サラリーマン活力再生

対米追従の政治家・官邸・マスコミ等と闘う「民族派」「国益派」を応援し、「安心して暮らせる社会」を目指すブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

270486 『さいたま市と同じ線量ウクライナで健康な子どもは6%』~ウクライナが示唆する日本の近未来~

2012年11月12日 | 肉体破壊・環境破壊・精神破壊問題
270486 『さいたま市と同じ線量ウクライナで健康な子どもは6%』~ウクライナが示唆する日本の近未来~
 
猛獣王S HP ( 42 東京 営業 ) 12/11/11 PM08 【印刷用へ
『『さいたま市と同じ線量 ウクライナで健康な子どもは6%』~ウクライナが示唆する日本の近未来~』(暗黒夜考~崩壊しつつある日本を考える~)リンクより転載します。
----------------------------------------------------------------
チェルノブイリ原発事故の汚染地帯に暮らすウクライナ国民に深刻な健康被害が生じているという事実については、以前のエントリーにてコメントしてきたとおりである。

フクシマ原発事故以降、日本では年間被曝線量が従来の「1ミリシーベルト/年以下」から「20ミリシーベルト/年以下」に引き上げられたが、年間被曝線量「5ミリシーベルト/年以下」とされるウクライナに長年住み続けてきた住民に、心臓疾患や膠(こう)原病など、さまざまな病気が多発しているのである。

国民の重篤な健康被害を受け、ウクライナ政府はチェルノブイリ事故から25年(26年)経った今、「未来のための安全」なる報告書を纏めて訴えているにも拘らず、”八百長機関”IAEAは「栄養状態の悪化」「ストレス」の影響として、事実上ウクライナ政府の主張を認めていないというが実情である。

ここに「世界の原発利権を牛耳る連中ども」による”強い圧力”が働いていることは自明であろう。

即ち、連中からすれば「商売の邪魔をするな」ということである。

さて、今回以下に取り上げたのは、フクシマ原発事故による放射線の影響がさほど懸念されるに至っていない「さいたま市」と同程度の線量であるウクライナにて、「健康な子どもは僅かに6%」という衝撃的事実を綴った記事内容である。

福島県において佐藤雄平・山下俊一らによる「低線量被曝人体実験」という”非人道的行為”が行なわれている事実については、本ブログにて何度も繰り返しこれを非難してきたが、今回の記事内容より、改めて「外部被曝」よりもむしろ”汚染食材”などを通じた「内部被曝」の方が、より人体に悪影響を及ぼす危険性が高いということを実感した次第である。

即ち、ウクライナの現状からわかることは、空間線量も勿論危険を計る指標であることに変わりはないが、それ以上に、食品を通した「内部被曝」が深刻な健康被害に結びついているということである。

「0.1マイクロシーベルト程度」という空間線量という中で「10ベクレル」の食品を摂取してきたウクライナの子どもたちの健康状態をみると、チェルノブイリ事故から6年後(92年)で健康に問題ない割合が22%だったものが、2008年にはわずか6%に激減し、慢性疾患のある子どもが20%⇒78%に急増したというのであるから背筋が凍る思いを感じるのは気のせいではないであろう。

ウクライナにおける「10ベクレル」という基準値が、今の日本の食品に適用されている基準値「100ベクレル」の10分の1であるという事実を考えると、将来、日本の子どもたちはどうなってしまうのであろうか?

