銑(セン)削り仕上げ ダイニングチェアDC-06本組み

2017-02-23 | 椅子


削り出し椅子の部材は銑を使い仕上げています。
手斧ではつられた古民家の梁が燻され黒光りしているのがゾクゾクするくらい好きです。
そんな感じを出したくて銑(セン)という一枚刃の刃物で削ります。
この椅子も長年使い込むと、削り跡一面一面が鈍い艶で際立ってきて味わいが増します。特に手でいつも触る所は磨きがかかり素晴らしくなります。
使う人の手が一番最後の仕上げですね。
一脚一脚心を込めています。
椅子作り、好きだなぁ。

 

 

クサビも打ち込み、がっちり組み上がりました。
後は調整し、塗装、座編みです。
楽しみ楽しみ!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かんじき新調しました。 | トップ | 銑(せん)のこと »
最近の画像もっと見る

椅子」カテゴリの最新記事