きらくなブログ

ヒーリングスペース 小林はり・きゅう院「きらく」

たんたんと歩く

2006-11-29 19:01:33 | きらくだより
 何かの弾みで観てもらった前世、良かったこともある、何せ戦争とか嫌いだし怖いし・・「前世、軍医」と言われて、諦めがついたこと。
チェチェン共和国で外科医をしていた、ハッサン・バイエフ医師の話を聞きに行く、まずはチェチェンの歴史から、後は人々の気質など・・
すごい戦闘の中、とにかく傷ついた人、敵味方無く治療に当たる、48時間手術しっぱなしということも有ったそうだ、あまりにたんたんとしていて、戦闘のすごさということよりも、そのときにできることを精一杯している人という感じで話を聞く、そのせいか私の足元は、チェチェンにつながっているというようなことも感じる、最後に「チェチェンのことを、はるか遠い国の出来事と思わないでください、いつまでも日本が平和でありますように!!」と言われた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダンス以前

2006-11-28 12:00:35 | きらくだより
 オイルゥトミー(説明ができない)を体験する、その場の空気感、音などで感じたように動く、イギリスにスピリチュアルヒーリングを習いに行ったとき、人の周りのオーラに添って手を動かすということをしたが、しながら「何だか踊っているみたい」思ったが、似ている・・昔、保育師の資格の取れる短大の受験の時、即興ダンスということをやらされたが、終わった後の姿を観て、なっ、なんてぶざま、と思ったが(そのせいか落ちた)、この年になったせいか、とにかく身体を動かすことが気持ちよく、ただひたすら身体を動かせた、あぁ~~~気持ちよい!!ぶざまさはもっとひどいかも?だけどね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

突然の出会い

2006-11-27 10:36:50 | きらくだより
 土日一寸風邪気味、そこらへんにある漫画など読みながら過ごしていると、娘が「これ読んだら?」と本を差し出してくれた、吉本ばななの「ハゴロモ」。
今まで読んだことが無い、ちょっと年上の方に、「吉本たかあき」(字も解らない)という人の話を聞き、読んでみたが、実はなんとも思わなかった、すごい!なんてすごい人にしかわからないのだから・・そんなんで、なんとなく手が出なかった、ところが、はまってしまった!!感性が言葉になっているところが、なんか澄んだ感じがして、とても心地良い、続けて「TUGUMI」も読んでしまった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

よしとする根拠

2006-11-24 16:50:47 | きらくだより
あぁ~と思いながら、壊れた電気敷毛布は使い物にならず、新しいのを買う、よく聞く会社名のもあれば、聞いたことも無い会社名のものもある、でも安いし、綿だし、洗える・・店員さんに出た言葉「あの~これでも大丈夫ですよね~」う~ん、違う、そんなことを言いたいんじゃない!「あ!このMという会社どんな会社です?」とその会社について説明してもらう、品川女性起業家交流会でいろいろな中小企業の方たちとお会いすると、皆さんとても魅力的でよく勉強している、そんな姿から、日本を支えている人たちという感じがする、結構よく知った名前で物を選ぶことが多い、実際知っているかというと解ってはいない、そんなことも見えてくる、今回はその中堅の会社だという会社の、電気敷毛布を買ってみることにした。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

くやし悲しい

2006-11-21 12:09:54 | きらくだより
 土曜日帰ったら、マンションの入り口で、1階に住んでいる、Iさんが、自電車のパンク修理をしていた「懐かしい!!」としばらく見ながらおしゃべり、小さい頃は、父親がタイヤの修理とか、ゴム長靴の修理とかしていた、あの接着剤など本当に魅力的で、やってみたかった、今では修理ということはあまりしない。
 電気敷毛布がつかなくなった、接触不良みたいで、強くコンセントを押すと着くのだが放すと(力を加えないと)切れる、コンセントのゴムの部分を削って差し込み部分を長くしてみたりしたがだめだ、昔のはコンセントがネジで止めてあってそれを開くと切れているのが見えたりしたが今のは明けようも無い、電気屋に行き、コントローラーだけ何とかならないか聞いてもらったが、もう製造していないということ、「そらー買えば安いわよ!でもなんとも無い本体をただ捨てるのがやなのよ!」とごねてみたが・・あぁ~くやかなしい!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

