見出し画像

冬のソナタに恋をして

ユジンの戸惑いとチェリンの企み




ミニョンに温かく迎えられ、ゲレンデでありったけ泣いた次の朝、ユジンはカフェの内装について、チョンアと図面を見ながら話し合っていた。すると、向こうからキム次長が笑いながらやってきた。
「おはようございます。チョンアさん、ユジンさん。」
チョンアはキム次長の後ろを覗いて、
「あれぇ?理事は?」と聞いた。
ユジンはなぜかミニョンの名前を呼ばれるだけで、ドキッとするのだった。どんな顔で挨拶すればいいのだろう。胸の鼓動が早くなる。
「ユジンさん、こうるさい理事がいなくて嬉しいでしょう?朝イチでソウルに行ったから大丈夫ですよ。あははは。」


キムはユジンの顔を覗きこんだ。すると、ぼんやりした顔をしていたユジンがびっくりした顔をして、まじまじとキム次長を見つめ返した。
キムはユジンの意外な反応にアタフタしてしまい、どうしたら良いか分からなかった。うるさいパートナーがいなくてせいせいするだろうと思っただけなのに、何をそんなに慌てているのか?
そんなユジンの反応にチョンアも困惑しているのを見て、ユジンは顔が赤くなるのを感じた。そして慌ててトイレに行くと言って立ち上がったは良いが、ペンキ缶をひっくり返してしまう動揺ぶりだった。
あとに残されたキム次長とチョンアは目を丸くして見つめ合った。ミニョンとユジンの間に何があったのだろうか?今までミニョンに付かず離れずだったユジンが赤くなるなんて。

ユジンは洗面所で冷たい水に手を浸して、クールダウンしていた。ミニョンの名前を聞いただけで、こんなにも動揺してしまうなんて、どうしたのだろうか。
鏡の中に、困惑した顔の自分がうつっていた。すると、急に「ユジンさん」と言うミニョンの声が聞こえた。ユジンはキョロキョロとあたりを見回したが、もちろんソウルにいるミニョンが、ここにいるわけはなかった。ユジンは幻聴まで聴こえてしまう自分は本当にどうかしている、と思った。鏡の中の自分が全く見知らぬ女に見えて、ひどく戸惑った。認めたくないが、ミニョンの存在がどんどん大きくなっている。昨日泣いて気持ちを整理したおかげで、ミニョンへの気持ちが一歩進んだのを感じた。

その頃ミニョンのオフィスでは、ちょっとした修羅場が展開されていた。久しぶりにきたマルシアンで、やっと書類を片付けてユジンに電話をかけようかと思って受話器を取ったとき、急にチェリンがオフィスに入ってきたのだ。昨日のユジンの痛々しい泣き声を思い出して切なくなっていたので、かなりびっくりしてしまったが、平静を装って迎え入れた。
チェリンは、普通ではなかった。格好は綺麗に整えられていたけれど、顔はやつれていて、目はギラギラしていた。目の下にはクマがくっきりとついていた。あんなに話をしてキッパリと別れたにもかかわらず、それはなかったかのように座って話し始めた。
「ミニョンさん、ソウルに来ているのになぜ私に連絡をくれなかったの?ひどいじゃない。本当は私のこと心配だったでしょ?電話ぐらいする時間はあったでしょう?」と駄々をこねた。
そんなチェリンを見ていると、申し訳なさで優しくしたくもなるが、それではチェリンのためにならない。ミニョンは突き放さなければ、と終始冷たい口調で接した。
「確かにあった。でもしなかった。それが僕の答えだ。君に必要なのは僕じゃない。時間なんだ。」
すると、たちまちチェリンの目から涙が溢れ落ちた。
「ミニョンさん、貴方はそんなに冷たい人なの?わたしがこんなに頼んでるのに、それでも別れるの?」
「ああ、チェリン、ごめん。もう決めたことなんだ。いつか友達として会えたら良いと思ってる。」
ミニョンはキッパリと言って、チェリンに背を向けて外を眺めた。
チェリンはそんなミニョンに後ろから抱きついて追い縋った。
「ミニョンさん、あなたが私を好きでなくても構わない。ミニョンさんが辛い時や悲しいときに戻ってくる場所としていてあげる。それでもいいから側にいさせて。」
しかしミニョンは無言で背を向けたままだった。チェリンは肩を落として
「帰るわ、、、」と一言言って部屋を出て行った。ミニョンはその気配を背中で感じながら、ひとつため息をつくのだった。

