トランキリティの森

日々の出来事+時々猫

昨日の用事を片す

2018-10-15 18:00:00 | 桃色の花

アカバナ(赤花)である。
アカバナ科の多年草
茎や葉が、夏から秋にかけてこれない紅紫色に染まることからの命名。
山野の湿地などに生えるとあるけど、これは道路沿いで見つけた。
近場に田んぼがあるので、それが関係しているのかもしれない。

これを見つけた時、最初はアカバナユウゲショウかと思った。

が、明らかに色合いが異なるし、花びらの形も。
こちらは土手や道端など、広範囲に繁殖している。


朝からどんより曇り空。
雨こそ降らなかったけれど、いつぱらついてもおかしくない時間帯も。
気温は低く20度に達しなかった。

昨日、大渋滞+大混雑で諦めた用事を片付けに。
まずは旦那に頼まれていた振込と、この銀行の通帳の記帳を。
そのあと、スーパーで買物。
ホームセンターで情報誌をもらい、ツタヤで本を購入。
最後にクリーニング店へ。

昨日、来たんだけど、大渋滞で帰っちゃったと、店主のおばさんとお喋り。
朝から明らかに買い物客じゃない車が、次々と停まっていたとのこと。
どうやら、ソフトテニスの試合以外にも、イベントがあったみたいだ。
クリーニング店があるスーパーと、向かえのツタヤ、隣のドラッグストアは標的になってたようで。
本当に勘弁してもらいたい。

午前で予備校が終わるなら回収していこうとかと、息子にメール。
残念ながら、二者面談が午後にあるとの返事が来て、そのまま帰宅した。


旦那が昨日、只見からコタツ布団を持ち帰ってくれたので、早速広げた。
まだ電源入れていないけど、急に気温が下がったりしてるから、いつ入ってもおかしくないかな。
布団があるだけで、夜は大猫たちも暖をとれるだろう。
クロとは相変らず上手くいってないけど、もっと寒くなれば、うやむやのまま仲良く?なるだろう。
コメント

息子は模試二日目

2018-10-14 18:00:00 | 白い花

アレチウリ(荒地瓜)である。
北米原産のウリ科の蔓性一年草。
侵略的外来種の一つであるこれ、繁殖力旺盛で在来種を駆逐している。
こちらでは、河川敷に多く見られるが、林縁、畑地、荒地など、場所を選ばない。
雌雄同株で画像は雄花。
雄しべが固まっているので、一見、雌花に見える。


朝からどんより曇り空。
雨がぱらつく時間帯もあり、気温は21度と低め。
動き回っていれば半袖でも大丈夫だが、そうでないと上着が欲しくなる。

息子は模試の二日目で登校日。
バスがないので送って行った。
帰りは久々、近くの小山越え。
台風の風の影響か、道は葉っぱや折れた枝が覆い尽くしていた。

もう一箇所、小学校の近くの山裾もほっついて、1時間半ばかりうろついたかな。
既に終わっている花が多くて残念だったけど、仕方ない。
その代わり、木の実を何種類か拾ってきた。

肌寒いので、昼食は温かい素麺を娘と食べた。
14時半の息子の試験終了に合わせて予備校へ迎えに。
帰り、クリーニングを取りがてら、買い物をしようといつものスーパーに向かった。

が、道路は大渋滞で、駐車場も満車。
すぐそばに運動公園があるのだけど、ソフトテニスの大会が行われていた。
おそらく、それを見に来た父兄などの車なのだろう。
停めないようにとプラカードを持つ高校生がいるけど、ほぼ無視されている。
買い物目的の客は大迷惑である。
自分の子供がその役をやっていればとちょっとでも考えれば、停めないようにと思うだろうに。

仕方ないのでUターンして帰宅。
クリーニングの引取りと牛乳の購入は明日にしよう。

休みも終了。
明日からまた平常だ。
火曜以降は天気も回復するようなので、余裕があれば山に行きたいわ。
コメント

車庫の片付け

2018-10-13 18:00:00 | 紫系(赤紫/青紫)の花

ママコナ(飯子菜)である。
ゴマノハグサ科の一年草。
花弁の中にある白い突起がお米に見えるので、こんな名がついたみたい。
イネ科やカヤツリグサ科の植物の根に寄生するが、光合成もする半寄生植物。
これは只見で撮影したものだけど、いわきでも山で見かけたことがある。
斑点が薄黄色なのはミヤマママコナ(深山飯子菜)。
これは、只見でしか見たことないなあ。


