有為転変

タイトルは「事物は常に移り変わって行く儚いもの」と言う意味。
花や風景、季節の移り変わりを撮ってます

郊外の田園地帯にて

2018年10月20日 | 山野草

郊外の田園地帯で、ブラブラと花を探します。
この時期の定番、ミゾソバ(溝蕎麦)が群生していました。
タデ科イヌタデ属の1年草で、北海道~九州の湿った場所に生育。
【画像クリックで別の大画像】


ミゾソバは4種1亜種1変種に分類されていて、見分けが難しいようです。
 ※ヒカゲミゾソバ、ヤマジミゾソバ、コミゾソバ、ニジミゾソバ等。
赤色の濃い花の中に、白っぽい花も点在していました。
【画像クリックで別の大画像】


ススキの穂が逆光で輝く所を撮りたかったのですが、難しいですね。
【画像クリックで別の大画像】


近くに広いススキ原が有ると絵になるのですけど、残念ながらそんな場所は有りません。
仕方なく、風に靡くススキを撮ってみました。
【画像クリックで別の大画像】


畔で見付けたフユノハナワラビ(冬の花蕨)。
ハナヤスリ科ハナワラビ属のシダ(羊歯)で、北海道~九州に分布。
その直ぐ横にイボクサが一輪咲いていました。
ツユクサ科イボクサ属の1年草で、本州~沖縄の水田や湿地に生育。
【画像クリックで別の大画像】


これがヒメジソ(姫紫蘇)なのかイヌコウジュ(犬香需)なのか?相変わらず解りません。
一応ヒメジソとしておきます。
【画像クリックで別の大画像】


斜面に咲いていたママコナ(飯子菜)。
ハマウツボ科ママコナ属の1年草で半寄生植物、北海道~九州の山地の林下に生育。
【画像クリックで別の大画像】


7月にも撮っているので花期が長いですね、図鑑では7~10月となっていました。
この場所のは昨年も撮っていますが、今年は花数がかなり少なかったです。
逆光の花を撮ってはみたものの、今一つでした。
【画像クリックで別の大画像】


次回は、田園地帯から少し山裾の方をブラブラと。

コメント

2種類の桜

2018年10月18日 | 山野草

今回は秋の桜を。
桜と言っても色々有り、最初は「秋の桜」と書いてコスモス。
【画像クリックで別の大画像】


キク科コスモス属の1年草で、メキシコ原産の帰化種。
今ではすっかり日本の秋の花として定着しています。
【画像クリックで別の大画像】


蜜蜂が訪花していました、西洋蜜蜂のようです。
【画像クリックで別の大画像】


逆光と順光のコスモス。
画像の中の葉が萎れているのにお気付きかと思います、台風の塩害に依るものです。
【画像クリックで別の大画像】


もう一つの桜はサクラタで(桜蓼)です。
【画像クリックで別の大画像】


タデ科イヌタデ属の1年草で、本州~九州に分布。
【画像クリックで別の大画像】


水辺や湿地、田圃の畔等に生育。
今回は畔と休耕田での撮影でした。
【画像クリックで別の大画像】


もう満開かと思ったのですが、行くのが少し早過ぎました。
【画像クリックで別の大画像】


おまけの、仕事帰りの夕暮れに撮った画像を。
夕焼けに染まる電線の雀。


この時期、仕事帰りに丁度こんな夕陽が見られます。
陽の沈むのが海や山ではなく、住宅街と言うのがちょっと残念ですけど。
【画像クリックで別の大画像】


夜ベランダに出たら、沈む寸前の赤い月が。
慌ててカメラを持ち出し撮ったのがこちら。
月が木に隠れそうなところを、月の中に木の葉一枚を入れてみてはと狙ってみました。
しかし思うようには行きませんね、そんな美味いアングルにはなりません。
立ち位置を変えたり、設定を変えたりしてる内に「あっ!」と言う間に沈んで行きました。
【画像クリックで別の大画像】


日の出、日没、月の出、月の入り、良い時間は思ったより短いです。
モタモタしてると撮り逃がしてしまいます。

コメント

台風の塩害

2018年10月17日 | その他

連続台風24、25号の影響で、塩害いが発生しています。
野菜が高騰するだけでなく、落葉樹にかなりの影響が。
例年楽しみにしている桜の紅葉も、今年は見る事が出来なくなりました。
紅葉する前に落ちしまった公園の桜の葉。
【画像クリックで別の大画像】※塩害で枯れた桜の葉。


銀杏の葉も黄色くなる前に茶色に変色。
今年は黄色の絨毯を見る事はできません。
【画像クリックで別の大画像】※塩害の銀杏。


それに比べ常緑樹は丈夫ですね、緑のままです。
銀杏や桜等の落葉樹も、風裏になった側は辛うじて緑を残しています。
【画像クリックで別の大画像】


塩水が掛かって縮れた桜の葉。
同じ落葉樹のモミジも、色付く前に縮れて変色してしまいました。
海から直線距離で23kmの山裾でもこんな状態です。
今年は近隣では紅葉は見られそうも有りません。
【画像クリックで別の大画像】