チェリンは自分のブティックに帰ってきたあと、ずっと不機嫌だった。仏頂面のまま、ソファーに座って腕を組んだまま、みじろぎもしなかった。スタッフは全員いつ怒られるのかとビクビクしていた。そこに何も知らないチンスクが大きな荷物を持って現れた。
「チンスク、それは何?」
「これ?何かな、ユジンのお母さんから送られてきたの。明日、サンヒョクのお母さんの誕生日だからプレゼントかな?」
それを聞いたチェリンの目が輝いた。
「そうなの?」
そして、ブティックの中の洋服をプレゼント用にスタッフに包ませて、どこかにいそいそと出かけて行った。
チェリンの顔には不敵な笑みが浮かんでいた。

チェリンはサンヒョクのうちにいた。
サンヒョクの母親のチヨンと楽しげに話していた。
「お母様、お久しぶりです。これ、うちのブティックの洋服です。明日がお誕生日とお聞きして。お誕生日おめでとうございます。」
チヨンは笑みで顔を綻ばせていた。内心、ユジンでなくて、チェリンのような聡明で心配りの出来る女性がサンヒョクの相手なら良いのに、と思っていた。
「チェリン、本当にキレイな大人の女性になったわねぇ。頭もいいし、気遣いも出来るし、仕事もバリバリこなしてるし、申し分ないわね。あとは結婚するだけね。」
「そうですね。私も早くしたいです。、、、そうそう、サンヒョクも早く結婚しないと疑心暗鬼になってしまいそう、、、。」
そう言って、チヨンの反応を見るために、ニッコリ微笑んで小首を傾げた。
案の定チヨンの顔色が変わった。
「どういうこと?」
「わたしの彼氏が、スキー場で責任者として働いてるんです。そこで、ユジンと一緒に働いているんですけど、サンヒョクったら、2人の仲を疑ってるんですよ。」
「本当なの?」
「そんなことないですよ。彼には私がいます。でも、離れているから不安になるんでしょう。」
チヨンは取り繕うように慌てて言った。
「大丈夫よ。サンヒョクとユジンはもうすぐ結婚するから。でも、教えてくれてありがとう。」
チヨンは心配なのを押し殺してニッコリと微笑んだ。

チェリンはサンヒョクのうちからの帰り道、顔を綻ばせた。これでサンヒョクの両親はユジンへの心情を悪くしただろうし、結婚を急がせるだろう。そうすれば、傷心のミニョンが自分のもとに戻るかもしれない。チェリンは久しぶりに気分が良くなり、鼻歌を歌った。

一方チヨンはユジンへの不信感ではらわたが煮えくりかえっていた。あのユジンの煮え切らない態度はその男性のせいだったのか、そして一方的に夢中になっているサンヒョクが不憫でならなかった。

その頃スキー場で何も知らない二人は、一緒に歩いていた。ミニョンは嬉しそうに話した。
「ユジンさん、これから海辺の美味しい魚介類を食べに行きませんか?」
ユジンは笑顔を一転顔を曇らせた。
「あっ、そうじゃありません。2人きりじゃなくて、チョンアさんとキム次長も一緒です。」
すると、ユジンは静かに微笑んで言った。
「今日はサンヒョクのお母さんの誕生日なんで、ソウルに戻ります。」
ミニョンはあからさまにガッカリした様子だった。幸せそうに微笑む顔を見ていると、嫉妬でおかしくなりそうだったが、気持ちを押し込めて言った。
「そうですか。じゃあ僕が送ります。1時間後に部屋に迎えに行きますね。」
ユジンはまるで待っていたかのように嬉しそうに微笑むと、一礼して去って行った。
ミニョンはその後ろ姿を見ながら、ため息をついた。好きなのに、婚約者の家に送るひとときに一緒にいられることを喜ぶ自分が、不思議だった。僕は何をしているんだろう。

ユジンは部屋で出かける支度をしていると、部屋のチャイムが鳴った。ミニョンにしては、少し早すぎると思いながら、嬉しさを抑えきれずにドアを開けると、立っていたのはサンヒョクだった。ユジンはびっくりしたあと、少し残念そうな顔をして慌てて微笑んだ。サンヒョクはバツの悪そうな顔をしながら「早く来て良かった。入れ違いになったかも。」と入ってきた。
ユジンはミニョンとサンヒョクが鉢合わせするのでは、とビクビクしていた。
そんなユジンをよそに、サンヒョクはユジンの手をとって言った。

