・オリファント/オースティン・バトラ/ダコタ・ファニング/ブルース・ダーン/アル・パチーノ

「パルプ・フィクション」「イングロリアス・バスターズ」のクエンティン・タランティーノ監督が、1969年のハリウッドを舞台に、古き良き60年代アメリカへの愛を描いたノスタルジック・エンタテインメント。
 落ち目のTV俳優リック・ダルトンは、なかなか復活の道が拓けず焦りと不安を募らせる。情緒不安定ぎみな彼を慰めるのは、リックのスタントマンとして公私にわたって長年支えてきた相棒のクリフ・ブース。固い絆でショウビジネスの世界を生き抜いてきた2人だったが、このままでは高級住宅地にあるリックの豪邸も手放さなければならなくなる。そんな彼の家の隣には、時代の寵児となった映画監督のロマン・ポランスキーとその妻で新進女優のシャロン・テートが越してきて、彼らとの勢いの違いを痛感するリック。一方クリフはヒッチハイクをしていたヒッピーの少女を拾い、彼女をヒッピーのコミューンとなっていた牧場まで送り届けてあげるのだったが…。
「むかしむかし」人類が初めて月面に降り立った1969年のお話は、
ハリウッドに落ち目のテレビスター、リックと、彼と共に生きてきたスタントマンのクリフ、
実在した新進気鋭の女優、シャロン・テートの3人を軸に展開。

1969年.....。私は生まれていました(笑)まだ子供でしたが
ちょっとひも解いてみると、日本のTVでは『ムーミン』『タイガーマスク』が放送され
巷では『いいじゃないの幸せならば』『夜明けのスキャット』がヒットしていた時代。

1969年のアメリカといえば、ベトナム戦争が泥沼化。そして
自由とラブ&ピースを強調した若者たちを中心としたヒッピー文化が。
そして、その、ヒッピーによって引き起こされた事件によって良き時代が終わりを告げる。。

そう!
この作品は、最後の13分こそは可笑しくもかなりハードな描写があります!が、
タランティーノ監督自身が「映画に寄せたラブレター」と言うほどに、
タラちゃんの映画愛。ハリウッド愛に溢れた作品でした!



そのころ売り出し中のブルース・リーを演じたマイク・モーがそっくり~!
だけど、ダミアン・ルイスのスティーブ・マックイーンはホントに似てた❣❣

そして、時代に取り残されそうな、TVから映画への転身が果たせず焦るリックを演じた
レオが素晴らしいです❕しかも、歌まで聴けるなんて❣💕
もちろん、気ままに生きるも、ギラつかず爽やかな、だけど一本芯の通った男が嵌ってる
ブラピも素敵ですし、
レオとは「ウルフ・オブ・ウォールストリート」で妻役だったマーゴット・ロビー演じる
シャロン・テートはめっちゃキュート💗
で、
劇中でリックと西部劇で共演する子役のジュリア・バターズ❣ヤラれました

2時間半超と長いですが、私は引き込まれて、愉しめた作品でした



コメント (2)