kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『灼熱の魂』を観て~2011年で最も印象的だった作品

2011-12-20 20:52:22 | ヨーロッパ映画

11-88.灼熱の魂
■原題:Incendies
■製作年・国:2010年、カナダ・フランス
■上映時間:131分
■字幕:松浦美奈
■料金:1,800円
■鑑賞日:12月19日、TOHOシネマズシャンテ

□監督・脚本:ドニ・ヴィルヌーヴ
□原作:ワジディ・ムアワッド
□撮影監督:アンドレ・トゥルパン
□編集:モニック・ダルトンヌ
□美術:アンドレ=リン・ボーバルラン
□音楽:グレゴワール・エッツェル
◆ルブナ・アザバル(ナワル・マルワン)
◆メリッサ・デゾルモー=プーラン(ジャンヌ・マルワン)
◆マキシム・ゴーデット(シモン・マルワン)
◆レミー・ジラール(公証人ジャン・ルベル)
【この映画について】
憎しみと暴力が生む報復の連鎖を断ち切る術をひとりの母親が提示する。主人公は愛する者と交わした約束を守るために地獄のような日々を生き抜く強靱さの持ち主だ。その半生を辿る双子の旅はギリシャ悲劇さながらに驚愕の真実を突きつける。
レバノン出身でカナダ在住の劇作家ワジディ・ムアワッドの戯曲「Incendies」に衝撃を受けた『渦』のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督がダイナミックに映画化した本作。『パラダイス・ナウ』『愛より強い旅』のベルギー人女優ルブナ・アザバルが主演女優賞に輝いたのを始め、カナダ版アカデミー賞に当たるジニー賞で8部門を制覇し、米国アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされた魂を揺さぶる秀作である。(この項、gooより転載しました)
【ストーリー&感想】(ネタバレあり)
初老の中東系カナダ人女性ナワル・マルワンは、ずっと世間に背を向けるようにして生き、実の子である双子の姉弟ジャンヌとシモンにも心を開くことがなかった。そんなどこか普通とは違う母親は、謎めいた遺言と二通の手紙を残してこの世を去った。その二通の手紙は、ジャンヌとシモンが存在すら知らされていなかった兄と父親に宛てられていた。遺言に導かれ、初めて母の祖国の地を踏んだ姉弟は、母の数奇な人生と家族の宿命を探り当てていくのだった……。

謎めいた様子のナワル・マルワン、秘書として勤務している会社内でも自分の事は殆ど語らず、後見人役でもある経営者も彼女から遺言を託されたが戸惑うばかり。そのナワルがプールサイドで彼女だけにしか分からない「何か」に気が付いたことがストーリーの発端で、最初と最後のシーンを挟む形で映画は展開する。
遺言どおり母の過去を知ろうとする姉と気乗りしない弟、対照的な性格の双子、積極的に取り組む姉だったが徐々に母の知られざる過去に辿り着くことで、新たな戸惑いを感じる。一枚の写真から母の出身の中東へと飛び、母が学んでいた大学~出身地へと若かりし時代へと遡る。そこで分かったことは、母ナワル・マルワンはキリスト教徒で、異教徒(イスラム教)の恋人との間に子供を授かった。だが、保守的な村で異教徒との恋はご法度で恋人は銃殺され、お腹の子供も出産と同時に手放すことになった。この時、彼女は「いつか必ず探しに来る」と誓う。

叔父宅へ身を寄せて大学に通うが内戦が勃発し大学は閉鎖され、別れた息子を捜しに故郷へと向かうがキリスト教徒とイスラム教徒との戦争は激化していた。息子に辿り着くこと無くイスラム教勢力のテロリストとして活動しキリスト教右派指導者を射殺したが相手側に捕まり南部の監獄へ送られ、そこで死よりも残酷なこの世の地獄を体験することになる。

