Kinugasa の日々放談(時事・生活)

政治、社会、時事、日常雑記について放談

展望のない誕生日

2019-02-20 00:09:55 | 時事、身辺雑記
2月20日は誕生日で、例年のように弟夫妻からスイートピーをもらった。

85年前には展望がなかった。記憶はゼロだ。

80年前、鏡台の引出しから硬貨一枚を持ち出しガムを買ったらやさしい駄菓子屋のおばさんはたくさん硬貨をくれた。いらないので元の引き出しに入れて置いたら、ずいぶん叱られた。『でも、元のお金よりたくさんになってるのに』と口答えしたら母親は笑い出して叱るのをやめた。それから駄菓子屋でほしいものを買ってもらえるようになった。

70年前、16才。ドッジラインや、シャウプ勧告が良くわからなかった。新中国が建国。

60年前、26才。岸内閣。翌年、安保条約調印。

50年前、沖縄返還・日米共同声明(返還は1972)

やがて国際為替不安の中、チューリッヒ単身赴任。

1972年、円為替固定から変動に。チューリッヒからブリュッセル移転。日本、石油危機。
1976年、ロッキード事件

1980年、イラン・イラク戦争

1885年、米国転任。三か所の事業体兼任。CASD、カンザス、NJ

1988年は国外から見た日本は臨死状態。翌1989年、日本の年号、平成に。

天安門事件、東西ドイツ統一、米ソ冷戦終結を見て日本に帰国。

1995年阪神淡路大震災。オーム・地下鉄サリン事件。

さて、年号が平成になって数年、しばらく続いた海外関連事業も終え、やっと日本生活に再度慣れ、落ち着いた所で、今後の展望がない。

大震災と、福島とを経験して日本政府の対応におびえながらの年金暮らしの中で体を壊してしまった。

今後、終活をこの日から始めようと思う。(2月20日86才)
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 警察予備隊から国軍まで | トップ | 二年前の野党 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (すみとも)
2019-02-23 09:01:32
お誕生日おめでとうございました。
今年も届いたスイトピー 春を呼ぶ花 綺麗ですね。 
>85年前には展望がなかった。記憶はゼロだ。
そこからの人生・・・日本の近代史
なぞりながら一緒に歩かせていただきました^^
色々ありましたね。
そして 86歳! 日本の今後の展望・・   どうなるのでしょうね。
 2019・2・20 を機に終活を・・お始めに成られますか
 
三寒四温 まだ寒い日も有ります。温の日を選んでなさってくださいませ^^
今年の春は (kinugasa01)
2019-02-23 19:43:53
★ すみともさん

コメントありがとうございます。娘や孫たちがメールをよこすと、あ、自分は生きてきたんだな、と思いますが、展望のない中、これでいい、とは、』なかなかまいりまさえん。

終活は年老いた妻が捨てやすいように、とうとう読まなかった書籍も含めて運びやすい重さにまとめてひもでくくるところから始めます。

すみともさんも、気温の変動が激しい季節です、どうぞ御身お大切に。

  Kinugasa

コメントを投稿

時事、身辺雑記」カテゴリの最新記事