kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『ハンター』を観て

2012-02-13 18:22:33 | 映画・ホラー,サスペンス,スリラー

12-12.ハンター
■原題:The Hunter
■製作国・年:2011年、オーストラリア
■上映時間:100分
■字幕:伊東武司
■観賞日:2月12日、シネマスクエア東急(歌舞伎町)

 

□監督・脚色:ダニエル・ネットハイム
◆ウィレム・デフォー(マーティン・デヴィッド)
◆サム・ニール(ジャック・ミンディ)
◆フランシス・オコナー(ルーシー)
◆モルガナ・デイヴィス(サス)
◆フィン・ウッドロック(バイク)
◆カラン・マルヴェイ(ライバルハンター)
【この映画について】
幻の野生動物を追い求める孤高のハンターの運命を、オーストラリアの神秘的な大自然を舞台につづる人間ドラマ。『スリーピング ビューティー/禁断の悦び』のメガホンをとった女流作家ジュリア・リーの小説を原作に、無垢(むく)な心の母子との交流を通して、孤高の人生を貫いてきた自らの生き方を見つめ直す主人公の葛藤(かっとう)を描く。
主演は『シャドウ・オブ・ヴァンパイア』のウィレム・デフォー。共演には『A.I.』のフランシス・オコナー、『ジュラシック・パーク』シリーズのサム・ニールら実力派がそろう。(この項、シネマトゥデイより転載しました)
【ストーリー&感想】
百戦錬磨の傭兵として世界中を渡り歩いてきたマーティン・デヴィッドは、バイオ・テクノロジー企業であるレッドリーフ社の依頼で、オーストラリア・タスマニア島を訪れる。目的は、タスマニアタイガーの生き残りを見つけ出し、その生体サンプルを採取するというものだった。
タスマニアタイガーは70年以上前に絶滅したとされているが、その目撃情報を入手したレッドリーフ社はライバルを出し抜くために、凄腕のハンターでもあるマーティンを送り込んだのだ。現地ガイドのジャック・ミンディが用意したベースキャンプは古めかしい木造の民家で、利発な少女サスとその弟バイク、体調不良で寝たきりの母親ルーシーのアームストロング家が住んでいた。

動物学者で環境保護活動に熱心な父親ジャラは数ケ月前に森へ向かい、消息を絶ったという。発電機が壊れ、お湯も出ない家にうんざりしたマーティンは、町のバーに立ち寄って貸し部屋を探す。しかし、森林伐採を生業とする地元の労働者たちはマーティンをエコロジストだと決めつけ、敵対心をむき出しにする。
非合法ハンターの素性を隠して研究者を装うマーティンは、仕方なくアームストロング家に身を寄せる。マーティンは、ガイド役を申し出るミンディを途中で帰し、ひとりで大自然の奥深くへ入っていく。森や草原に動物用のトラップを設置する12日間の調査を何回か繰り返し、タスマニアタイガーの痕跡や行動範囲を特定するつもりだった。しかし1回目の調査で謎めいた銃声を聞き、2回目は人為的に破壊された鉄製トラップを見つける。他人と一切関わらず、冷たい人生を送ってきたマーティンだったが、アームストロング家の子供たちと触れ合ううち、心に変化が訪れる。やがてこの仕事に疑念を持ったマーティンは、密かに近づいてくる脅威との闘いを強いられ、人生最大の決断を迫られる。

ハンターであるマーティンはアームストロング家の主だったジャラが行方不明になっていたことで、ガイド役のミンディに何かしらの胸騒ぎを感じていた。そのアームストロング家に身を寄せていたことで、マーティンが調査で不在の合間を縫って家は何者かに放火されルーシーとサスを失ってしまい呆然とする。
更に、彼は調査中に白骨化したジャラの死体を発見し、マーティン自身も何者かに後を追われ危険を察し始める。レッドリーフ社はマーティンが成果を上げないことから密かに後任のハンターを送っていた。そして遂に...。紆余曲折を経てマーティンはタイガーを視界に捉え、彼の銃はタイガーに焦点を合わせ引き金は...。

結局、彼はレッドリーフ社にタイガーは居なかったと電話連絡し、アームストロング家の生き残りとなったバイクを迎えに行く。彼はハンターとしての生活に見切りを付け、孤児となったバイクと共に生きるのか?でも、レッドリーフ社は容赦するとは思えないのですが...。

前半は幻のタイガーを巡って地元の利益を守りたい地元民の冷ややかな態度に悩まされながらも、タイガー発見の為の情報収集に精を出す。ここで伏線となって来るのが子供から渡された一枚の絵だった。マーティンはそこに何かを感じたからだった。このアームストロング家との交流が要所要所でストーリーを上手く進めるターニングポイントになるのだが、ウィレム・デフォー演じるマーティンは孤独だった人生がここでの家族との交流で心境の変化を感じて来る。孤独な男を演じたら右に出る者はいない?ウィレム・デフォーはハンター生活を上手く演じていた。
サム・ニールも裏に何かを隠していそうな役だったが、ウィレム・デフォーとの絡みは見応えがあった。後半からはタイガーを巡っての駆け引きが繰り広げられながら、最後はこんなハンター生活に嫌気がさして終わると言う展開は、もう一捻り何かが欲しかった気がした。
それでも、実際にタスマニア島でロケした映像がふんだんに使われていることで、ストーリーに真実性を持たせていたと思う。これをどこか別の場所で「タスマニア島」という設定で撮影しても説得力は無かったと思う。

