東アジア歴史文化研究会

日本人の素晴らしい伝統と文化を再発見しよう
歴史の書き換えはすでに始まっている

中国軍筋「トランプはスカボロー礁に奇襲をかける可能性」 フィリピン「いかなる共同軍事演習にも比軍を派遣しない」(宮崎正弘国際情勢解題)

2020-08-05 | 米中関係
米海軍の空母攻撃群が南シナ海を遊弋している。二隻体制だという。空には警戒機が偵察飛行を続けている。むろん潜水艦も当該海域の海底にある。

ポンペオ国務長官は7月13日の会見でも「中国の南シナ海に於ける違法行為をわれわれは許さない」と明言した。翌日、トランプは香港制裁法に署名した。

リムパック(環太平洋合同演習)はアセアンばかりかAPECの国々を加えて、8月17日からハワイ沖で展開されるが、フィリピンのロレンザナ国防相は、「いかなる共同軍事演習にもフィリピン海軍を派遣しない」と言い出した。

ドゥテルテ大統領は就任直前にハーグ国際法廷がだした「中国の主張に根拠はない」、つまり勝訴(2016年)という法的バックを得ているのに、何もしなかった。

中国は「あの判決は紙くず」と轟然と言いはなかった。

ドゥテルテ大統領は支持率63%(2020年7月の世論調査)。しかし、こと中国政策となると、支持率は急減する。

ドゥテルテ大統領は言う。「中国と戦争をしたら負けるじゃないか」。むしろ北京に何回も訪問した。バナナ禁輸措置の取りやめ、スカボロー岩礁周辺でのフィリピン漁民の操業を取り付け、とりあえず中国との間に軍事衝突を避けた。

2019年6月には、ロザリオ前国防相が香港の入国を拒否された。ロザリオはアキノ前政権の重鎮で親米、反中政治家として知られる。

この流れのなかで、フィリピンは米国との地位協定を「破棄する」と言い、つぎに「十八ヶ月の猶予」と訂正し、またまた「破棄すると言ったことを破棄する」と、もとに戻した。

というのも、フィリピン世論は93%が、「ドウテルテ政権は中国のもっと強い態度を示せ」(サウスチャイナ・モーニングポスト、8月4日)としており、激しい反中デモが起きている。

中国の軍事筋は「無人のスカボロー礁にトランプは奇襲を仕掛けるのではないか」と予測している。「大統領選挙前に人気挽回のための『オクトーバー・サプライズ』はそれだ」と短絡的な予測だが、米国側から見れば、「無人の岩礁を爆破して、軍事的に何ほどの意味があるのか」と中国の観測気球を訝しんでいる。

だとすれば、オクトーバーサプライズは、何処で、何時?
コメント   この記事についてブログを書く
« 『真珠湾と原爆 日米戦争を... | トップ | 『コロナ危機後の未来がわか... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

米中関係」カテゴリの最新記事