汚染食材が日本全土に流通している現状を考えると、無論、子どもたちばかりではなく、大人も含めた全国民レベルにて甚大な健康被害が顕在化することであろう。

今はまだそれが目に見えて現れていない故、平然と「原発再稼動」を口にし、「原発事故による死者ゼロ」などという軽口を多数耳にするが、いずれ誰もが口をつぐむ”地獄絵”を目の当たりにすることになる可能性が極めて高いと言ってよいであろう。

ウクライナこそ日本の「未来予想図」そのものであり、歌の歌詞にあるように「我が儘ばかりで困らせても寄り添って生きられる」ならよいが、「我が儘どころか冗談すら言えず生きていくこともままならない」という世界が待ち受けていることであろう。

最後に、以下に取り上げた2005年当時の共同通信記事によると、ウクライナ国内にてチェルノブイリ事故に関連した死者は実に「150万人以上」に上ったということであるが、その後、更に健康被害が拡大していることを考えると現時点ではこれを更に上回る死者数になっていることであろう。

5~10年後、30年後のニッポンでは一体どれぐらいの数の国民が亡くなってしまうのであろうか?

本日(11/10)、橋下徹が広島にて「核根絶を訴える日本国民は”平和ボケ”」との暴言を吐いたようであるが、”平和ボケ”しているのはフクシマ原発事故による被曝がもたらす健康被害がまったく頭にない橋下徹のような連中どもであろう。

今の日本政府は、チェルノブイリ原発事故による深刻な健康被害を世界に向けて訴えるウクライナ政府とは”真逆”の道を行く、”情報統制国家”たるベラルーシさながらである。

※参考1「【注目番組】『シリーズ チェルノブイリ原発事故・汚染地帯からの報告「第2回 ウクライナは訴える」』」
リンク

※参考2「【必読記事】『政府、汚染の深刻さを未だ理解せず』~ベラルーシで医療活動を行った菅谷市長が語る真実~」
リンク

※参考3「チェルノブイリの影響が今なお深刻な”独裁国家”ベラルーシこそニッポンの近未来そのもの」
リンク

 ~後略~
----------------------------------------------------------------

*さいたま市と同じ線量 ウクライナで健康な子どもは6%
 2012年11月8日 ゲンダイネットリンク
 
コメント

270485 ガン予防の最前線~唾液のパワーと免疫力アップ

2012年11月12日 | 肉体破壊・環境破壊・精神破壊問題
270485 ガン予防の最前線~唾液のパワーと免疫力アップ
 
猛獣王S HP ( 42 東京 営業 ) 12/11/11 PM08
『ガン予防の最前線(癌病棟からの手紙)』(ヨネムラ歯科)リンクより転載します。
----------------------------------------------------------------
●唾液のパワー

特に、よく噛んで唾液(つば)を出すことはとても大切です。
なぜなら近年、唾液の持つ驚くべきパワーが明らかになってきたからです。
以下に、そのパワーの一端を紹介致します。

a) 一日に1~1.5リットルも唾液腺でつくられる。
b) 糖質(でんぷん)や脂質などを分解する消化酵素がタップリ含まれる。
c) バイ菌を殺す物質(抗菌作用)が含まれ、ムシ歯・歯周病・口臭予防に効果がある。
d) 老化防止ホルモンが含まれ、活性酸素を減らしアンチエイジング対策になる。
e) 食べ物や食品添加物などに存在する発ガン物質を中和する効果がある。

ところで免疫の分野でも、以前は「胸腺」ばかり重要視されていましたが、最近は消化器官(唾液腺・肝臓・すい臓を含む)、とくに『腸』が注目されています。

前述の新潟大学の安保教授は、

『ガンを退治してくれるリンパ球の60~70%は腸内にあり、
副交感神経が優位のときに、リンパ球が活発になる。
一方、交感神経が優位のときは、バイ菌を退治してくれる
白血球(好中球)が活発になる』

と言われています。
すなわち、

副交感神経を活性化すれば、リンパ球が増え免疫力もアップして、
ガンの予防や治療にはとても好都合なのです。

では、どうすれば副交感神経を活性化できるのでしょう?

