kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

オウム真理教元幹部の平田信容疑者が出頭で逮捕

2012-01-02 17:32:21 | 時事ニュース・国内

平成7年2月の目黒公証役場事務長逮捕監禁致死事件などで特別手配され、年が明ける寸前の12月31日深夜に警視庁丸の内署に出頭したオウム真理教元幹部、平田信容疑者(46)について、警視庁は元日早朝、逮捕監禁致死容疑で逮捕した。容疑内容や逃走ルートなどについて本格的な取り調べを始める。平田容疑者の逃亡は16年半に及んだ。



平田容疑者は23年12月31日午後11時50分ごろ、まさに平成24年になろうとする直前に一切の付き添いも無くたった一人で出頭してきたそうだ。本人が「平田信である」と名乗ったことから、警視庁では直ちに指紋検査を行い本人と確認されたことで逮捕した。
平田容疑者は、麻原彰晃死刑囚(松本智津夫)らと共謀し、目黒公証役場事務長の仮谷清志さん=当時(68)=から、教団を脱会しようとしていた仮谷さんの妹の居所を聞き出そうと計画。
平成7年2月28日、品川区内の路上で仮谷さんを車で拉致し、教団施設(当時山梨県上九一色村)に監禁、麻酔薬を注射して死亡させた疑いが持たれている。拉致の実行犯の1人とみられている。また、平成22年3月に公訴時効が成立した国松孝次元警察庁長官銃撃事件についても事情を聴く方針だが、こちらは元警察官が関与を仄めかしており平田容疑者の関与程度は分かっていない(本人は否定しているとの情報あり)。

これでオウム関係者の特別手配犯は「走る爆弾娘」こと菊地直子と高橋克也の二人だけとなった。平田出頭逮捕で、今後、この二人の潜伏先や生死に関する情報の入手にも警視庁は全力を上げることになりそうだ。菊地容疑者には一時タイ潜伏説があったがどうなのだろうか?今まで、警察署や駅でオウム手配犯の写真でこの3人を嫌と言うほど見てきたが、これで後は2人になった。
この時期の出頭には謎が多いが、オウム関係の裁判は既に集結しており、今年は麻原死刑囚の死刑執行が現実味を帯びているが、こちらは民主党政権下の法相次第なので執行時期や執行については不透明だが、平田容疑者への取り調べないようによっては影響が出るかも。


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 2012年、明けましておめ... | トップ | 映画『ポール・マッカートニ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

時事ニュース・国内」カテゴリの最新記事