余談ですが、アームストロング家の主だったジャラは「生前」ブルース・スプリングスティーンが好きだった、でも所持していたのは「LP」だった。それは「ボーン・イン・ザ・USA」収録の「アイム・オン・ファイアー」だった。彼が木の陰とかにこしらえたスピーカーから曲が流れて来るシーンは、生前のジャラを語る唯一のシーンとして頭に残った。


コメント   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
« 衝撃!ホイットニー・ヒュー... | トップ | 映画『ドラゴン・タトゥーの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画・ホラー,サスペンス,スリラー」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

14 トラックバック

ハンター/The Hunter(2011) (LOVE Cinemas 調布)
オーストラリアのタスマニア島を舞台にし、絶滅したといわれるタスマニアタイガーを探し求める孤高のハンターを描いた人間ドラマ。主演は『アンチクライスト』のウィレム・デフォー、共演に『A.I.』のフランシス・オコナー、『デイ・ブレイカー』のサム・ニールらベテラン...
ハンター /THE HUNTER (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click デフォーさん観たさに気になった新作。 オーストラリアの女流作家ジュリア・リーの同名原作小説の映画化のオーストラリア映画。 幻の野生動物”タスマニアタイガー”の調査にのめり込む....
ハンター (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
世界遺産に登録されたタスマニアでオールロケを敢行した異色のサスペンス・ドラマ「ハンター」。神話的とも思えるストイックな作風が美しい。世界中を渡り歩いた百戦錬磨の傭兵に ...
『ハンター』 (2011) / オーストラリア (Nice One!! @goo)
原題: THE HUNTER 監督: ダニエル・ネットハイム 出演: ウィレム・デフォー 、フランシス・オコナー 、サム・ニール 、サリバン・ステイプルトン 、ダン・ワイリー 鑑賞劇場: 109シネマズMM横浜 公式サイトはこちら。 書くのがすごく遅くなっちゃいました....
ハンター (ダイターンクラッシュ!!)
2012年2月19日(日) 16:30~ 丸の内ルーブル 料金:1300円(有楽町の大黒屋で前売りを購入) パンフレット:600円(買っていない) 『ハンター』公式サイト 怪人ウィレム・デフォー先生が、意外に真人間を演じるようなので、勇んで行った。が、公開最終週に。 恐ろ...
ハンター(2011) (佐藤秀の徒然幻視録)
タスマニア大自然紀行 公式サイト。オーストラリア映画。英題:THE HUNTER。ジュリア・リー原作、ダニエル・ネットハイム監督。ウィレム・デフォー、フランシス・オコナー、サム・ニー ...
ハンター/ウィレム・デフォー (カノンな日々)
その昔、『タスマニア物語』という邦画作品で幻の動物タスマニア・タイガーを探し求めるというエピソードが描かれていました。私がタスマニア・タイガーを知ったのもこの映画を観 ...
ハンター (とりあえず、コメントです)
タスマニア島を舞台に幻のタスマニアタイガーを追うハンターの姿を描いたサスペンスです。 予告編を観ながら、何故この主人公はタスマニアタイガーを追うのだろうかと気になっていました。 人を寄せ付けないような原野の広大さと、そこに生きる生き物たち姿に静かな感動を...
ハンター (to Heart)
最後の標的。 男は、何に照準を合わせたのか―― 原題 THE HUNTER 製作年度 2011年 製作国・地域 オーストラリア 上映時間 100分 原作 ジュリア・リー 脚本 アリス・アディソン 監督 ダニエル・ネットハイム 出演 ウィレム・デフォー/フランシス・オコナー/サム・ニ...
『ハンター』を109シネマズ木場7で観て、デフォー渋すぎるふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★デフォーだけ見ると星五つ】 デフォーかっくいいな。 あのゴツゴツの顔に今回の寡黙な役が良く似合う。 話の筋よりもデフォーその物の存在感を味わう映画 ...
ハンター (キノ2)
★ネタバレ注意★  ダニエル・ネットハイム監督のオーストラリア映画。主演はウィレム・デフォーです。  フリーランスの傭兵であり、凄腕のハンターでもあるマーティン・デヴィッド(ウィレム・デフォー)は、バイオ企業レッドリーフ社の依頼により、70年以上前...
「ハンター」 (みんなシネマいいのに!)
 オーストラリアのタスマニア島を舞台で、絶滅したといわれるタスマニアタイガーを追
ハンター(2011) (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE HUNTER】 2012/02/04公開 オーストラリア 100分監督:ダニエル・ネットハイム出演:ウィレム・デフォー、フランシス・オコナー、サム・ニール、モーガナ・デイヴィーズ、 最後の標的。男は、何に照準を合わせたのか―― フリーランスの傭兵であり、凄腕のハンタ...
「ハンター」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Hunter」 2011 オーストラリア マーティン・デヴィッドに「インサイド・マン2006」「パリ、ジュテーム/2006」「フェアウェル/哀しみのスパイ/2009」「アンチクライスト/2009」「ミラル/2010」のウィレム・デフォー。 ルーシーに「A.I./2001」「タイムライ...