仕方なく、僅かに残った桜の紅葉を撮ってみました。
【画像クリックで別の大画像】


色付いた葉を探すのに苦労しました。
【画像クリックで別の大画像】


逆光で。
【画像クリックで別の大画像】


宙に浮く桜の葉・・・って見れば解りますよね、蜘蛛の巣が支えています。
【画像クリックで別の大画像】


台風の風裏になっていた桜の葉は、まだ健在でした。
【画像クリックで別の大画像】※前ぼかしで。


24号は太平洋側を、25号は日本海へ抜けました。
塩害は広範囲に渡っているかも知れませんね。

コメント

秋の山裾

2018年10月16日 | 山野草

秋もたけなわになり、色々な花が咲き出しました。
ところが先月の台風24号から天気がすっきりしません。
週末は3週連続雨、その他の日も愚図ついた天気です。
今年は抜けるような秋空がなかなか見られません。
そんな天気でも、花は時期を待っていたかのように咲き出しています。
ヤマハッカ(山薄荷)
シソ科ヤマハッカ属の多年草で北海道~九州に分布、花冠の長さ7~9mm。
【画像クリックで別の大画像】


上唇に濃紫色の班点が多数有ります。
良く似たイヌヤマハッカ(犬山薄荷)は、この斑点が有りません。
【画像クリックで別の大画像】


ツルニンジン(蔓人参)も咲いていますが、相変わらず見付け難く撮り難い花です。
【画像クリックで別の大画像】


ツルリンドウ(蔓竜胆)
リンドウ科ツルリンドウ属の蔓性多年草で北海道~九州に分布、花冠の長さ約3cm。
これを撮った時は咲き始めたばかりで、この一花しか咲いてませんでした。
【画像クリックで別の大画像】


タムラソウ(田村草)が沢山咲いていました。
キク科タムラソウ属の多年草で本州~九州に分布、花の直径3~4cm。
一見アザミに見えますが、葉や総苞に棘が無く、雄蕊の先端が2裂してカールします。
【画像クリックで別の大画像】


タムラソウに訪花したイチモンジセセリ(一文字挵)。
【画像クリックで別の大画像】


ヤブマメ(藪豆)
マメ科ヤブマメ属の蔓性1年草で北海道~九州に分布、花冠の長さ1.5~2cm。
【画像クリックで別の大画像】


この日の本命のエンシュウハグマ(遠州白熊)。
キク科モミジハグマ属の多年草で、愛知と静岡に分布する日本固有種。
花弁が捻じれて風車のように見えます。
【画像クリックで別の大画像】


これも見に行くのが早過ぎたようで、まだ僅かしか咲いていませんでした。
【画像クリックで別の大画像】


咲き出した秋の花ですが、天気が悪い日が多く、光量不足で綺麗に撮れません。
レンズの暗いコンデジの弱点ですね。

コメント

秋も本番になって来ました

2018年10月15日 | 生き物

ここのところ、急に気温が下がり始めています。
いよいよ秋本番で、花の種類も数も増えて来ました。
とは言え、まだそれ程種類を撮る事が出来てません。
まだ載せたばかりのオカダイコン(岡大根)・・・だと思います。
曖昧なのは、ヌマダイコンとほとんど区別が付かないものですから。
【画像クリックで別の大画像】


次も同定が難しい花。
図鑑では、ヒメジソの鋸歯は4~6(8)対、イヌコウジュは6~13対となっています。
一応ヒメジソ(姫紫蘇)としておきましたが、イヌコウジュ(犬香需)かも?


ヒメジソもイヌコウジュも、シソ科イヌコウジュ属の1年草。
そしてどちらも全国に分布しています。
【画像クリックで別の大画像】


トンボの翅が逆光で輝くのをずっと狙っていますが、なかなか上手く撮れません。
【画像クリックで別の大画像】


これも以前載せたシモバシラの花、虻が訪花しているところを撮ってみました。
既に花は終わり掛けています、前にも載せたので詳細は省略。
虻は、ハナアブ科のアシブトハナアブ(脚太花虻)、北海道~九州に分布し体長12~14mm。
【画像クリックで別の大画像】


シモバシラの名から、氷の霜柱と勘違いする方が多いです。
冬になれば名前の通りの姿が見られますが、この時期には見られません。
こちらはシモバシラの葉に居たホソヒラタアブ(細平虻)、体長8~11mm。
【画像クリックで別の大画像】※背景の白ボケはシモバシラの花。


今が盛りのヒキオコシ(引き起こし)の花。
シソ科ヒキオコシ属の多年草で北海道~九州に分布、花冠の長さ5~7mm。
名前の由来は弘法大師が倒れていた行者に、この草を搾って飲ませると元気になった事から。
病人を引き起こすので「ヒキオコシ」、別名エンメイソウ(延命草)とも。
【画像クリックで別の大画像】


センニンソウ(仙人草)の実。
名前の由来は、実から伸びる白毛を仙人の髭に見立てたもの。
【画像クリックで別の大画像】


画像の実は、まだ髭が仙人には至っていないので、まだ百人と言ったところでしょうか。
【画像クリックで別の大画像】


次回は、また山裾の花を。

コメント