●ガン予防のための免疫力アップ7つの方法

1)美味しいものをゆっくりよく噛んで食べる(唾液を出す)。
2)適度のアルコールや会話などでストレスを発散し、楽しく食べる。
3)十分な睡眠をとり、腹式呼吸でゆっくり深呼吸する。
4)入浴、体操、マッサージ、音楽鑑賞などでリラックスする。
5)お笑い番組・コメディー映画鑑賞、かわいいペットなどを利用し、笑う機会を増やす。
6)適度な運動やスポーツなど、なにか仕事以外に趣味を持ち、ストレスを解消させる。
7)話題の鈍感力を身につけ、小さな事にクヨクヨせず、おおらかな感謝の気持ちで前向きに生きる。

 ~後略~
----------------------------------------------------------------
 
コメント (2)

268629 減塩なんて必要ない!!~「これを食べれば医者はいらない 日本人のための食養生活」より②

2012年09月14日 | 肉体破壊・環境破壊・精神破壊問題
268629 減塩なんて必要ない!!~「これを食べれば医者はいらない 日本人のための食養生活」より②
 
猛獣王S HP ( 42 東京 営業 ) 12/09/14 AM08
268628の続きです。
『減塩なんて必要ない  「これを食べれば医者はいらない 日本人のための食養生活」 若杉友子 祥伝社』(文殊菩薩(ブログ版))リンクより転載します。
----------------------------------------------------------------
●「適塩」(てきえん)のすすめ

自ら世話をして大切に育てることを「手塩にかけて育てる」といいます。この「手塩」というのは小さな皿に盛って食卓に置いた塩のこと。食事をともにする家族であっても、その日の体調はそれぞれ違います。自分の体調にあった塩加減に調味するようにと置かれたのが手塩というわけです。

塩はとても貴重だったので、この手塩はその家の長が一人ひとりに配っていました。でも、小さな子供は一人前になっていないということで手塩は割り当てられなかったんです。とはいえ、人間にとって塩は必要不可欠なもの。そこで、父親や母親が自分の手塩を、小さな子供にちょうどよい分だけ分けてあげた。そこから、「手塩にかけて育てる」という言葉がうまれたんですね。

いつからか「手塩」は使われなくなり、食卓を囲んだ人は、同じ料理を食べるようになったけど、必要とする塩気は人それぞれ違います。たくさん運動をして汗をかいた子供は、家事をしていたお母さんよりは塩気をほしがるはず。お風呂上がりも汗をかいているから、通常よりも塩気がほしくなりますね。このように、一つ屋根の下に暮らす家族といえども、そのときどきにそれぞれが必要とする塩気は違うものです。

私は、そのときのその人の状態に適した塩気を「適塩」と呼んでいます。l日に10グラム以上摂ってはいけないから、などと言って塩分を控えてしまったら、重労働をしている人は腑抜けになって、次の日の仕事に力が入りません。

味噌汁でもお吸い物でも口に含んだときに「ああ、ちょっと濃いな」と思ったらお湯をさして薄めればいいし、「ちょっと薄いな」と思ったら、塩やしょう油を足して自分がおいしいと思う濃さにすればいいんです。

塩は健康の敵のように思われているけど、必要もないのに減塩をしたら、かえって病気をしてしまいます。

闇雲に「減塩」するのではなく、自分のからだの状態を考え、自分のからだが本当に必要としている塩分をそのときどきにきちんと摂る「適塩」を心がけてほしいと思います。

●神棚を見れば、人間のからだに必要なものがわかる

戦後、生活様式がすっかり西洋化してしまい、今では神棚がある家が少なくなりました。しかし、昔の家には必ずといっていいほど神棚がありました。寝食をする家の中に神棚という神様の居場所を作り、毎日、神棚にお供えものをし、神棚に向かって手を合わせ、自分たちが生かされていることを感謝したんです。

そして神棚にお供えするのは、水と米と塩。お正月やお祭りといったハレの日には、お神酒(みき)や野菜・魚をお供えすることもあるけど、日常的にお供えするのは水と米と塩。そして両脇に榊(さかき)を飾り、ろうそくを灯すのが基本です。

これらのお供えものが象徴しているのは、人間が生きていくうえで必要なものです。榊とろうそくで火をおこし、水と米でご飯を炊く。ご飯だけでは味気ないからそこに塩を加えて、味をまくし、栄養のバランスをとる。

