すむをつむぐ

ひとつの家ができるまでの、
家を取り巻く様々なものがたり。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

階段制作(続編)

2011-02-09 | 日々のこと
階段の制作が進んでいます。
出来上がったところから、すかさず養生。
ヒノキのつややかな表情が傷ついてしまわないよう、
完成までしっかりと肌を守っています。

T邸の大工さんは、2人。
階段が2本あるので、それぞれ上から下から制作しています。



1階から階段ホールを見上げたところ。
木摺りの打ってある壁には、漆喰が塗られます。
壁を塗るのは、高い場所で大変だと思いますが、
白い壁が、すっと上まで続く空間は、
きっときれいだと思います。


コメント

階段制作

2011-02-03 | 日々のこと
建前からだいぶ月日が過ぎ、
随分と家らしい空間ができてきました。
竹小舞が終わり、荒壁土が塗られると、
ぐっとイメージが掴みやすくなります。

さらに、木摺り下地の上にも土が塗られると、
ほぼ部屋の区画がわかるようになります。



大工さんたちは、現在階段を制作中。
階段ができると、上り下りが楽になるので、
建て主さんにも気軽に2階の様子を見ていただけるようになります。

大工さんは、もくもくと真剣に階段を制作中。
邪魔だとは思いつつ、ついつい作業の様子に見入ってしまいます。

ヒノキの階段は、上品な表情でとてもきれいいです。
出来上がりがとても楽しみです。
コメント

ネムノキ

2010-08-30 | 家づくりとその後


草屋根の上に、ネムノキが生えてきました。
川の近くということもあり、
鳥たちがさまざまな植物を庭に運んできてくれます。
ネムノキは、痩せた土地でも、
まず最初に生えてきてくれる、とても大切な植物です。
大地を耕す、植物ですね。
葉も涼やかですし、
花もとてもかわいらしくて、好きな樹木の一つです。

しかし、ネムノキ!
とても大きくなるので、
その根で、防水層を貫き、きっと屋根も貫いてしまいます。

そうなっては、大変なので・・・

ネムノキ越しの夕暮れは、そろそろ見納め。
残念ですが、
近々、大地の上に引っ越していただかないと。
コメント

3日間の建方

2010-08-28 | 日々のこと
3日間を予定している建て方の初日。
土台の上に、次々と柱を立てていきます。

朝から、猛烈な日差し・・・
材料も大きく、いつもよりも大変そうです。



2日目。

昨日の日差しはとてもきつく、
見ているだけでしたが、今日にまで引きずっている感じです。
なるべく日陰に・・・

大工さんたちは、そんな猛暑の中、
太陽の真下で、体を思いっきり動かしているのだから、
大変です。
それも、3日間も!!!

午後になり、ようやく日陰になってきました。
この家は、屋根もなかなか複雑です。
隅木と谷木と・・・
明日の作業は、小屋組だけですが、
なかなかの難所となりそうです。


3日目。
いよいよ最終日。
今日、この家の全貌が披露されることとなります。
シンプルな小屋組みが多いだけに、
下から見上げる、この家の小屋組はとても複雑。
谷木との取り合いの部分など、
見入ってしまいます。



酷暑との戦いの3日間。
本当に、お疲れさまでした。

お陰様で、建て主さんにもとても喜んでいただき、
すてきな上棟祝いとなりました。

これからの工事もよろしくお願いします!
コメント

柿渋塗7回目(最終回!!!)

2010-08-18 | 日々のこと
今日は、大工さん3人!
い’さん、た’さん、た’くん
事務所の3人の
総勢9名での作業でした。

なかなか終わらない柿渋塗を見かねて、
大工さん達も手伝ってくれることになりました。

おかげで、3日間かけて行う予定が、
今日で、ほぼ終了!

