kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『ポール・マッカートニー/THE LOVE WE MAKE』を観て

2012-01-03 20:14:34 | アメリカ映画 2012

12-1.ポール・マッカートニー The Love We Make~9・11からコンサート・フォー・ニューヨークシティへの軌跡
■原題:The Love We Make
■製作年・国:2011年、アメリカ
■上映時間:93分
■観賞日:1月2日、アップリンクX(渋谷)




□監督:アルバート・メイスルズ
◆主な出演者:サー・ポール・マッカートニー、エリック・クラプトン、ビリー・ジョエル、エルトン・ジョン、ミック・ジャガー、キース・リチャーズ、ピート・タウンジェント、デヴィッド・ボウイ、ビル・クリントン(元米国大統領)、レオナルド・ディカプリオ(俳優)、ジム・キャリー(俳優)など
【この映画について】
2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロの約1ケ月後、ポール・マッカートニーがマジソン・スクエア・ガーデンで開催した『コンサート・フォー・ニューヨーク・シティ』までの道のりとライヴの模様、バックステージに密着したドキュメンタリー。コンサートの模様は2枚組CDに収録されているが、こちらは当日TV中継された映像と、その裏側を追ったドキュメンタリー作品である。監督は、『ローリング・ストーンズ・イン・ギミー・シェルター』のアルバート・メイスルズ。
【ストーリー&感想】(ドキュメンタリー作品によりストーリーは省略)
2001年9月11日、アメリカ同時多発テロが起こったとき、ポール・マッカートニーはニューヨークの空港にいて離陸寸前だった。

その約1ケ月後、彼は一大ベネフィット・ライヴ・イベント『コンサート・フォー・ニューヨーク・シティ』を開催し、超豪華アーティストを終結させた。テロの傷跡に心を痛め、自分にできることは何かを自問自答した彼は、音楽の力を信じるという結論に達した。コンサートまでの道のりと、当日のライヴの映像(中継映像と映画用映像)、そしてバックステージに密着する。地球規模の有名人サー・ポールだけに、バックステージには米国元大統領から著名俳優らが続々と訪れるのは流石だ。
中でもNY市内を徒歩で移動中にあっと言う間に市民に囲まれサイン攻めに晒されていたシーンでは予告編の映像にあるように、中年女性が興奮気味に携帯電話でその様子を「実況」していたり、無名のストリート・ミュージシャン?にポールのコンサートに出演させてくれと図々しくお願いするアフリカ系男性をあしらったりするシーンが楽しかった。

共演者のミュージシャン以外にも、ビル・クリントン元米国大統領、ハリソン・フォード、レオナルド・ディカプリオ、ジム・キャリー(彼はステージ上からスピーチもした)らとのやり取りも収録している。
タイトルは、ザ・ビートルズのアルバム『アビイ・ロード』の収録曲『ジ・エンド』の歌詞“the love you make”からとられている。収録曲は、デヴィッド・ボウイ『アメリカ』(S&Gのカバー曲)、エリック・クラプトン&バディ・ガイ『エヴリシング・ゴナ・ビー・オーライト』、ビリー・ジョエルの名曲『ニューヨークの想い』、ザ・フー『Who Are You』、ミック・ジャガー&キース・リチャーズ(ザ・ローリング・ストーンズ)『ミス・ユー』、ポール・マッカートニー『アイム・ダウン』『レット・イット・ビー』『イエスタデイ』など。

(9分15秒過ぎからポールが登場)

この作品は単にコンサートまでの流れを追っただけではなく、ポールのNYでの日常やラジオ番組出演時の様子、消防署を訪れた時の様子、バンド・メンバーとのリラックスしたリハーサル風景、楽屋での打ち合わせ風景などもふんだんに盛り込まれている。特に、ポールとバンド・メンバーの楽屋にはひっきりなしに有名人や当日出演のミュージシャンらがあいさつに訪れる。
そんな中でザ・ビートルズを崇拝するビリー・ジョエルはポールの楽屋を自ら混乱の中を訪れ緊張気味に話しかける。だが、エリック・クラプトンだけにはポールの方から彼の楽屋へと表敬訪問して簡単な打ち合わせをする。ポールとクラプトンはザ・ビートルズ在籍時からの知り合いで、この手の慈善コンサートなどでは度々共演している仲間だが、やはりクラプトンだけは別格なのだろう。他のミュージシャンらとは扱いが違うのが印象に残った。

コメント   トラックバック (1)