神棚のお供えものは、これだけあったら人間は生きていけるということを教えているんです。裏を返せば、人間のからだには米と水と塩が必要不可欠ということを教えているといってもいいでしょう。

もう一度言いますが、塩は人間が生きていくうえでなくてはならないもの。生命の糧なんです。間違った減塩信仰から抜け出し、ミネラルがたっぷり含まれた本当の塩を、からだに適した分量でしっかり取り入れましょう。

そして、たとえ家に神棚がなくても、どこかにちょこっと水と塩とお米をお供えして、日に一度でもその前で手を合わせ、自分が毎日生かされていることに対し「ありがとうございます」と感謝する気持ちをもってほしいと思います。p-106

---------------------------------
※日本の塩は1905年(明治38年)から専売制となり、塩の生産量や生産方法は政府によって定められるようになり、日本文化の貴重な伝統であった塩田は姿を消した。
---------------------------------

(明るく憂える者コメント)
 私は、二年前に心筋梗塞で突然倒れて心肺停止状態になり人事不詳に陥りました。三途の川を渡る寸前で奇跡的に自ら心臓が動き出し事なきを得たのですが、以前より世界的に玄米・味噌・醤油の日本食を広めた桜沢如一(日本CI協会・マクロビォテック)を学び実践していまして、自然塩は豊富に摂取していました。生命の元は塩である、塩に救われ一命を取り止めたを体験しました。
 その後、飯山一郎先生と出会いまして、いただいた延命草より乳酸菌を作りヨークグルト・延命草を食べて養生をしています。その後の経過も良く年四回の検査も何の問題もないとの医師の診断で年一回検査でいいとのことです。発病する前には必ず体より走ると心臓が痛いとか…シグナルがありました。
 生命は海から誕生したといわれており、赤ちゃんを守る母さんの羊水は海水と同じ成分だそうです。
 減塩キャンペーンは、恐ろしいプロパガンダです。日本人か正しく自然塩を摂取すれば病気の90%が治ってしまうという所見もあります。「適塩」をぜひお勧めします。
 また、私が毎日食べている延命草の漬物も飯山先生のボンポコ笑店で購入できます。
----------------------------------------------------------------
 
コメント

268628 減塩なんて必要ない!!~「これを食べれば医者はいらない 日本人のための食養生活」より①

2012年09月14日 | 肉体破壊・環境破壊・精神破壊問題
268628 減塩なんて必要ない!!~「これを食べれば医者はいらない 日本人のための食養生活」より①
 
猛獣王S HP ( 42 東京 営業 ) 12/09/14 AM08
『減塩なんて必要ない  「これを食べれば医者はいらない 日本人のための食養生活」 若杉友子 祥伝社』(文殊菩薩(ブログ版))リンクより転載します。
----------------------------------------------------------------
減塩なんて必要ない
「適塩」(てきえん)のすすめ

「これを食べれば医者はいらない 日本人のための食養生活」 若杉友子 祥伝社
リンク

●なぜ減塩が叫ばれているのか

「減塩しょう抽」「減塩梅干し」「減塩味噌」、あげくの果てに「減塩しお」なんて代物(しろもの)が出回るほど、世の中では減塩信仰が広まっています。塩の摂りすぎはよくないと言われて久しいけど、この減塩の影響で、貧血、冷え性、低体温、便秘症の人が増えているんです。

塩は人間にとってなくてはならないもの。塩気が足りないと、力が湧いてこないし、元気になれない。具合の悪い人などに「塩梅(あんばい)はどう?」と尋ねるけど、これも「からだの塩気はどう? 足りている?」と聞いているわけです。体内の塩は、汗や涙、おしっこと一緒に毎日排出されます。からだから出て行った塩分をちゃんと補っていくことが、健康の秘訣なんですよ。

じゃぁ、どうして塩は、目の敵(かたき)のように悪者扱いされているのでしょう?