やばい!Y屋さんごめんなさい。

2006-11-17 13:06:27 | きらくだより
 周りの知り合いには、本を沢山読んでいる人が多いので、そんなに本が好きとも思わないが、昨日薦められた本(逝きし夜の面影)があったので、本屋に行った、その本が結構高かった、入り口近くに「霊の発見」五木寛之・鎌田東二があり、これは読みたい、もう一冊欲しいもがあったが、それは我慢、帰り際、雑誌で、武道家の甲野さんと脳科学者の茂木健一郎さんが対談している記事が出ていた、許してください、立ち読みで済ませてしまいました、本屋はやばい、財布が緩む・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気をつけなくちゃね

2006-11-13 14:48:36 | きらくだより
 なんでだか、金曜日、土曜日と若い人と話す機会があったら、両方とも、職場の話だった、両方とも共通しているのは、人を相手にする仕事だった、やることは沢山あって、学んだらきりが無い・・そんな仕事。さらに二人とも意欲的。
 私の若い頃なんて、思い出すと恥ずかしい、いっぱい失敗もし、今はそんな中から見えてきたものもある、ついそんな見えてきたことを解ったふうに、言ってしまいそうになる、子どもたちによく言われる「そんなおばさんみたいな事できない!」そう若い頃は、恥ずかしくてできなかった事でも今は平気でできる。
 年を取ったことと、感性が鈍くなってきていること、時々気をつけなっちゃね!と思う。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

う~ん、痛みって!!

2006-11-10 15:09:49 | きらくだより
頚椎ヘルニアで、手術をしたのだが、その後、肩から腕、指に激痛が走る、という方がお見えになった、もちろん、痛みの本を書いているようなお医者さんにも診て貰っている、2回の施術が終わって、激痛は無くなりましたと言う。
 また別の方で、朝起きたら首が曲がらなくすごく痛くて、病院に行っても「たぶんヘルニアでしょう」といわれ、詳しい検査をしましょうと言われて帰ったが、あまり痛がるので、ご主人が心配して、もっと大きな病院に行ったが、来月詳しい検査をしましょうといわれ、私のところに見えた方が、横になったとたん、ほとんどいびきをかいて、寝はじめ、終わる頃は、だいぶ楽になりましたと言われる、よく聞いてみたら、それはあまり首によくないんじゃないの?ということをしていた、本人も、感覚的には気持ちよくない、と思っている、ということがあったので、それは辞めたらどうですか?ということは伝えた。冷えた足を暖め、肩はあまりに凝っていて、冷えていたので、手で温めただけ。
 痛みというのは、その部分を保護してほしいというサイン、ソフトな刺激(摩擦、触れる、圧迫)は、痛みが伝わる神経回路より、早く伝わるらしい、そんなことを科学的な根拠にしておくか
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゆっくり秋を味わう

2006-11-08 16:00:38 | きらくだより
鎌倉に行く、緑の中に入ったとたん、身体が軽くなる、ゆっくり、ゆっくり、道端の草や木々を観て歩く、10月の桜というのに出会う、ほんとに桜、きれい!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

母なる銀杏の木

2006-11-02 17:57:37 | きらくだより
長野の実家の、道を挟んだ、斜め後ろは、小学校(分校)だった、そこの校庭に、大きな銀杏の木がある、今でも校舎は壊されたがその木は残っている。
子供の頃は本当に大きい気がして、3人くらいが手を伸ばして囲めるといった感じだった、その木では本当によく遊んだ、棒隠し(小さい木の枝を皮の割れ目に隠す)など・・、あるとき、多分3年生の頃のことだったと思う、二階の教室から外を見ていた同級生が「Yが死んでる!」と叫んだ、確かに横になっている、皆でそこに行ってみたら、なんとYは、木の根元で寝ていた、先生始め皆がわいわいと、しゃべり始めた、しかもそのYは、半天を着ていた、のんびりしていた時代・・
 この間の日曜日に行った時、黄色い銀杏の葉が、一面に落ち、本当にきれいだったが、「銀杏も年をとったね!」という感じがした、何人もの子どもを見つめてくれてきた、母なる銀杏という言葉が浮かんだ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加