花熟里(けじゅくり)の静かな日々

脳出血の後遺症で左半身麻痺。日々目する美しい自然、ちょっと気になること、健康管理などを書いてみます。

「クチナシ(梔子)の白い花」

2013年06月18日 16時14分04秒 | 自然
散歩の時に、クチナシ(梔子)の生垣に白い一重の花が咲いているのを見かけました。 近づくと、甘いよいにおいがします。













“アカネ科クチナシ属の常緑低木。野生では森林の低木として自生する。花期は6-7月。一個ずつ花を咲かせる。開花当初は白色だが、徐々に黄色に変わっていく。花には強い芳香がある。10-11月ごろに赤黄色の果実をつける。 分布 : 日本(本州・四国・九州・沖縄) 、中国、台湾。 アメリカでは、男性が女性をダンスパーティに誘う前に彼女に贈るコサージュ用の花を花屋に届けてもらう場合、クチナシの花を選ぶ。”


【2013年6月18日 花熟里】

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「キンシバイ(金糸梅)」 | トップ | 「サンダカンの日本人墓地」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

自然」カテゴリの最新記事