☆☆☆ きら☆ミチコのひとりごと ☆☆☆

五月が丘より風景お届けします!

吹田市五月が丘北25-45
06+6875+7666

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

EXILE

2010年10月31日 | 日記
EXILEのテレビを見ながらこのブログに向かっているので
中々進みません。

今日のゲストは全日本のバレーチーム、
ちらちら目が釘付け。

今日の休日は終日雨!
おかげさまでのんびりしたお休みとなる予定でしたが
夕方3人のチビッコギャングが出現。、
それまでの静寂が一気に騒音、
イエイエ通り越して爆音?

翼君が(長男)がアキレス腱を痛めていたので
3週間くらい会ってなかったのですが、
子供の成長には目を見張るものがありますねエ!
横にも縦にも成長し、
なんだかすっかりお兄ちゃんらしくなっていました。

そのチビッコたちも去り独り静かに
パソコンに向かいながらEXILEの歌声を、
今夜は幸せな夢を見ることができそうです!
余韻を胸におやすみなさい!!
コメント

雅俗山荘

2010年10月30日 | 日記
明治時代に建築された建物、
外観もさることながら一歩建物の中へ入るといかに
当時としてはモダンだったのかが見てとれます。

広い庭園の中には翁が愛したお茶室も有ります。
また当時逸翁が構想を練った書斉等お部屋も解放されていますので
往時の生活を垣間見る事が出来ますね。


なぜか翁の半生に興味を抱いた私は
日本図書センターから出版されている
逸翁自叙伝を読んでみようと買ってきました。

考えてみれば、阪急電車・阪急百貨店・コマ劇場・
宝塚歌劇・住宅・・・と私達の身近に多くの功績を
残してくださっていますから。

関西の発展になくてはならない一人の功績者ですね。
コメント

邸宅レストラン雅俗山荘

2010年10月30日 | 日記
池田にある阪急・東宝の創始者小林一三氏(雅号 逸翁)の邸宅
翁の逝去後永らく「逸翁美術館」として使用していましたが、
同館が近くに新しく移転したのを機に旧邸と付属建物をもって
「小林一三記念館」として新たに出発。
と同時に「雅俗山荘」は2010年4月に
邸宅レストランとしてオープンされたそうです。

レストランは緑が一杯のお庭に面した素敵な空間です。
古典的な落ち着いた雰囲気の中、
洗練されたクラシカル・モダンなフランス料理を
頂いてきました。

私の誕生祝いにと招待していただきました。
ホント、こんな素敵な場所に招待いただき感謝です、
ご馳走様でした。

近くには逸翁美術館・池田文庫も有、
食後の一時をのんびり楽しむことが出来ます。

閑静な住宅地の中にある貴重な建物、
勿論文化財指定の建物であることは言うまでもありません。
一度足を運ぶ価値は充分にあると思います。

優雅な一日をありがとうございました、
生きてて良かったと実感できる瞬間ですね。
良いものに触れて心の充電ができました。

コメント

色彩心理学のセミナー

2010年10月29日 | 日記
「きら」でのセミナーは「色彩心理学」
講師は色彩心理学療法士の梶田裕子さん、

色と心の関係を勉強されたというお話を聞きました。
私も興味があり出席の予定をしておりましたが
申し込み人数を聞けば定員とのこと!

良かったです、
ということで私は来月の教室に参加させていただくことにしました。

来月は11月24日(水)10時30分~です。

先程写真を撮りにのぞきましたが皆さん真剣なまなざしで
講師の話に聞き入ってた様子でしたよ!

良ければ貴女も来月は是非お越しください。
コメント

さむーーーーーーーーーーい!

2010年10月27日 | 日記
ホント寒いです、屋外に出ると風が冷たく思わず首をすくめました、
この秋一番の冷え込み?
室内に居るとそこまで寒さを感じませんでしたが。

ところがです、今夜の我が家は寒ーいです!(茨木市南春日丘)
特にリビング、食事をしていてもなんだか隙間風がスースー、
実は我が家のリビングはガレージの真上にあります。

ガレージはコンクリート仕様ですし、
開放スペースになっていますので風がたまっています。
そのため冷え込みが一層強いらしいです。

今から炬燵を出すのは早すぎる気がしますが、
この日曜日には電気カーペットでも出しますかね。

今、私は寒い寒いといいながら毛布を頭から被ってテレビを見ています。
なんか、笑える姿です。

このまま冬に入るのかしら?
秋はただ通過しただけ?

天気予報では明日はまた雨、気温は今日より冷え込むらしい。
おまけに台風予報まで。
奄美大島は大丈夫でしょうか?

明日の帰りは又遅くなりそうなので冬支度の服装で出かけなくては、
着る物に困ってしまいますね。

皆様も風邪ひかないよう気をつけてお過ごしくださいね!






コメント