原因の一つは肉食です。

肉はナトリウムの塊(かたまり)で、塩もまたナトリウムからできています。ナトリウムは血中濃度を上げる作用がとても強いため、肉を食べたからだに塩が加わると、炎症を起こして、からだがトラブルを起こしてしまうんです。

経済が回るようにと国や産業界は肉を食べさせたい。
ところが、肉を食べている人が塩を摂っていると、血圧がガーツと上がり、体調を崩してしまう。
だから、塩気を控えるように言っているわけです。

一汁一菜の食事をし、肉は滅多に食べないという人であれば、減塩なんて考える必要はないんです。

それからもう一つの原因は、精製塩が出回ったこと。
精製塩というのは、塩化ナトリウムが99%を占める化学物質です。

天然の塩には、塩素・ナトリウム・カルシウム・マグネシウム・マンガン・ニッケルといったミネラルが含まれているんです。
精製塩とか食塩とかいっているけど、あれは塩ではありません。精製塩と天然の塩とは、天と地ほどの差がある。精製塩は塩化ナトリウム。化学物質だから、体内で悪さをおこすのです。
その精製塩が塩の代用品として多くの家庭で使われるようになったため、高血圧や脳溢血になる人が増えて、「塩分は悪い」と言われるようになったのです。

天然の塩まで悪いものと誤解されないよう、「精製塩が悪い」と言い改めてほしいものです。

●塩は体温を上げ、血をきれいにする

塩に含まれるミネラル成分は、人間にとって必要不可欠なものです。カルシウムとカリウムには、粘膜や筋肉を広げる働きがあり、逆にマグネシウムとナトリウムには縮める働きがある。拡張させるものと収縮させるものが同時に含まれているから、塩をきちんと摂っていると体調が安定するんです。

しかも、質のいい塩には、基礎体力や抵抗力を強くし、胃の働きをよくする作用があります。からだの新陳代謝を活性化させるのも塩であり、血を作り、体温を上げるのも塩。血を舐めるとしょっぱい味がするのは、血液が塩から作られていることの証拠です。血液がちゃんと作られ、血液がからだを巡ることで、体温が上がり、活力が湧いてくるんです。

厚生労働省は塩分摂取量の目安を1日10グラム以下としていますが、昔の人は1日30グラム以上摂っていました。味噌汁で摂り、煮物で摂り、漬け物で摂るというように、バランスよく塩気を摂っていたんです。それでみんな元気で明るく、子だくさんだったんですね。

昔の人と同じ量だけ塩気を摂れとは言わないけど、間違った減塩信仰に惑わされて、塩気を控えすぎないようにしてほしいと思います。塩気が足りないと血液を作る働きが弱くなり、低体温、冷え性、貧血を引き起します。日本人がこぞって減塩したら、それこそ、日本全体に活気がなくなり、日本人が全員しょぼくれてしまいますよ。
----------------------------------------------------------------
続く
コメント

268395 実は「抗がん剤」は効かない?慎重に選ぶべきがんの治療法

2012年09月07日 | 肉体破壊・環境破壊・精神破壊問題
268395 実は「抗がん剤」は効かない?慎重に選ぶべきがんの治療法
 
猛獣王S HP ( 42 東京 営業 ) 12/09/06 PM08
『実は「抗がん剤」は効かない?慎重に選ぶべきがんの治療法』(NAVERまとめ)より転載します。
----------------------------------------------------------------
もし自分や家族が「がん」になったら、どの治療法にするか選択を迫られることになります。しかし、実際に現場で使われることの多い「抗がん剤」はデメリットが大きすぎることが分かってきました。そんながん治療についての情報をまとめました。