「ユジン、この前は本当にごめん。僕がどうかしてたんだ。自分が信じられないよ。許してくれる?」
ユジンは俯きながら、
「ええ、だって私が悪かったんだもの。」と言い、ぎこちない顔で微笑んだ。顔を上げてサンヒョクを見つめたものの、心の奥でもう一人の自分が囁いていた。もう元には戻れない、サンヒョクへの気持ちが少しずつ離れていると。
サンヒョクはそんなユジンの気持ちも知らず、そっと抱き寄せて部屋をでた。

ミニョンは、ユジンとのドライブが楽しみで廊下を歩いていた。ユジンの部屋に迎えに行こうとしたとき、サンヒョクとユジンが部屋から出てきて鉢合わせした。
3人は気まずいまま、会釈をしてすれ違った。後ろ髪を引かれる思いのユジンの背中をサンヒョクが押して、二人は去って行った。

ミニョンは一人部屋の前でただずんでいた。先程のサンヒョクの挑むような冷たい目が気になって仕方なかった。サンヒョクは婚約者だ。その気があれば、ユジンさえ拒まなければ、どうすることもできる。何かがミニョンを不安にさせた。ユジンがサンヒョクの婚約者なのは分かっていても、心が苦しすぎた。この気持ちがどこへ向かうのか先が見えなかった。
引き出しの中から、ユジンが落とした運命の輪のタロットカードが出てきた。ユジンが運命の人ならば、自分はここで座っていて良いのだろうか。





ちなみに、サンヒョクのお母さん役の女優さんですが、多分ユン監督の本だと思ったんですが、一番機嫌をとるのが大変だったと言ってました。なぜなら元祖アイドル女優でプライドが高いらしい。げっ、脇役なのに、めんどくさい人だ。まさに、サンヒョクのお母さん役にぴったりですね。このお母さん役の女優さんも、良く出る方なのかしら?もう忘れちゃいました。

わたしは母役ならユジンママのキムヘスクさんが一番好きです。
失礼しました〜。

コメント一覧

kirakira0611
@chorus-kaze さま、ですよね。別に反日でも良いんだけど、それで日本で稼いだり、遊びに来ないでほしいって思います。日本の皆さん愛してます〜ってどの口が言う?で、ビラまきするのはねー、もう呆れてます。ソンジュンギも、ヴァレンチノ?観る気はサラサラないです。キムテヒ、ピ夫妻も苦手です。
そうそう、反日って言うと、人気が上がるんですよね。ハンへジン夫もソン・ヘギョもその口ですね。金さえ稼げれば、ダブルスタンダードが許される、嘘ついても罪の意識がない、そんなところに引いてます。
確かに、国民同士で互いにいじめて足を引っ張りあってるし、嘘も言い続ければ本当になるし、病んでるって言葉がぴったりです。素晴らしい言葉の選択。
確かにたまに観ると素敵なドラマもあるんですが、忙しいのとオリンピックの反日活動で、またより一層引いてしまい、観る気になれなくて。隣国で友人ならこんな時こそ味方になってくれるはず。
もしまた韓国でオリンピックが開催されたら、同じことはしないようにしたいです。人にやられて嫌なことはしないようにしたいですね。
長々と失礼しましたー。
chorus-kaze
心狭くは無いですよ〜^_^
ソン・ジュンギもソン・ヘギョもキム・テヒも
反日という割には、日本に遊びに来てるんですよね。
あの国は、「反日」を掲げて人気を取るらしいですが
ソン・ヘギョは嫌いじゃなかったんですが、知ってからは
観なくなりました。
韓ドラは好きですし、とても良いドラマが沢山あります。
良いドラマを作るシナリオライターにいつもリスペクトですが
民族としては、卑屈で、同じ国民同士で差別感が半端ないし
ちょっと病んでる国のように思います( ̄∀ ̄)
kirakira0611
アッコさん、詳しいですね。ヘスクさん、元気で活躍されていて、よかったです。大好きな女優さんです。
サンヒョクのお母さん、完全に鼻と目をやってますね(笑)
ハンへジンさんは、性格が悪いので有名ですね。MCしてる番組でイラッとしました。口も悪い。
夫は名前は分からないけど、日本戦で、サルマネして馬鹿にしたことを日本に指摘されて、ありもしない日章旗をスタンドで見てカッとしたと嘘ついた人ですね。それから土地詐欺を親子で働いていたり、小学生のときに、同級生の男子に性的暴行した?口内レイプの疑いがありますよね、
類友ですね。
ソン・ヘギョさんも脱税したことから目を逸らすために、三菱自動車のCMを蹴って賞賛を浴び、日本で反日のチラシを撒き、今話題の軍艦島に主演したソンジュンギさんも似たもの夫婦だったのに、別れちゃいましたねー。
それに美日々のイジョンヒョンも出てて、ガッカリしましたー。あんなに日本で活動してたのに。
キムテヒも日本に恩恵を受けたのに、独島のTシャツ着たりビラ撒いたり、基本的に反日の方は観ないことにしてます。
心が狭くてすみません、、、。
chorus-kazeアッコ
おはようございます〜。
「冬ソナ」を思い出しながらいつも読ませて頂いてます。
キム・へスクさんは、今観ている「賢い医師生活」では
医師の中の一人の人の、コミカルなお母さん役で出てて
これまでいろんなドラマで、詐欺師などの悪役、財閥の奥さんや
いろんな役をこなす芝居の上手いベテランの女優さんで好きです。