双子の姉ジャンヌはこの監獄に母が居たことを突き止め、監獄に15年間幽閉され拷問を加えられ獄中で出産していた事実を知りそれが自分たちだった。しかし父が誰なのかは結局判明しなかったが、兄と思える人物の消息が微かに分かり始めた。
母の故郷での調査では結局父も兄も判明しなかった。だが、母がプールサイドで放心状態に陥ったのは何故だったのか?カナダに戻って双子の姉弟が母から託され渡すことになった手紙の相手は驚くべく人物だった。姉弟が2通の手紙を手紙を渡したのは同一人物だった。

【ネタバレ】生き別れになっていたナワル・マルワンと異教徒の間の子。監獄で母をレイプ、拷問を加えたのは何と「息子」だったが、息子は母だと知らなかった。息子はまだ見ぬ母への思いを胸に抱いてカナダへと移住し、母もカナダへと移住した。母は息子の体にある「目印」をプールサイドで発見した。それをみて母は放心状態に陥いるが、母は決して親子であることを言わなかった。息子がその事実を知ったのは双子からもらった手紙を読んでからだった。「息子は号泣」するが、事実を知ったとき、母は既にこの世にはいなかった。

このストーリーは古代神話オイディプスをベースにした戯曲からの映画化なのだが、作者がレバノン出身であることから映画内では特定されていないものの、舞台はレバノン(ロケ地はヨルダン)であることは明白である。キリスト教徒とイスラム教徒の対立から内戦に突入し国が荒廃して行く様子はレバノンそのものと言える。
一枚の写真から母の知られざる過去を辿って行く過程で双子の姉弟が知った事実は余りにも過酷だったが、母は敢えて自らの口で語るのではなく二人にこういう形で知ってもらいたかったのだろう。そこには母自身の過酷な体験もあり、それを知ることで報復、暴力の連鎖を断ち切ることの大事さを体験してもらいたかった。同性の姉ジャンヌは積極的に調査に参加するが、弟は尻込みしていたが姉に中東まで呼び出され最後には男らしく?積極的に関わるようになったことで、重要な手掛かりを得たのだった。
双子の出自を知ることで非暴力の連鎖を断ち切り、宗教を越えてお互いが理解することの大切さを知ってもらいたかったのだと母は思う。双子の体にはキリスト教徒であった母の血と、その母とイスラム教徒との間に生まれた父であり兄でもある男性の血が二人には流れているからだ。
ラストは二人が目的の人物に手紙を渡す場面で終わって行くのだが、真相を知った渡された方はどういう気持ちで今後の人生をカナダで送るのか、或いは送ったのか?そちらも観終わって気になった。

予告編を観たとき、この映画はどういう展開なのか理解し難かったが、観終わって、間違い無く2011年で最も印象に残った作品です。ストーリーの構成も独立した「章」から成り立っていて分かり易い。主演でナワル・マルワンを演じているのはベルギー出身の女優だが、台詞よりその場その場での状況に応じた表情が全てを語っていたように本人に成りきっていた。

この映画はアカデミー賞の外国語映画賞にノミネートされたものの、受賞はデンマーク代表の「未来を生きる君たちへ」だったが、「灼熱の魂」が受賞しても不思議では無かった。もっとも「未来を生きる君たちへ」も良い作品なので受賞は当然だと思います。ただどちらも非暴力に対するメッセージが製作の背景にあるのは共通しています。
日本では拡大公開ではなくミニ・シアター系での上映が中心で地方での上映も僅かなので、上映されない地方での映画ファンにはDVD発売時にご覧ください。