▼ 「抗がん剤」は逆に寿命を縮めてしまう可能性も
 
●抗がん剤副作用が強く、科学的な有効率が低い
出典医療タブー!なぜ“寿命を縮める”抗がん剤は使われるのか? | ビジネスジャーナルリンク

抗癌剤には耐え難いほどの倦怠感や吐き気、脱毛などの副作用があります。苦しい副作用に耐えても、たった20%の人にしか効果がなく、しかもがん細胞の消滅ではなく、縮小するだけなんです。もちろん、中には抗がん剤が体に合っていて、高い効果を得られる患者もいますが、薬剤一般としてみるとあまりに効果が低い。

●抗がん剤を投与するとガン細胞と闘うNK細胞を殲滅してしまう
出典検診でガンにされ、無駄な治療で殺されるガン患者 - 薬屋のおやじのボヤキリンク

抗がん剤で一部のガンは縮むことはありますが、ガン細胞は抗がん剤の毒性に対して、自らの遺伝子「反・抗がん剤遺伝子」を変化させ、抗がん剤を無力化させてしまいます。

●抗がん剤は、1割のがん(小児がんなど)にしか効かないことを専門家も認めている
出典医師は抗がん剤の限界を熟知している。知らないのは患者だけ。人気サイトリンク

抗がん剤が効くのは小児急性白血病、悪性リンパ腫、小児がんなどに限られます。

▼ それでも抗がん剤が使われ続ける理由
 
●治療ガイドラインから大きく外れた治療は公的保険が利かなかったり、何か問題が起きたときは、医師個人の責任が問われかねない
出典医療タブー!なぜ“寿命を縮める”抗がん剤は使われるのか? | ビジネスジャーナルリンク

ほとんどのがんは、各専門学会が治療ガイドラインを作成しており、例えば「ステージ2でリンパ節転移がなければ、抗がん剤治療。使う薬剤は○○」と定められています

●抗がん剤がたくさん使われて喜ぶのは製薬会社
出典医療タブー!なぜ“寿命を縮める”抗がん剤は使われるのか? | ビジネスジャーナルリンク

一番喜ぶのは製薬会社です。会社の利益のために、高価な抗がん剤をどんどん使ってほしい。また、厚労省は天下り先として製薬会社が潤っていないと困りますから、抗がん剤を公的保険で認める一方、安価なビタミンCの大量投与という治療は、いまだに保険適用外です。

●あるアンケートで、271人の医師に「あなた自身に抗がん剤を打つか」と質問したら、270人が「断固NO」と回答
出典検診でガンにされ、無駄な治療で殺されるガン患者 - 薬屋のおやじのボヤキリンク

、ガンになった東大医学部の4人の教授たちは、患者に抗がん剤を繰り返し打ってきたのに、自分たちがガンにかかると、4人とも抗がん剤は断固拒否し、食事療法でガンを治したという呆れた話も

▼ 抗がん剤を使わない場合、どんな代替療法があるのか?

●高濃度のビタミンC注射

ビタミンCに抗がん作用があるということは、かなり昔から言われていました。高濃度ビタミンC大量投与は、点滴でビタミンCの血中濃度を一気に上げる方法です。抗がん剤より効き目が高く、副作用がない治療法です。
リンク

●抗がん漢方 カイジ顆粒

カイジ(槐耳)は、老齢の槐(えんじゅ)の木に生えるキノコです。「PS-T」という多糖タンパクがん細胞の自然死や自己免疫の活性化などの効果があると言われています。実際に中国では「国家Ⅰ類漢方抗ガン新薬」に認定され、治療に使われています。
リンク 

●サイトカン療法(免疫細胞療法)

免疫細胞療法は、元々自然に身体に備わっている「免疫システム」を利用したがん治療です。サイトカインは免疫細胞が作る情報伝達を行う物質で、「インターロイキン2」や「インターフェロン」といった薬剤を体内に入れ、間接的にリンパ球などの免疫細胞を増やしたり、活性化したりすることでがん細胞の死滅を目指します。
リンク