今日は朝からいい天気。
気温は低く、半袖だと肌寒いくらいだった。

旦那は休日出勤、息子は模試で朝からお出かけ。
私と娘は特に出かける用事もなかったので、一日、家で過ごした。
市内ではあちこちでイベントが開催されていたんだけどね。
人が多い所に行くのが億劫なのと、駐車場の問題。
行くなら朝一で行かないとねえ。

午後は車庫の木の実の整理。
今年度の幼稚園のバザーは3月なので、そろそろバザー部の活動が始まるはず。
今年はあまり動けなかったから、昨年採取したものが半分。
それでも、みかん箱2箱分くらいの量になったかな。
あとでママ友宅に連絡しなければ。

ついでに車庫も片付け。
ダンボール箱を潰し、ゴミを分別し、箒で床を掃き...。
どん兵衛が潰した段ボールに突進したりで遊んでいた。
クロがいて、家でのんびりできないからか、ちょっとストレスたまってるかな?
かまってほしいという気持ちもあるみたいだ。

旦那は仕事が終わったら只見に草刈りに行くとのこと。
向こうに置いてある、コタツ布団や冬物の寝具を持ち帰るように頼んでおいた。
まだ、寝る分にはフリースでは暑すぎるけど、すぐに温もりが欲しくなる季節になるものね。

明日は息子は模試の二日目。
時間に間に合うバスがないので、送りである。
帰りに近くの小山に行けるといいんだけど、どうなるかなぁ。
コメント

今朝は送りに

2018-10-12 18:00:00 | 白い花

ツルニンジン(蔓人参)である。
キキョウかの蔓性多年草。
昨日のツリガネニンジンと同じで、根っこが朝鮮人参に似た蔓性植物なので、こんな名が。
これも、掘り返してみたことがないから分からないけど、そんなに朝鮮人参に似てるのかねえ?
別名がジイソブ(爺蕎)。
「ソブ」は方言でそばかすのことで、爺様のそばかすという意味。


朝から雨で気温が上がらず、肌寒い一日であった。
さすがに今朝は送りのメールが届いた。
旦那が寝坊したので、私が送って行った。

息子は今朝もうだうだした挙句、休むと予備校に連絡していた。
その前に、私にかけてくれと頼んできたのだけど、却下。
明らかに具合が悪いというわけではなく、出されたプリントが間に合わない方だったので。
明日と明後日は模試があるので、こちらはさすがに休ます気はない。

福音館が発行している、幼児向けの月刊誌がある。
付録が付いている娯楽雑誌ではなく、ちゃんとした読み物(絵本)だ。
年齢別に物語絵本が4種、科学絵本が2種(+小3以上対象の科学雑誌)。
子供達が小さい頃は定期購読していたけど、今は好きな作家さんの時だけ購入。
科学系は興味のある内容の時のみ。
こちらは割と知らないことも多くて、読んでいて一人頷いていることも多い。

さて、今月は物語絵本の年少版が大好きな作家さんのだった。
この月刊誌を置いている本屋は限られている。
なので、昨日、息子に予備校の帰り、駅前の本屋で買ってきてと頼んでいた。
が、他のはあったけれど、年少版はなかったとのこと。
入荷数が少ないので、売れてしまったのかもしれない。

今日は別の本屋へ行ったけど、こちらもなし。
ダメ元で、もう一店、行ってみたら、今月号が全て並んでいた。
ここ、今週頭に行った時は、今月号がなかったんだよね。
遅れて入荷になったのかもしれないけれど、ラッキーであった。

ちなみに、この作家さんは子供達もお気に入り。
小さい頃から目にしているので、当然かもしれないが、見向きもしない作家も多い。
話と絵が好みとかち合うか否か、そういうのは結構重要なポイントになりそう。

雨は午後には止んで、迎えには行かなかった。
その代わりではないが、おやつ用にヨーグルトのケーキを焼いた。
初めて挑戦したものだが、冷めきる前に娘は帰宅。
でも、おいしいおいしいと4分の1切、平らげた。
個人的には冷えた方がおいしいような気がするので、残りは冷蔵庫に入れて明日食べよう。
コメント