コメント (12)   トラックバック (40)   この記事についてブログを書く
« 北朝鮮・金正日総書記が死去... | トップ | 映画『源氏物語 千年の謎』... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TOHOシネマズ六本木ヒルズ (まっつぁんこ)
2012-02-11 16:03:31
この映画六本木ヒルズでもやってたんですか。
昨年でもっとも印象に残った映画のひとつであることは私も同じです。
Unknown (kintyre)
2012-02-11 16:44:01
>まっつぁんこさん、こんにちは
「シャンテ」の間違いでした、気がつかなくて(冷汗)。派手な演出がある訳でも無いですが、強烈な印象を残した作品であることは間違いないです。
血の系譜 (クマネズミ)
2012-02-19 22:09:41
こんばんは。
本作は、双子が自分「の出自を知ることで非暴力の連鎖を断ち切」れると母親ナワルが考えたことが核心の一つではないかと思います。確かに、「双子の体にはキリスト教徒であった母の血と、その母とイスラム教徒との間に生まれた父であり兄でもある男性の血が二人には流れている」わけです。ですが、双子は、マサニ暴力によって生まれたのですし、その親たちに祝福されて生まれたのでもありません。そうした二人が、自分たちの血の系譜を知ったとしても、果たして融和の感情を持つに至るのかどうか、甚だ疑わしいのでは、と思ってしまいます。
>血の系譜 (kintyre)
2012-02-19 23:24:28
>クマネズミさん、こんばんは
私が思うに、母ナワルは何もあそこまでしなくても、自分の遺言状で双子の出自を書き記すことも出来た筈です。
それを敢えてせずに、ああ言った形で二人に過去を調べさせ真実に辿り着くことで、融和の感情をもってもらいたいと考えたのかも知れません。
仮に、遺言状で詳細を書き記しただけでは、二人の戸惑いも大きいでしょうし、或いは、兄であり父である男性に対して良からぬ行動をとった可能性もあるでしょう。
ラストで二人が男性に手紙を渡すシーンで、渡された方が戸惑っている間に、サッと去っていきましたね。あの終わり方で私は良かったと思います。
Unknown (たんたんたぬき)
2012-04-08 13:48:25
kintyreさんはじめまして、たんたんたぬきと申します。拙ブログにお越し頂き、またTBありがとうございました。昨年ご覧になったのですね。“2011年で最も印象に残った作品”とおっしゃるお気持ちよく解ります。私は皆様とは遅れて一月ほど前に見て今年のベスト候補に挙げましたが、残る9ヵ月余りにこれをしのぐ作品に出会うか、興味がつのります。これからもよろしくお願いいたします。
Unknown (kintyre)
2012-04-09 22:54:25
>たんたんたぬきさん、こんばんは

この映画は予告編を観た時から、何とも言えない予感が漂っていました。
ここ数年の間で観た映画でも、これ程の強烈な印象を持った作品は記憶にありません。故に、ブログのタイトルにも「最も印象的だった作品」と入れた次第です。

これからも宜しくお願いします。
TB (なな)
2012-06-30 10:53:04
虎猫の気まぐれシネマ日記のななです。
私もこの作品は2012年度に観た(DVDでですが)作品の中でベスト3に入りそうです。衝撃的ではありますが心を揺さぶられましたね。
Unknown (Unknown)
2012-07-01 22:25:43
>ななさん、こんばんは
この作品を鑑賞された方には判って頂けると
思いますが、これ程までに衝撃的だった作品
は最近お目にかかれませんでした。
こんばんは! (ヒロ之)
2014-10-28 02:01:44
コメント&TBありがとうございました。
『プリズナーズ』を観て初めてこの監督さんを知ったのですが、あの作品がかなり良かったので、過去の作品である『灼熱の魂』も見てみたのですが、かなりの衝撃を受ける作品でした。
娘が驚いたように、私も心の中で「えぇ!?」て叫んでしまいましたよ。
これは私も記憶に残る1本になりそうです。
Unknown (kintyre)
2014-11-03 11:40:12
ヒロ之さん、こんにちは
この作品は全国拡大公開された作品では無かった
ですが、これを観た方の衝撃や反応はどれもが共通
していると思います。最後まで目を凝らして観ること
が出来た作品でしたね。

