きらくなたてものや スタッフのブログ

建主さん、職人さんと顔の見える関係で、伝統工法を用い、木の家づくりをしている設計事務所です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

竹を刈りに

2011年02月02日 | 日誌
週末、小田原へ土壁の下地に使う竹を刈りに行ってきました。

雪が降る天気予報でしたが、気持ちの良い晴天となりました。



今年一発目!の建主さん方との共同作業です。
建主さんのお父さん、お母さんまでいらして下さり
総勢11名で、竹小舞い用の竹を調達です。
竹を刈出し、竹を六つ切り、五つ切りに割っていきます。
そして、割った竹の節をナタで取り除きます。
この節取りが意外と時間がかかりました。

いつも左官屋さんが用意して下さる材料たち、
自分たちで作ると、竹小舞いがかけるようになるまでに、
とても手間暇がかかっていることがわかります。
すべて用意するのは大変ですが、少なからず、
素材の特性を身を持って感じられます。
そして、何からこの家が出来ているということが明確になることも
魅力の一つだなと思いました。



建主さんの車から机やら、道具やらなんでも出てくるので
パズーの鞄のようだと感動し、新しい家族の可愛らしさに癒されました。
そして一致団結の作業の速さに驚いた一日でした。


竹を刈り出した竹林は整備されて気持ちの良い空間


皆様、おつかれ様でした!!
筋肉痛になっていないといいのですが…




コメント