サンヒョクのお母さん役の人は、最近観ている
「結婚作詞 離婚作曲」というドラマで出ていて
冬ソナ以来久々に見ました。
相当なお歳と思いますが、いわゆる整◯かな?というお顔です。

韓国女優さんで、チュモンという時代劇の、チュモンの
奥方役で出ていた、いつも楚々とした役柄が多い
ハン・へジンという人は、遅刻常習犯で、共演者に文句など
相当な問題の女優さんだとか。実家がお金持ち?だからか。
この人の旦那さんはサッカー選手で、半日に関するヘイト言葉を発して物議を醸した男性。ハンヘジンの旦那さんと知り
類は友を呼ぶんだなと思いました。話逸れてすみませんm(_ _)m
kirakira0611
@west21rainbow7 さま、本当ですか?ありがとうございます😊
嬉しいです。
拙い文章ですが、また読んでいただけたら嬉しいです。
レインボーさんはちなみに、霊能力というのかな?そんな不思議な力があるんでしょうか。
興味深く読ませていただきました。
また遊びに行かせていただきます。
west21rainbow7
こんばんわ。
読みながらもう一度観てみようか悩んでしまうほど吸いこまめれた文章力を学ばせていただいてます。ほんと久しぶりに見ようかな。
kirakira0611
@charlotte622 そうそう、タチが悪いから友達にはならないかと思います。こわくてね、自分の彼氏の前で泣かれたら、絶対おちると思うから、、、。
三食ごはんという番組で、チェジウさんが初めて会った俳優さんに告白みたいのされてて、女性らしくて守ってあげたくなるって九つ下に言われてたけど、素はサバサバしていて、実に男らしく、はっきりモノを言う人だったので、なんかほっとしました。いやー、男の勘違いってすごいわ。全然守らなくても大丈夫なのに。
ちなみにユジンも一人で生きていけるタイプだと思います(笑)
あっ、すいません。韓国映画がお好きなんですね。わたし、映画は全くほとんど観てないです。あまり激しいのが好みじゃないので、合いそうなのがあれば、教えてくださいね。
charlotte622
そうそう、ユジンって魔性系ですよね。それもチェリンみたいな策略家じゃなくて、自覚してない魔性というか。すぐ泣いたり、男性を困らせたり。意図的にやってない分、余計にタチが悪いです。私も友達にはなりたくない(笑)
私は韓国映画をよく観ますが、韓国の女性は気が強いみたいですね(^^;)
杏子
kirakira0611
@charlotte622 あと、なんやかんやでユジンは魔性系だから、近くにいたら男を取られそうで嫌だな。確かに。
ミニョンさん、見事にとられたチェリンですね、、、。確かに、恐ろしい女です(笑)
kirakira0611
@charlotte622 さま、お気持ち分かります。ユジンてはっきりしないですね。しいて言うと少し前の日本人みたいな感じ。韓国でも、それほどヒットしなかったのは、激しさがないからじゃないでしょうか。ぐずぐずしてる。反対に日本でヒットしたのは主人公たちが温厚だから、だと思います。
ちなみに私はユジンが好きとかではなくて、韓国ドラマでヒットするヒロインタイプがわりと苦手です。キツくてワガママ、はっきり言う、だから最近観ないです。そうじゃないヒロインものは観ました。
あと、いじわるキャラがチェリンの5倍ぐらいいじわるで、それも疲れます。多分韓国ドラマが体質に合わないんだと思います(笑)もチェリンなんて、かわいいもんです。
ユン監督の穏やかな世界観が好きです。
それぞれの見方が面白いですね。
また、感想をぜひ聞かせてくださいね‼️
kirakira0611
@81sasayuri1018 さま、お疲れ様です。
いつもコメントをありがとうございます。
ササユリさまが、サンヒョクのお母さんみたいでなくて、良かったです(笑)気持ちは分かるけど、怖いです、、、。ドラマでなんとなく感じる気配って当たってるのかな?第一印象がワガママそう、、、でした。
一応ユジンの演技の顔を入れました。
でも、びっくりした顔はやっぱり早すぎてぶれちゃいます。だから普通の顔の写真を入れました。
ヨン様ファンじゃないなら良かったです。ヨン様を神格化してる方だと、この前のコメントが気に障ると思うので。
わたしもミニョンさんのキャラが好きです。でも、実際にはいるはずもない(笑)
ですよねー。夢を見たいです。
charlotte622
チェリンは性格が悪いけど、気持ちはわからなくもないです。好きな男性を2度もユジンに奪われるなんて、悔しくてたまらないですよね。
ユジンはユジンで優柔不断ではっきりしなくて、イライラします。結局男性2人を翻弄しているだけで…いいとこ取りって感じで。ヒロインだけどどんどんユジンが嫌いになっていってます(笑)
杏子
81sasayuri1018
おはようございます。

