kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『アメイジング・スパイダーマン』を観て

2012-08-05 19:12:01 | アメリカ映画 2012

12-65.アメイジング・スパイダーマン
■原題:The Amazing Spyderman
■製作国・年:2012年、アメリカ
■上映時間:136分
■観賞日:8月4日、TOHOシネマズ日劇

 

□監督:マーク・ウェッブ
◆アンドリュー・ガーフィールド(ピーター・パーカー/スパイダーマン)
◆エマ・ストーン(グウェン・ステイシー)
◆リース・イーヴァンス(カート・コナーズ博士)
◆デニス・リアリー(ステイシー警部)
◆キャンベル・スコット(リチャード・パーカー)
◆イルファン・カーン(ラタ博士)
◆マーティン・シーン(ベン・パーカー)
◆サリー・フィールド(メイ・パーカー)
◆エンベス・デイヴィッツ(メアリー・パーカー)
【この映画について】
『ソーシャル・ネットワーク』で多くの演技賞に輝いたアンドリュー・ガーフィールドを主演に迎えて描く、『スパイダーマン』シリーズ最新作。主人公だけでなく、スタッフ&キャストを一新、高校時代の主人公ピーター・パーカーの物語が繰り広げられる。監督は『(500)日のサマー』で一躍注目を集めたマーク・ウェッブ。(この項、Movie Walkerより転載しました)
【ストーリー&感想】(ネタバレあり)
13年前に父リチャードと母メアリーが失踪して以来、伯父夫婦であるベンとメイに育てられてきた高校生のピーター・パーカー。彼は、ニューヨーク市警警部キャプテン・ステイシーの娘で、同級生のグウェン・ステイシーを密かに慕っていた。
そんなある日、ピーターは自宅で父親の残していった鞄を見つける。中には、父の親友であった生物学者カート・コナーズ博士と父の関わりを記したメモが入っていた。父のことを知ろうと、ピーターはオズコープ社で遺伝子を研究するコナーズ博士を訪ねるが、そこで遺伝子操作の実験中の蜘蛛に噛まれてしまう。その翌日、ピーターの体内で大きな異変が起こり始める……。

今回のスパイダーマンは若きピーターと恋人グウェンの話がメインであり、そこに、ピーターの失踪した両親の話が絡み、中盤以降にピーターがスパイダーマンに変身してNY市内でコナーズ博士が変身したリザードとの対決になる。グウェンとピーターの秘めた恋は、NYPD(NY警察)の警部である父には知られず、二人だけの秘密であり、ピーターがグウェンとの夕食に招待されて父と交わす会話がスパイダーマンについて及ぶところが面白かった。
ピーターの両親がある日ピーターを置いて失踪してしまう様子と、その後、伯父夫婦に育てられながらも両親への思いを捨てきれない様子は丁寧に描かれていた。だが、グウェンがアルバイトしているオズコープ社がピーターが父親の手掛かりとして探している場所であり、そこに偶然にも社会見学で乗り込んで彼女と偶然に会うと言う設定は出来過ぎの様な感もするが、そこから手掛かりのヒントを得てコナーズ博士へとやがて繋がるのでしょうがないか?

ピーターの育ての親とも言うべき伯父のベンの死をきっかけに自らの隠された能力をフル活用するために、スパイダーマンへと変身し夜の街で悪の退治に乗り出すが、世間はスパイダーマンを危険人物として扱い、グウェンの父は指揮する立場にいる。そして、変身したトカゲ男ことリザードとの対決に乗り出すのだが、ラストを観ていると続編がありそうな感じなので、また数年後にこの続きが製作されるだろう。

ピーターとグウェンの恋物語として見るとアンドリュー・ガーフィールドとエマ・ストーンのコンビはフレッシュで魅力を感じる。二人共にどこか恋に対して控え目で初々しさを醸し出しているのは好感が持てる。
この作品は3D公開だったが、スパイダーマンがNY市内の高層ビル街を縦横無尽に飛び回るようや、ラストでのリザードとの対決は映像的に見応えがあって良かった。 


コメント (4)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 映画『ローマ法王の休日』を観て | トップ | 人類最強の日本人女性・吉田... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
グウェンとMJ (KGR)
2012-11-25 22:10:38
次回作(2014/5全米公開予定)がどういう設定になるのかわかりませんが、グウェンの将来を思うと複雑です。

次回作にはMJが出るようで、シャイリーン・ウッドリー(「ファミリーツリー」のアレクサンドラ)になるらしいです。
>グウェンとMJ (kintyre)
2012-11-26 22:07:25
こんばんは、スパイダーマン・シリーズはアメリカでは
人気作品ですが、余り間隔を詰め過ぎての公開より
2~3年位に1本の割合の方が良いでしょうね。
次回作はそもそも監督がウェッブの続投か他の監督
なのかでも変るでしょうが、今回のコンビは活かして
もらいたい気もしますね。
TBありがとうございます。 (タケヤ)
2012-11-27 09:12:27
こんにちは。

言われるように主役の二人はフレッシュ
ですよね!
続編が楽しみです。
>TBありがとうございます。 (kintyre)
2012-11-27 23:46:16
こんばんは、今回の主役の二人はスター候補生です
ね。ビッグネームではないから新鮮な魅力を感じます
ね。続編はピーターの両親についてでしょうか?

コメントを投稿

アメリカ映画 2012」カテゴリの最新記事