雨なのに歩き

2018-10-11 19:00:00 | 紫系(赤紫/青紫)の花

ツリガネニンジン(釣鐘人参)である。
キキョウ科の多年草。
釣鐘型の花を咲かせ、根っこが朝鮮人参のそれに似ていることからの命名。
今年はこれ、見れずに終わるかなあと思っていたけど、9月末に行ったお山で再開。
日当たりの良い草原に多いとあるけど、ここはまさにその通りかな。

春の若芽はトトキと呼ばれる山菜。
これ、知らなかったので、会津などで見かけても、何だろう?で終わっていた。
来春、また目にしたら、それを踏まえて購入することにしよう。

花色は淡紫色が一般的。

他、桃色や白色もあると図鑑にはある。
で、今年は、白っぽい花のツリガネニンジンも目にした。

真っ白とまではいかないけれど、かなり色が薄い。

ちなみに、白花種はシロバナツリガネニンジンという名称が付いている。


朝から雨で、一日、降ったり止んだり。
気温も低く、半袖ティーシャツの上に一枚、羽織って過ごした。
20度は越えたのだろうけど、それに近いくらいの数値だったと思われる。

お弁当を作るので5時起き。
メニューは昨日のうちに決めておいたので、割とスムーズに作れた。
6時の段階で雨がぱらついていたので、送りだと思っていたのだが、連絡なし。
これで降ってるのか?と言いたくなるような時は、送りのメールが来る。
相変わらず、基準がよく分からない。

で、集合場所に皆が集まった頃に、ざんざん降りになったというのがねえ。
最初から送りにする家庭も多かったようで、いつも3回に分かれて渡る横断歩道も2回で。
「1班なんて誰も来なかったんだよ」と、帰りの車の中での娘の弁。
着くまでに靴下が濡れたとぼやいていた。
娘は現在、班長なので、班内で一人でも歩いて行く子がいれば、自分も歩かねばならない。

今のおこたの下に敷布を広げた。
コタツ布団は見当たらないので只見にいるのだと思われる。
週末、旦那が行くと言っているので、探して持ち帰ってもらおう。

敷布を広げたら、クロが喜んでゴロゴロしていた。
大概が初めて見るものだから、何もかもが珍しいみたいだわ。
ただ、作業中は寄ってこず、遠目で見ているのがね。
用心深いといい方に取ることにしよう。

午後、雨の降りがひどかったので、娘を迎えに。
今日はいつもよりも早かったのだけど、いつまで経っても出てこない。
そうこうしているうちに、息子からも途中にあるセブンまで来てもらえないかと電話が。
バスに置いていかれたらしい。

予定時間を30分オーバーして娘が出てきたのを回収。
すぐにセブンに向かい、息子と合流し帰ってきた。
慌ただしい...。

明日は雨は上がるようだけど、曇りの予報。
週間予報だと、気温も20度に達しない日がぼちぼち出てくるようだ。
一雨ごとに秋が深まる、そんな季節になったな。
コメント

バザー品のお届け

2018-10-10 18:00:00 | 黄色の花

ナガミノツルケマン(長実の蔓華鬘)である。
ケシ科の一年草(もしくは二年草)。
先日、山道散策している最中、キケマンを見つけた。
が、キケマンの花期は春(4〜6月)。
ミヤマキケマンはこれよりも花期は長いけど、7月くらいまで。
秋に咲くキケマン、何だったけ?と帰宅後に調べて、これであることを思い出す。
これの花期は7〜10月。
入れ替わるように、秋に咲く花だ。
「蔓」とついているけれど、マメ科のように他の植物に絡むような蔓はない。
草丈が高くなるせいか、他の植物に寄りかかるようにして育つ感じ。
ツルケマンに対して、種の入った実が細長いため、こんな名がついたみたい。
各地で絶滅危惧種に設定されているようだけど、今の所、私がこれを見た区域は結構な数が繁殖している。


朝から青空広がるいい天気。
まさに、秋晴れで、行楽日和であった。

それなのに、息子は予備校をお休み。
今日のは完全にサボりだわ。
本気で大学に行く気があるのか、真面目に悩む。
休んだからといって、家で勉強するわけじゃないもの。
楽ばっかりするのは勝手だけど、ニートなんぞは許さんぞ。

昨日、分別したバザー用の品を届けに出かけた。
化粧石鹸が大量にあったので、車の中は甘ったるい香りが充満。
この手の香りが大嫌いなので、窓を全開にしてまずは公民館へ。
その後、小学校へ行き、それぞれ紙袋(大)で4つ置いてきた。