今日も職人さんが入ると言うのに・・・私自身が疲れているというのに・・・
また冬ソナ!見てコメントを!!
サンヒョクの母親みたい??ですか(笑) ううん・・・ユジンの母親タイプですよ(^_-)-☆

>まじまじとキム次長を見つめ返した。

そうでした。ここの演技本当に上手でした。
この回のミニョンさんの気持ちはせつないですね・・・

ちなみに私はヨン様ファンでもないのです。
この冬ソナのミニョンさんの温かさに憧れたのです♡
kirakira0611
@hinata_bocco さま、はい、幸せになると終わっちゃうのでまだまだ波乱は続いていきます、、、。
ユジン、はっきりしないからどんどん立場がやばくなります。
kirakira0611
@usagimini さま、多分完全版に入ってます。写真がないのは、スクショ出来るのが、日本版のカットされたバージョンしかないのと、チェジウさんの動きが早くてぶれたからです。
良かったら完全版をご覧下さいませ。
kirakira0611
@hananoana1005 さま、そうですね。秋以外は観ましたよー。
でも3作出ると訳分からなくなりますね。
ヘスクさん、本当はペヨンジュンさんの母役をやりたかったらしいです。
でもユジンの母であってると思います。
お休みなさい!
hinata_bocco
だんだん、ユジン包囲網と言うか( ・∀・)バッシングの予感(・_・;)早く、ミニョンと幸せになってと言いたいが、幸せになった時点でドラマが、終わってしまいますね( ・∀・)
usagimini
こんばんは。ユジンがペンキをひっくり返してしまうところ、、、洗面所でクールダウンするところ、、、
日本版でもありましたっけ…? 覚えてないのは歳のせいか。。。
hananoana1005
こんばんは😃🌃
いつもありがとうございます❤️

ユジンの母役のヘスクさんですが、ユン監督もお気に入りの女優さんですね‼️
ユン監督の四季シリーズの内、3作に母役で出ていらっしゃいます。
秋の童話、夏の香り、そして冬のソナタです‼️
また、機会がありましたら ご覧になってくださいね。
kirakira0611
@yattokamehikotaro さま、ありがとうございます😊
嬉しいです。
頑張って書きますねー。
また読んでくださいませ。
yattokamehikotaro
いつもブログを拝見しています。
癒されるヒトトキです。
今後も楽しみにしてまーす。
kirakira0611
ガーベラさま、そうなんですね。みてないんですね。読んでくださってありがとうございます。嬉しいです。
また、一波乱あるので、楽しみにしていてくださいね!
e29012h(ガーベラ)
相関図を見ながらもしかしてと思うところがあります。
だから二役なのかなと・・
どの様な展開になるのかこれから先が楽しみです。
名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最新の画像もっと見る

最近の「日記」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
2021年
人気記事