コメントを投稿

ヨーロッパ映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

40 トラックバック

『灼熱の魂』 (こねたみっくす)
1+1=1は実際にあり得るのか? もしあるならば神がこの世で最も残酷な存在だと疑ってしまう。もしこれが宗教対立による神がいない場所で起こることだとしたら、この世で神を ...
2011年12月23日 『灼熱の魂』 TOHOシネマズ日比谷シャンテ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『灼熱の魂』を鑑賞してきた。 こんな惨劇が行われていたのに、よく生きてそして子供たちと一緒に 暮せたなと感心 【ストーリー】  ある日、カナダで暮らす双子の姉弟ジャンヌ(メリッサ・デゾルモー=プーラン)とシモン(マキシム・ゴーデット)の母親ナ...
ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督『灼熱の魂』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、結末に触れています。レバノン出身の劇作家ワジディ・ムアワッドの原作をドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が映画化した『灼熱の魂』。出演はルブナ・アザバル、レミー・ジラール。物語・自らのルーツを語る事はお
灼熱の魂 (あーうぃ だにぇっと)
灼熱の魂@TOHOシネマズシャンテ スクリーン2
灼熱の魂~現代版エディプス王の悲劇 (佐藤秀の徒然幻視録)
1+1=1 公式サイト。原題:Incendies(フランス語で火事)。レバノン出身でカナダ・フランスで活動する劇作家ワジディ・ムアワッドの戯曲「焼け焦げるたましい」が原作。ドゥニ・ビルヌー ...
灼熱の魂 (映画 K'z films 2)
Data原題INCENDIES原作ワジ・ムアワッド監督ドゥニ・ヴィルヌーヴ出演ルブナ・アザバル メリッサ・デゾルモー=プーラン マキシム・ゴーデット公開2011年 12月
「灼熱の魂」 (或る日の出来事)
予告編を見るたびに泣けていたけど…本編を観て、それほどでもなかった…。
「灼熱の魂」 (prisoner's BLOG)
母親の遺言で、息子と娘が聞いたことのない兄を探しに中東に行くわけだが、捜索していくにつれわかってくる過去の経緯の入り方がかなりイレギュラーで、誰も見たはずのない場面が作者の恣意で画になったりする。 探偵役になってもおかしくない姉弟が捜索につれて事実を「...
『灼熱の魂』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
予告を観て「観たい!」と思っていたものの すっかり出遅れ、気が付いたら最終週。 これは、もう無理かと、諦めていたら また
灼熱の魂/ルブナ・アザバル (カノンな日々)
中東からカナダへと移り住んだある女性の人生を現代と過去を交錯させながら描いていくヒューマン・ドラマだそうですが、予告編の印象だと亡くなった母の遺言で初めて父と兄の存在 ...
灼熱の魂・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
家族の歴史に隠された、血塗られた闇。 「灼熱の魂」という邦題は観て納得。 原題の「Incendies」は仏語で“火事”の意味だが、これは正に燃え上がる炎の様な熱い魂を持った、力のある映画だ。 中東出身の...
『灼熱の魂』・・・ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:カナダ+フランス合作映画、デニ・ヴィルヌーヴ監督&脚本、ルブナ・アザバル、メリッサ・デゾルモー=プーラン、マキシム・ゴーデット、レミー・ジラール、アブデル・ガフール・エラージズ出演。
灼熱の魂/Incendies (LOVE Cinemas 調布)
レバノン出身の劇作家ワジ・ムアワッドの同名戯曲を『渦』のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が映画化。中東からカナダに移り住んだとある女性ナワルが辿った壮絶な人生をその娘ジャンヌと息子シモンが辿る。次第に明らかになるその驚愕の運命とは一体…。主演は『パラダイス・...
『灼熱の魂』 (ラムの大通り)