探せばまだまだ不用品は出てくるのだけど、発掘を始めるとキリがない。
姑の置き土産、どんどん処分しないといけないんだけど。
バザーも次は娘が中学に入ってになるけど、3年に1回らしいのでチャンスは一度きり?
発掘の時間がほしいので、来年じゃないといいなあ。

明日は天気が悪いみたいだ(傘マークが出た)。
娘のお弁当日なので、早起きしなければならないのだけど、薄暗いだろうなあ。
このところ、朝、起きるのがしんどいので、頑張らねば。


マタタビ玉に戯れるどん兵衛。

まだ、マタタビに反応しないクロは、不思議そうに眺めている。

「この香りがたまらんでしよ!」

酔っ払いのどん兵衛に、ドン引きのクロ。

でも、遊びたいんだよねえ。

そろそろと近寄ってみたけれど、まだまだどん兵衛には受け入れてもらえなさそう。

一緒に遊べる日はまだ遠いわ。
コメント

バザー提供品の選別

2018-10-09 17:00:00 | 黄色の花

カラスノゴマ(烏の胡麻)である(おそらく)。
アオイ科の一年草。
山地の道端や荒れ地に分布し、お盆過ぎから花を咲かせる。
莢に入っている種がゴマに似ているが、それよりも大きいのでこんな名がついたようだ。
先月末、久々のお山で見つけたこれば初見。
割と秋にはよく行く所だったんだけど、こういうことは多々ある。
以前はシナノキ科だったらしいが、何で樹木の科に分類されてたのか?
花が似ているわけでもないのにな。
ここ数年、科の変更が随分と起きている。
DNA鑑定が理由の一つらしいけど、覚えられないわ。


今日は朝からとってもいい天気。
気温は23度くらいで過ごしやすい。
でも、朝晩はそれなりに下がるようになってきて、半袖だと寒いくらいだ。
まあ、10月に入って秋も深まってきているから、先週の土日のように上がることはなくなるかな?

夜間、3匹の大人猫たちのために、クロは居間と台所から閉め出している。
廊下にトイレと水とカリカリの入った器を置いて、それ以外の部屋には自由に出入りできる状況である。
いつも、早朝にひと暴れしにくるのだけど、たまにそういうことが一切ない日がある。
目が覚めた時に姿が見えないと、もしかして子供達に潰されてペチャンコになってるんじゃ?と不安になる。
寝返りをうったら潰されるようなとこで寝ていることが多いから。

今朝はまだ暗い時間帯に、布団の中に潜り込んできて、割と長い時間そこで寝ていた。
クロの体温はかなり高く、今くらいだと暑すぎるくらい。
冬になったら大歓迎になるのは間違いない。
そのうち、布団から出て行き、私が起き出した時には、息子のお腹の上で寝ていた。

麦などは私が起きても、そのまま寝ていることが多いけど、クロはすぐに追いかけてくる。
理由は朝ご飯。
ピャーピャー鳴いて、パウチの餌を出すまで足元をウロウロ。
それを食べ終えれば、私や娘の朝食を狙って、テーブルの椅子に乗っかって、顔を出す。

コンビニ猫はパンが大好き。
以前はちぎってあげると、前足で叩き落とし、咥えて安全な場所に持っていって食べていた。
うちに来て一月以上が経過し、最近はそういうこともしなくなった。
手から直接口に咥え、椅子の上で食べてはお代わりを所望する。
塩分の関係で、ちょっとしかあげないけれど、もっとくれない?という仕草が可愛い。
少しずつ、家猫になっている。嬉しいことだ。


さて、お腹の調子が悪い息子は、今朝もバスに置いていかれたので、送って行くことに。
帰りはスーパーに寄って、朝食用の卵とヨーグルトに入れるバナナを購入。
その後はまっすぐ帰宅した。

小学校のバザーの提供品回収が明日から開始になる。
廊下の隅に山積みになっていた不用品を、持って行く場所毎により分けた。
小学校と地区の公民館祭り用、幼稚園である。
幼稚園はいつもは12月に開催されていたけど、今年度は3月らしい。
これは、例年通り、ママ友に頼むことになるだろう。

