きらくなたてものや スタッフのブログ

建主さん、職人さんと顔の見える関係で、伝統工法を用い、木の家づくりをしている設計事務所です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

建前真近

2010年06月01日 | 現場
再来週建前の横浜の現場にお邪魔しました。




大工さんが刻んできた梁や柱が、建前を待って並んでいます。
広いはずの敷地が狭いくらいに感じました。



これだけの木が一挙に組みあがる建前が楽しみ
なのと、緊張するのと…。


大工さんも大づめです。




柿渋塗りも大づめ。
月曜日、頑張ります!!


コメント

オガタマ

2010年05月17日 | 日誌
先日、行った八王子の現場にて、
またお施主さんに、植物の名前をたくさん教えていただきました。


現場に行くごとに以前とは違う季節の草花が咲いています。

ミヤコワスレ、月見草、丁字草、フタリシズカ、カザグルマ、
キミカゲソウ、他にもたくさんたくさん。。。
日本に古くからある草花です。



こちらはオガタマ。

初めてお目見えしました。
この花は、なんとバナナの香りがします。
花で、果物の香りがするのは、このオガタマだけなのだそう。




■からたねおがたま / 唐種招霊

・木蓮(もくれん)科
・学名 Michelia figo
Michelia : オガタマノキ属
Michelia(ミケリア)は、
19世紀のスイスの植物学者、
「Micheli さん」の名前にちなむ



・開花時期   5月~ 6月
・中国原産(「唐種」の語源)
・香りが特徴的で、バナナの香りがする。
・「おがたま」は「招霊(おきたま)」から
きている。
神社などにも植えられることがある。
・「唐種小賀玉」とも書く。
・原産国の中国名を「含笑花」と書く。


日本には、江戸時代に伝わったそうで、
日本原種のオガタマもあり、こちらは白っぽい花をつけ、
開花は2月~4月だそうです。









コメント

現場へ荏油を塗りに…

2010年05月13日 | 現場
左官屋さんの仕上げが進む八王子の現場へ同行です。


所長がお施主さんと打合わせの間に、濡れ縁に荏油を塗ります。
新聞紙にバケツに、、、ヨシ!作業開始。


と思いきや、

アレ? 荏油が見当たらない。


肝心の…荏油を車に積み忘れてしまったようです。
あぁ、何をしにきたのか…、失態です。


左官屋さんに突っ込まれながら、本日は現場見学。


現場で職人さんの仕事を見るのは、勉強になります。
鏝(こて)を使い、綺麗に壁を仕上げていく姿。





鏝さばき、気持ちが良いほど、なめらかです。

職人さんは簡単そうに塗っていきますが、
慣れていないと、鏝で土を壁に持っていくまでに下に落ちます。
体全体を使い、塗っている感じです。

「何に一番気を遣いますか?」
の私の問いに、

「全部だな。」
とのお答え。

常に気を張る仕上げですね。
常に身の回りや道具を綺麗にしつつ、作業を進めています。
これが大事なんですね。


遊び心も忘れない、左官屋さんです。


















コメント

晴天柿渋

2010年04月26日 | 現場
久々に現場の柿渋塗りに行ってきました。

とても気持ちの良い晴天になり、日中は暑いくらいでした。
本当にお施主さんは晴れ男です。

本日塗ったものは…
2階の床梁、
玄関のねこ土台(基礎と土台の間に通気をつくるために敷くもの)


この2階の床を支える梁、幅が5寸(151.5ミリ)で、
高さが9寸(272.7)や尺(303)のもが多くあります。
さすがにこの太さになると、女子には運べません。

無理をせず、運ぶのはお頼みしました。
ので、男性の方々はたいへん腕力、足腰を使ったと思います。
建主さんはじめ、みなさんお疲れ様でした。


この柿渋塗り、大工さんが刻んだ材を近くで見られる機会でもあります。
鉋で、仕上げられた木肌は、とても綺麗で、年輪の層の色みに
見惚れてしまいそうになります。
この色合いや層は作ろうともなかなか出来ないだろうなぁ。



この柿渋塗りも後何回か、また塗りに現場に行きます!











コメント

家カフェ

2010年04月16日 | 事務所ごと
今日は寒いですね~。
外は霙(ミゾレ)まじりの雨が降っています。


最近は事務所にて、図面作業、木拾い(使う木材の長さ、幅、厚み、数量を調べること)
をしております。
パソコンに向かっていると、夕方頃、
「お茶いる~?」という声が。


そう、所長のお子さんが、よく緑茶や、コーヒーを煎れてくれるのです。
(しかもコーヒーは豆から。)

緑茶も、美味しく煎れてくれて、なんだか甘い。
この歳で、緑茶の煎れ方をマスターしている。。。
感心してしまいます。






こちらは、なんとカプチーノ。
牛乳を温め、ふわふわの泡まで作ってくれました。

このお茶の時間が、良いリフレシュになっていて、
また頑張ろうと思います。

いつもありがとう!!


現場では、午前と午後にお茶の時間があります。
早朝から体を動かしている職人さん方には、体力的にも必要な休憩と
メリハリあるイイ時間のリズムになっているのかなと思っています。

こんな天気の日の現場は、、、とてつもなく寒いですね。


お疲れ様です!!






















コメント