上棟までに、間に合うことができて
良かったです。



人数が多いと、進みが早く、
何より、とても心強いものです。

お手伝いに来て下さった、皆さん、
暑い中、本当にありがとうございました。

来週末が、建て方。
今からとても楽しみです。
コメント

柿渋塗6回目

2010-08-07 | 日々のこと
図面を描いているよりも、
刷毛を持っている方が、
普通に感じ始めてくる、
作業ペースです。

夏休みの土曜日に、お手伝いに来て下さった
は’さん親子ありがとうございます!!

暑い中、遅くまでどうもありがとうございます!

途中、川遊びもできたので、
少しはいい思い出になったかな?

今日は、垂木を塗ったので、
比較的、軽い材料でした。

少ない人数の時には、
軽い材料の方が、作業効率も良いので、
助かります。

次回は、とうとう大物です。
コメント

柿渋塗5回目

2010-08-05 | 日々のこと
昨日に引き続き、猛暑です。
猛暑の中、お手伝いに来て下さった
い’さん、た’さん!
いつもいつもありがとうございます。


柿渋塗は、屋根の下での作業になるので、
基礎屋さんや屋根屋さんのことを思うと、
弱音をはいてはいけない、と思いますが・・・

暑い。

お昼前からお昼過ぎ3時前までの
4時間くらいが、とてもしんどい状況になり、
4時をすぎると、また少し元気になります。

と思うと、シエスタってとても理にかなっている
習慣な気がしてしまいますが・・・

日本には、なぜないのだろう?


こんな時、とても心強い存在は、
冷風を運んでくれる、大きな扇風機。

見ているだけでも、少し涼しくなります。


コメント

灼熱・・・

2010-08-04 | 日々のこと
連日の猛暑の中、
基礎屋さんの仕事が進んでいます。

固い地盤と、暑い日差しの中、
熱い鉄筋を加工する仕事なので、
少し見ているだけでも、
クラクラしてしまいます。

特に基礎屋さんは、
屋根のない状況での仕事になるので、
逃げ場がありません・・・

猛暑の中での作業、お疲れ様です。
いつものきれいな仕事、ありがとうございます!

少しは、曇ってくれるといいのですが・・・
コメント

柿渋塗4回目

2010-07-28 | 日々のこと
今日も青々とした空のもと、
柿渋を塗りに飯能へ。

先週に引き続き5寸角の材料(柱)だったので、
女の人2人でも、持ち運ぶことができ、
比較的楽に作業ができました。

今回の柿渋塗は、7、8回程度を予定しています。
今日で、半分。

残りの木材の山を見ると、
「上棟までに終わるのだろうか・・・」
という恐怖感に襲われ、
つい、いつもよりも遅くに
折り返し地点を設定してしまいました。

「上棟までに終わるのだろうか」が
「今日終わるのだろうか・・・」に変わってきた頃、
大工さんたちと事務所の女の子がお手伝いに来てくれました。

場所をお借りし、作業の邪魔になっているというのに、
皆さんで手伝ってくださり、ありがとうございます。
お陰様で、7時頃には作業を終えることができました。

片付けが終わった頃には、もう真っ暗。
夏至から1カ月ちょっと。
夏真っ只中、と思っていましたが、
少しずつつ秋へと向かっているようです。


しかし、日中はそんなことを微塵も感じさせず、

太陽の強い日差しを浴びて、
スギの木肌も、まぶしいほどに輝いていました。

コメント

柿渋塗3回目

2010-07-21 | 日々のこと
柿渋塗日和といえば、日和ですが、
もうちょっと、エネルギーを落としてくれてもいいのに
と太陽に願うほど、入道雲の映える夏空の一日でした。

最近は、平日ということもあり
少人数での作業が多いのですが、
それはそれで、もくもくと
ペアになった人との良いペースで
仕事が進められるので、いいものです。

が、人数が多い方が断然捗るので、
お手伝いに、ぜひ来てください。
とてもおいしい水が飲めますよ!!

今日で、土台・大引きは終わり。



次回からは、きっと大物が出てきます!
コメント