kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

光市母子殺害事件で大月(犯行時福田)被告の死刑確定

2012-02-20 22:47:39 | 時事ニュース・国内

山口県光市で1999年に母子を殺害したとして殺人や強姦(ごうかん)致死罪などに問われた当時18歳の大月被告(犯行時福田)(30)の差し戻し上告審で、最高裁第1小法廷(金築誠志裁判長)は、大月被告の上告を棄却する判決を言い渡した。広島高裁差し戻し控訴審(2008年4月)の死刑判決が確定する。



判決は、大月被告が差し戻し控訴審で一転、殺意を否認したことを「不合理な弁解」と指摘した。本村さんは「反省の情があれば死刑は下らなかった。残念だ。罪をかみしめ、それを乗り越えて受け入れてほしい」と複雑な思いをのぞかせた。
遺族の本村洋さん(35)は、霞が関の司法記者クラブで記者会見し「判決には大変満足しているが喜びの感情はない。厳粛な気持ちで受け止めなければならない」と、事件後の13年間を静かに振り返った。大月被告に対しては「罪をかみしめ、それを乗り越えて受け入れてほしい」と語った。

この事件は1999年に発生したのだから、13年近くが経過してやっと刑が確定するロングラン裁判となった。大月被告の犯罪時の年齢が仮に20歳以上であればここまで長引かなかっただろうが、今日の最高裁での判決でも4人中1人の裁判官が犯行時未成年に対する死刑適用に反対するなど見解が分かれた。
大月被告は犯行直後からその取り調べや友人に送った手紙などから、犯行を反省している態度を全く見せておらず遺族の感情を逆なでしていた。そして、大月被告の死刑回避に向けての弁護団が結成され、当時はまだ弁護士だった橋下氏(現、大阪市長)との論戦も白熱していた。大月被告の死刑回避だけを目的にした弁護団は、大月被告を洗脳し回避に向けてあらゆる方策を取っていたが、それも結果的に裁判官の心証を害したのではないだろうか?

大月被告の死刑を一貫して求めていた本村さん、それでも気丈に大月被告を避難非難すること無く、だが、死刑確定に対しての自分の意見ははっきりと述べていた。本村さんにとっては死刑確定は会見で語っていたように「勝利」では無い。また大月被告の死刑が確定しても、実際に刑が執行されない限りは本村さんの気持ちが和らぐことは無いでしょう。

[お断り]
私は楽天でブログを開設していた時から、「元少年」の実名を記してきた。それは、この凶悪事件を起こした「大月被告(旧姓福田)」の犯罪には弁解の余地は無く、幼い子供までをも殺害し自らの欲望だけを満たすために引き起こした犯罪であることから、もはや死刑判決は以前から当然だと個人的には判断して「福田被告」と記して来ました。しかも、既に週刊誌等で実名報道されていましたので...。


コメント (2)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
« 映画『麒麟の翼』を観て | トップ | 映画『ものすごくうるさくて... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2012-03-19 23:17:36
避難じゃなくて非難だろ。
Unknown (kintyre)
2012-03-19 23:36:55
どなたか存じ上げませんが、御指摘に感謝いたします。訂正しました。

コメントを投稿

時事ニュース・国内」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

7 トラックバック

大月/福田孝行、死刑確定 母子殺害 最高裁、上告棄却 (ネット社会、その光と影を追うー)
山口県光市で1999年に起きた母子殺害事件の差し戻し後の上告
光母子殺害事件 死刑確定。元少年の名前が大月孝行(福田孝行)と明かされた訳は? (しっとう?岩田亜矢那)
高裁で一度、無期懲役となった後 差し戻し後の控訴審で死刑となっているので 最高裁で上告棄却は予想された流れ。 差し戻しで苦肉の策とは言え、 殺人を素直に認めて情状酌量で押していれば 未成年者という事もあり、ひょっとして無期懲役で確定した可能性も無かったとは...
[山口母子殺害事件]13年という時間 (BBRの雑記帳)
13年ですからね。さすがに、余りに長いです。 今夜は過去のエントリにもいろいろと
ようやく死刑確定 (FREE TIME)
1999年に当時18歳だった人間が、親子2人を殺害した「光市親子殺人事件」。 2008年4月に死刑が求刑されてから約4年。 最高裁は被告の上告を棄却し、ようやく死刑が確定しました。
光母子殺害事件 大月孝行被告の死刑確定へ (つらつら日暮らし)
これで、夫の無念が晴れたと思います。
光市母子殺害、死刑確定 (りゅうちゃん別館)
99年に起きた光市母子殺害事件。 最高裁は20日、被告側上告を棄却した。実質的な死刑確定だ。    【送料無料】 光市事件弁護団は何を立証したのか / 光市事件弁護団 【単行本】価格:1,365円(税込、送料込) 母子殺害、元少年の死刑確定へ=犯行時18歳、上告棄...
福田孝行改め、大月孝行被告の上告棄却。光市母子殺害事件で死刑が確定 (名古屋人伝説。税理士バッキーの日記帳)
死刑確定までに13年、「あまりに長い長すぎる」、光市母子殺害事件での一番大きな感想だ。山口県光市で母子2人が殺害された事件で、差し戻し後の控訴審で死刑となった福田孝行改め、大月孝行被告(30)について