きらくなたてものや

楽しむ、楽しい、いえづくり、まちづくり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

まきとひのきと桜貝

2011年08月19日 | 鎌倉た邸
鎌倉た邸の
水廻り三点。


コウヤマキの風呂







ヒノキの建具が印象的な厨房







桜貝のような
モザイクタイルが貼られた洗面所


コメント

北側道路から見上げる

2011年08月19日 | 鎌倉た邸
建物北側の道路は、
銭洗弁財天に抜ける道で、

日中観光客で賑わいます。

その道に向かって、
縦長の開戸が並ぶ
建物妻面がせり出し、

その下には、
敷地なりに
斜めに横格子が突き出た
ウッドデッキが印象的な
外観となっています。


コメント

柱材の木格子

2011年08月19日 | 鎌倉た邸
構造かつ防犯機能を果たす
柱材による
玄関アプローチの格子。

奥行感も
作り出しています。





コメント

木組みのリズム 建具のリズム

2011年08月19日 | 鎌倉た邸
コメント

みちに緑を、庭に緑を

2011年08月19日 | 家づくりの理念



何気なく家の前の
写真を撮ってみると、

画面の3~4割は道路、
同じ割合程度で空です。

その残りの部分の
建物が建つ敷地については、
住宅地の場合、
法令上の制限もあって
およそ半分以上は庭です。

そう考えると、
まちの景色の構成要素として
大切なものは、
道路と庭といえます。

もちろん建築物も
重要な要素の
一つですけどね、

ただこうして写真を見ると、
土木の世界も
実に大切ということが
よく分かります。

そして
まちの温熱環境を
高めるという視点でも
同様です。

この時期、
触れないほど熱くなる
アスファルトの面積が
大きくなればなるほど、
やはり暑く感じるのでは
ないかと思います。

車や自転車の
運転効率のことなどを
考えれば、
アスファルト舗装を剥がすことは
あまり現実的では
ないと思いますが、

せめて
私たちの心地よさを
増すために、

道に緑を。
庭に緑を。

省エネのため、
建物の断熱性能ばかりに
目がいきがちですが、

建物以外でもできることは、
たくさんありそうです。
コメント