明日から天気は今ひとつ。
傘マークは出ていないけれど、一日曇りの日が続く感じ。
雨にならないのなら、また山に行きたいなあ。
そろそろ、木の実草の実採取の時期故に(笑)


普段、PCで楽しんでいるフリーセルというゲーム。
3人対戦で3分以内に競って順位を決める。
それを始めると、クロが邪魔しにくる。

画面を覗き込んで、動くカーソルやトランプにパンチをくらわしてくれる。
画面が見えなくなることもあり、これが原因で負けることも(笑)
勿論、お遊びなので、負けたからどうというわけではないんだけど。
とはいえ、できればクリアで勝ちたいので、邪魔しないでというのが本音。
コメント

家でのんびりと

2018-10-08 18:00:00 | 紫系(赤紫/青紫)の花

クサフジ(草藤)である。
マメ科の蔓性多年草。
フジに似るけれど、木ではなく草なので「草藤」。
こういった理由で名前が付けられると、クサフジは他にもたくさんあるわ。
まあ、早い者勝ちになるんだろうけど、後の方が気の利いた名前がついたりしてね。

画像は先月、只見で撮影したもの。
うちの近所の草原にも咲いている場所があるけれど、あまり繁殖してくれない。
河川敷のは草刈りに巻き込まれるので、更に繁殖できない理由が。
花穂が上に向かって伸びるので、まとまって咲いてくれていると目立つ。
これも家で育てたいなと思う、マメ科大好き人間である。


午前中は雲に覆われ、霧雨が一時的に降ったり。
昼前から晴れて青空が広がったけれど、昨日や一昨日のような暑さにはならなかった。
今の時期相応の、湿度も低い清々しい晴れといえよう。

DOAは昨日、無事に終了となった。
初日、病院に行くような怪我を負った人がいたけれど、その人だけで済んだ。
初日の行方不明者は、走行中に携帯を落としてしまい、連絡がつけられなかったとのこと。
その携帯探しで時間をくい、本部への帰着が遅くなったようだ。
事故ではなくてよかった、よかった。

崖落ちは両日ともあったそうだけど、怪我人はなかったとのこと。
これは、毎年恒例なので、連続して参加している方は、ロープをちゃんと常備している。
自分のためでなく、落ちた人の救出にも使えるからだ。
実際、落ちたバイクは、後続の参加者が協力して引き上げることが多い。
今回は、四輪が来るのを待っていたバイク乗りもいたみたい。
チェックポイントで引き上げた方が、バイクが重くてなかなか道まであげられなかったと笑っていた。

ちなみに、DOAは春は千葉で二輪のみ一日、秋は福島で二輪・四輪で二日、開催している。
主催者はそろそろ疲れてきたのか、秋の方はやめる〜と言い出している。
が、それに反して、参加者が年々増加しており、来年も楽しみですと言われ続けている。
さて、来年はどこで開催となるのかなあ(笑)


昨夜は息子と二人、閉会式を待たずに帰宅。
もう、本部のある牧場は風が冷たくて。
帰りの国道の温度計は16度!
こりゃ、寒いわけだわ(その前の晩は暑かったのに!)
平地に下りてきたら23度だったので、7度の温度差があったことになる。

途中、夕食をとって、19時半頃に無事帰宅。
娘が「お帰り〜」と出迎えてくれた。
今日は洗濯物の取込や風呂掃除をしてもらい、昼と夜の食事も自分で用意。
ああ、頼もしくなったなあ。
クロも元気だったそうだ。


そんなこんなで、すっかり疲れて入浴後は布団に倒れこむように横に。
目が覚めたのは6時過ぎ。
カラスの鳴き声のせいであった。

先月末から、我が家周辺で、早朝からカラスがやかましい。
何で集っているのか分からないのが嫌だし、声が大きいから起こされるのが不愉快。
ゴミの日など関係ないし、巣を作っているわけでもないし。
スズメくらいの鳴き声なら許せるんだけどなあ。

疲れもあって出かけることもなく、家でのんびり過ごした三連休最終日。
明日からまた平常だ。
今月末は小学校で学習発表会がある。
娘もそちらの準備で忙しくなりそうだ。
コメント (2)