(原題:Incendies) ----これは、スゴく 評判の高い作品だよね。 画像を観ていると、とてもカナダ・フランス製作には見えないけど…。 「そうだね。 タイトルもタイトルだし、 土っぽい感じがして 観る前は少し身構えたんだけど、 いやあ、これは壮絶なお話。 物語はこ...
灼熱の魂 (とりあえず、コメントです)
過酷な人生を生きてきた一人の女性の物語です。 母から双子の姉弟への遺書が発表される予告編を見て、一体どうなるのだろうかと気になっていました。 予想以上のハードさで、過酷な運命が胸をつくような作品でした(T_T)
『灼熱の魂』 (2010) / カナダ・フランス (Nice One!! @goo)
原題: INCENDIES 監督: デニ・ヴィルヌーヴ 出演: ルブナ・アザバル 、メリッサ・デゾルモー=プーラン 、マキシム・ゴーデット 、レミー・ジラール  、アブデル・ガフール・エラージズ 鑑賞劇場: TOHOシネマズシャンテ 公式サイトはこちら。 フリーパス...
灼熱の魂 (食はすべての源なり。)
灼熱の魂 ★★★★☆(★4つ) 母の遺言から始まった、父と兄を探す旅。 国境を越えて、時を越えて、 母の過去のなかへ―。 宗教上の理由から、愛する人を殺され、子どもは孤児院へ。 政治犯としてとらえられた監獄で、性的暴行の末生んだ双子と...
灼熱の魂 (映画的・絵画的・音楽的)
 『灼熱の魂』を日比谷のTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)随分と地味な映画ながら良い作品だと耳にしたものですから見に行ってきました。  確かに衝撃的な良作に違いありませんが、それにしても大層重厚な作品(注1)で、それも2時間11分もの長尺ですから、見る方...
灼熱の魂☆独り言 (黒猫のうたた寝)
宿題一本目は銀座で『灼熱の魂』です。『フライトナイト』を3Dで前日鑑賞したらうまい具合に☆が6ポイント貯まりました♪おかげさまでの無料鑑賞です。友人から、かなり重い内容と前情報は入っていましたが果たしてどう重いのかは謎のまま(笑)ネタバレなしでとにかく観て...
灼熱の魂 (映画三昧、活字中毒)
■ TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞灼熱の魂/INCENDIES 2010年/カナダ、フランス/131分 監督: ドゥニ・ヴィルヌーヴ 出演: ルブナ・アザバル/メリッサ・デゾルモー=プーラン/マキシム・ゴーデット...
灼熱の魂             評価★★★65点 (パピとママ映画のblog)
レバノン出身の劇作家ワジディ・ムアワッドの戯曲「戦火」を、「渦」のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が映画化。民族や宗派間の抗争、社会と人間の不寛容がもたらす血塗られた歴史を背景に、その理不尽な暴力の渦中にのみ込まれていったヒロインの魂の旅を描く。出演は「パラダ...
灼熱の魂 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Incendiesクチコミを見るミステリアスで上質な人間ドラマ「灼熱の魂」。現在と過去を行き来する緻密な構成が素晴らしい。初老の中東系カナダ人女性ナワルが、謎めいた遺言を残して死 ...
灼熱の魂 (キノ2)
★ネタバレ注意★  フランス・カナダ合作の、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作品。  カナダ在住のレバノン出身の劇作家ワジ・ムアワッドの同名戯曲が原作である由。2010年度のアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされました。(この年の受賞は『未来を生きる君たちへ...
『灼熱の魂』 3つの特長と3つの弱点 (映画のブログ)
 どう考えてもおかしいと思った。  この傑作がアカデミー賞外国語映画賞のカナダ代表に選出され、ノミネート作品5本のうちに選ばれながら、肝心の受賞を逃すなんておかしい。  そこで第83回アカデミー賞...
灼熱の魂(2010)★★INCENDIES (銅版画制作の日々)
 お母さん、あなたが生き続けた理由を教えてください。 好き度:+5点=65点  アカデミー賞ノミネートに地元カナダ・アカデミー賞8部門独占したという本作。また世界30ヶ国以上の映画祭で絶賛されたということで、気になり早速鑑賞して来ました。 しかしこんな....
「灼熱の魂」 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