オウム真理教元幹部の平田信容疑者が出頭で逮捕

2012-01-02 17:32:21 | 時事ニュース・国内

平成7年2月の目黒公証役場事務長逮捕監禁致死事件などで特別手配され、年が明ける寸前の12月31日深夜に警視庁丸の内署に出頭したオウム真理教元幹部、平田信容疑者(46)について、警視庁は元日早朝、逮捕監禁致死容疑で逮捕した。容疑内容や逃走ルートなどについて本格的な取り調べを始める。平田容疑者の逃亡は16年半に及んだ。



平田容疑者は23年12月31日午後11時50分ごろ、まさに平成24年になろうとする直前に一切の付き添いも無くたった一人で出頭してきたそうだ。本人が「平田信である」と名乗ったことから、警視庁では直ちに指紋検査を行い本人と確認されたことで逮捕した。
平田容疑者は、麻原彰晃死刑囚(松本智津夫)らと共謀し、目黒公証役場事務長の仮谷清志さん=当時(68)=から、教団を脱会しようとしていた仮谷さんの妹の居所を聞き出そうと計画。
平成7年2月28日、品川区内の路上で仮谷さんを車で拉致し、教団施設(当時山梨県上九一色村)に監禁、麻酔薬を注射して死亡させた疑いが持たれている。拉致の実行犯の1人とみられている。また、平成22年3月に公訴時効が成立した国松孝次元警察庁長官銃撃事件についても事情を聴く方針だが、こちらは元警察官が関与を仄めかしており平田容疑者の関与程度は分かっていない(本人は否定しているとの情報あり)。

これでオウム関係者の特別手配犯は「走る爆弾娘」こと菊地直子と高橋克也の二人だけとなった。平田出頭逮捕で、今後、この二人の潜伏先や生死に関する情報の入手にも警視庁は全力を上げることになりそうだ。菊地容疑者には一時タイ潜伏説があったがどうなのだろうか?今まで、警察署や駅でオウム手配犯の写真でこの3人を嫌と言うほど見てきたが、これで後は2人になった。
この時期の出頭には謎が多いが、オウム関係の裁判は既に集結しており、今年は麻原死刑囚の死刑執行が現実味を帯びているが、こちらは民主党政権下の法相次第なので執行時期や執行については不透明だが、平田容疑者への取り調べないようによっては影響が出るかも。

コメント   トラックバック (6)

2012年、明けましておめでとうございます

2012-01-01 12:14:13 | 管理人のつぶやき

             謹

皆さま、新年明けましておめでとうございます。本年も、昨年同様よろしくお願い申し上げます。

【昨年を振り返って】
昨年は3月11日に我が国は千年に一度という大震災を経験し、今までは海外で同様のニュースに接しても、「大変だな~、日本の救助隊何時になったら派遣されるの?」程度の感心でした。ところが、昨年の災害はいかなる想定をも越えてしまい、まだ3000人以上の方々が行方不明状態であり、この寒い冬を複雑な気持ちで乗り越えなければならず、まだまだ本格的な復興には程遠いですね。
と言ってもいつまでも「被災」したから、とばかり言っては居られません。日本が力強く復興していく姿を世界に発信することで、海外から寄せられた温かい支援に応えることが出来るのでは無いでしょうか?
【ブログ更新】
さて、私のこちらのブログタイトルは「Kintyre's Diary新館」です。と言う事は「旧館」が存在する訳ですが、そちらは楽天が昨年4月19日にTB廃止という暴挙に打って出たことで、gooへと引っ越ししてきました。
やっと、gooでのブログ更新及び楽天時代のお客様との関係も復活し軌道に乗ってきたので、これを更に発展させるのがこちらでの目標です。
【本年は】
私のブログは①野球②映画観賞記③重大ニュースの3本柱から成り立っています。
①野球シーズンである3月・4月~11月にかけては野球に関する話題が中心です。管理人は埼玉西武ライオンズの球団創設以来のファンで、ファンクラブ会員であります。昨年は3位で悔しい思いをしましたので、今年は、日本一奪回とアジア王者君臨です。
②映画観賞記こちらは一年通して週末中心に観賞した映画について書き記しています。因みに2011年は93本観賞しました。更新は常に1カ月近く遅れ気味ですが、今年は更新の頻度を上げたいです。
③重大ニュースこちらは重要なニュースなどについて自分の視点を交えた形で書いています。
④その他①~③へ属さないジャンルについては、自分の関心事などについてです。


              本年が皆様にとって良い一年でありますように。

コメント (14)   トラックバック (28)

時計