DOA二日目

2018-10-07 09:00:00 | 白い花

ウメバチソウ(梅鉢草)である。
ユキノシタ科の多年草。
花の形が、天満宮の紋章である梅鉢紋に似ていることからの命名。
今年もこの花を見つけることができてよかった。
私が動き回っている山では、現状ここでしか見つけていない。
しかも、数が少なくて、いつなくなってもおかしくない状態だ。
以前、かなりまとまって咲いている場所があったのだけど、砂利置き場になって壊滅。
山の上にある公園の管理組合の仕業だが、植物に詳しくない人がこういうことをやらかしてくれる。
来年もまた見ることができることを願う。


今日も朝から晴天で夏の日差しがギラギラ。
気温も30度近くまで上がりそう。
昨日も暑くて、ばて気味の参加者も多かったわ。

昨日は途中で昼食をとった後、目的地へ。
夏場は海水浴場の客の車でいっぱいの駐車場は、閑散としていた。
が、サーフィンをしに来ている車や、秋の海を見に来た観光客が入れ替わり立ち替わり来ていた。
そこへ、バイクが次々とやってくるので、怪訝そうに眺める人もいたなあ。
散歩の地元民に、何してるんですか?と聞かれることも。

夕食は鮫川村の地元の方が調理。
山菜の煮物やシミもちなど、地元で食べられている惣菜も豊富だった。
ただ、白飯がちょうど切れてしまったタイミングに当たってしまい、おふかしで食べることに。
ちょっと塩っけが強かったものも多かったので、帰って寝てから喉の渇きで深夜、目が覚めちゃったが。

昨年は怪我人も出ずに終わったDOA。
今年は初日で病院送りが1名、行方不明者1名。
行方不明者に関しては、事故(崖落ちなど)なのかどうか不明。
以前にも何度か起きているけど、連絡なしでコースアウトして観光してたという人もいた。

基本、自己責任が原則なので、何が起きても主催者は責任を取らない。
だからと言って、途中棄権をして、本部に連絡を寄こさずというのは問題。
一応、スタッフが事故じゃないかと、再度、コースを走って探したりしてるので。


さて、今日は娘がお留守番することになった。
クロのことと自分の宿題の関係。
昨夜も帰ったら、どこへ行ってたんだーと言わんばかりに、大騒ぎしてたものね。
まあ、11時〜21時半まで一匹にしていたから、分からないでもないが。
今日は9時すぎには出るし、帰りはやはり似た時間。
かまってくれる人が一人でもいてくれた方が、こちらも安心。

ランチパックの運搬が今日の仕事。
台風は抜けて、風も昨夜は強かったけど、今朝は然程でもない。
暑いのだけがネックだけど、参加者には楽しんでもらいたな。
では、今日も事故を起こさないよう気をつけて、行ってきます!
コメント (2)

DOA初日

2018-10-06 11:00:00 | 白い花

ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草)である。
ユリ科の多年草。
花弁などの斑点を、鳥のホトトギスの胸にある斑点になぞらえての命名。
これは山路でよく見かけるので、こういった名前になったみたい。
ホトトギスに比べると、斑点の数が少なく、下部には黄色い斑点がない。
また、花弁が反り返らない点も異なる。
これも、目にするようになると、秋の到来を感じる花だな。


台風が接近しているとは思えないほど、朝から好天で暑い!!
予報では福島市で31度、こちらは29度だ。
晴れてくれるのはありがたいけれど、暑さは予定外。
ベースがある鮫川村は、標高があるのでこちらよりは多少は低いと期待したい。

旦那は早朝4時頃にベースに向かって出発したと思われる。
出発が8時?かな。
もう、皆さん、山道を軽快に走っていることであろう。
旦那は皆が走り出す前に出発、コースを先に進んでルートのチェックを行う係。
崩落や落石などが確認されれば、四輪の迂回などの指示も行う。

私は子供達と11時を過ぎてから、勿来関に向かう予定でいる。
以前は到着時間とナンバーのチェックを行っていたチェックポイント。
今年の春からは、スマホでバーコードを読み込み、本部に送るシステムに変わったのでなしになった。
その代わり、オドメーターの記載をすることになったので、仕事量は変わりないかも。

この暑さなので、クロはやはりお留守番。
窓を全開にできないから、状況によっては熱中症で死んじゃうかもしれないし。
それに、朝からパワー全開で家の中を走り回っているので、自由度が高い方がいいだろう。
と言っても、人がいないとしょぼくれるみたいだから、出発後は大人しくしてるかもしれないが。

それでは、行ってきます!
コメント