母から託された二通の手紙。 右足のタトゥー。 歌う女。
灼熱の魂 (rambling rose)
公証人から母ナワルの遺言を伝えられた双子の姉弟ジャンヌとシモン。奇妙なその内容に当惑する2人だったが、ジャンヌは遺言に従い母の祖国である中東へと旅立つ。
灼熱の魂 ◆ Incendies (■■たんたんたぬきの映画箱)
超重量級のドラマです。これからご覧になる方は心してスクリーンに向かってください。本国カナダでのアカデミー賞に当たるジニー賞で8部門を受賞し、米国アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされたという作品。それは、現代平和日本に暮らす私達には想像さえし得ない...
灼熱の魂 (迷宮映画館)
現代のギリシア悲劇。。。だが悲劇のままではならない世界。
灼熱の魂 (うろうろ日記)
映画館で観ました。 【予告orチラシの印象】亡くなったお母さんの遺言で、双子の男
灼熱の魂 (A Day In The Life)
DVDにて観賞 映画評論家おすぎが絶賛していた映画。 解説 『渦』のドゥニ・ヴィルヌーヴが監督と脚本を務め、レバノン出身 の劇作家ワジ・ムアワッドの原作を映画化した珠玉の人間ドラマ。 中東からカナダに移り住んだある女性の壮絶な人生を、過去と現代 ...
灼熱の魂 (映画と本の『たんぽぽ館』)
呪詛なのか。祝福なのか。                    * * * * * * * * * * こ、これは・・・! 以前から私は年末に「マイベスト映画」なんて企画を立てたりはしないのですが、 もし、やるとすれば、早くも“ベスト1決定!”というく...
灼熱の魂 (いやいやえん)
この母親の過去を追体験して行き、母親の心に徐々に触れていく…そして最後に思いもよらぬ真相を知る事になるのですが、あまりにも痛々しいその過去が、二人の姉弟に切なく厳しい過酷な現実を突きつける。しかしその
『灼熱の魂』『幸せパズル』をギンレイホールで観て、へへっへそりゃああの韓国映画みたいでげすなあふじき★★★★,★★(ネタバレ... (ふじき78の死屍累々映画日記)
『灼熱の魂』(ネタバレ) 五つ星評価で【★★★★すげえなあ。でも、ショック展開をすればいい映画かと言う疑問も沸く】 条件は違うんだけど『オールド・ボーイ』みたいだ。 ...
『密告・者』『引き裂かれた女』を新橋文化で観て、男泣きした後、熟睡ふじき★★★★,★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
◆『密告・者』 五つ星評価で【★★★★男は男である為に自らの人生すら捨てる】 ニコラス・ツェーがいい。 グイ・ルンメイがいい。 そして、ニック・チョン。 『孫文の義士 ...
灼熱の魂 (虎猫の気まぐれシネマ日記)
お母さんあなたが生き続けた理由を教えてください。母の遺言から始まった,父と兄を探す旅。国境を越えて,時を越えて,母の過去の中へ・・・。カナダでシドニー賞の8部門を受賞し,アカデミー賞外国語賞のノミネートもされた作品。なんで受賞しなかったのかな?あまりに...
灼熱の魂 (♪HAVE A NICE DAY♪)
「灼熱の魂」 wowowにて鑑賞 ふぅー、重かったー・・・ ミステリーとしても観るので、飽きる事なくストーリーに 入っていけましたが驚きのラストでありました。 観終わった後は私自身、又頭の中を整理したくて 又最初から観てしまいました。 このシーン・・・後....
灼熱の魂 (銀幕大帝α)
INCENDIES 2010年 カナダ/フランス 131分 ドラマ/ミステリー PG12 劇場公開(2011/12/17) 監督: ドゥニ・ヴィルヌーヴ 『プリズナーズ』 脚本: ドゥニ・ヴィルヌーヴ 出演: ルブナ・アザバル:ナワル・マルワン メリッサ・デゾルモー=プーラン:ジャンヌ...
灼熱の魂 (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:洋画「灼熱の魂」原題:incedies監督:ドゥニ・ビルヌーブ2010年   フランス=カナダ映画   131分キャスト:ルブナ・アザバル     メリッサ・デゾルモー=プーラン     マキシム・ゴーデッド中東出身の女性ナワルは、双子のジャンヌとシモン...
「灼熱の魂」(2010年、カナダ) (楽天売れ筋お買い物ランキング)
「灼熱の魂」(原題:Incendies)は、2010年公開のカナダのミステリー&ヒューマン・ドラマ映画です。レバノンからカナダに移住した劇作家ワジディ・ムアワッドの戯曲「焼け焦げるたまし......