東アジア歴史文化研究会

日本人の素晴らしい伝統と文化を再発見しよう
歴史の書き換えはすでに始まっている

「香港はまだ燃えているのか?」「ええ、ぼやが大火になり、これから焦土になるかも」(宮崎正弘国際ニュース早読み)

2019-11-11 | 東アジア情勢
香港科技大学の周梓樂君の転落死を追悼する集会、追悼会、イベントが香港の各地で開催された。駐車場の四階から転落し、病院で危篤状態が続いていた。 事件現場となった駐車場ビルには花束をもって数千、いや数万の市民が押しかけ、また大学にも追悼のモニュメント、山のような花束。自殺者はすでに十数名でているが、(公式の)犠牲者は初めてだった。 10日、日曜日。五ヶ月目をむかえた大乱は、あたかも香港の風物詩のよ . . . 本文を読む
コメント