●ソアラ療法

ソアラ療法は、温水を用いた全身温熱療法により、外から熱を加え人間にもともと備わっている自然免疫力にスイッチを入れる療法です。 『がん細胞は熱に弱い』という事実は、すでに紀元前3000年の古代より知られており、数々の論文も存在します。最近では癌細胞は熱に弱く43℃の熱で死滅するという性質を利用し、電磁波等で局所を加温しがん細胞を熱で直接死滅させる局所ハイパーサーミアが行われています。
リンク
----------------------------------------------------------------
 
日本の独立
植草一秀
飛鳥新社
コメント

268105 競争して病むことよりも健康第一~老子の言葉~

2012年08月30日 | 肉体破壊・環境破壊・精神破壊問題
268105 競争して病むことよりも健康第一~老子の言葉~
 
猛獣王S HP ( 42 営業 ) 12/08/28 AM10 【印刷用へ
古代中国の社会は現代社会と全く同じ問題を抱えていたのでしょうか。
『競争して病むことよりも健康第一』(伊勢ー白山 道)リンクより転載します。
----------------------------------------------------------------
老子の言葉 第三章

(独自の超訳)

国家や会社の経営者が、試験による資格を持つ者ばかりを採用することが無ければ、人々が互いに卑怯な競争をしたり、他人を蹴落としたり、弱者をイジメる事もなくなるだろう。

金銭が有れば何でも出来る・許されるという風潮を社会の経営者が造らなければ、民衆が泥棒や詐欺を行うことはありません。

また、マスコミや報道が、人々の欲望を刺激する様な情報を流すのを絶てば、人々の心は落ち着くでしょう。

だから「人が生きる道」を知っている真の聖人が行う政治と経営というものは、民衆にムダな競争をさせることを止めさせて、その代わりに心身を健康に保つ行事・習慣を社会に持たせます。

民衆が互いに競う・比較し合う気持ちから発生するストレスを少なくして、その分は心身を強く保っていれば、間違った知識や野心を持つ一部の人間に民衆がダマされることが無くなります。間違った経営者が、社会に生まれなくなるのです。

このようにして世の中を自然と安泰に治めることが、聖人には可能なのです。


原文
「不尚賢、使民不爭。不貴難得之貨、使民不爲盗。不見可欲、使民心不亂。是以聖人治、虚其心、實其腹、弱其志、強其骨。常使民無知無欲、使夫知者不敢爲也。爲無爲、則無不治。」

 ~後略~
----------------------------------------------------------------
 
コメント

267479 農業ってこんなだったか…?凄まじい進化

2012年08月12日 | 肉体破壊・環境破壊・精神破壊問題
267479 農業ってこんなだったか…?凄まじい進化
 
猛獣王S HP ( 42 東京 営業 ) 12/08/11 PM09 【印刷用へ
良く纏まっています。
『農業ってこんなだったか…?凄まじい進化』(NAVERまとめ)リンクより転載します。
----------------------------------------------------------------
農業ってなんだか地味…そんなイメージを持っていたのですが、最近は若い人でも農家をやりたい!という人が多く、中には脱サラして農業を始める人もいるようです。そして、IT技術をどんどん取り入れており、企業も力を農業のIT化に力を入れています。今後、農業のイメージが払拭されるかもしれませんね。

●いま、農業が熱い

IT技術の導入や、農業に取り組む若者が増えてきているようです。

○クラウド革命が起こっている

出典 農業にもクラウド革命:日経ビジネスオンラインリンク
日立や富士通、NECなどの企業が、農業のIT化に乗り出している!SNSを取り入れて、生産者と消費者を結びつけるなど「顔の見える」サービスが提供されている。

○大学農学部の志願者が過去最高!「農業男子」なる言葉もできた

出典 ニコニコニュースリンク
女性誌などで「農業男子」の特集が組まれて人気に火がつき、農学部の志願者も増えてきているとのこと。

○農業を勝てるビジネスとして始める若者も

出典 大島七々三著 - からだ想いさんシリーズ女子編集部ブログ|総合出版社アスペクトリンク
まったく新しいスタイルの農業も増えてきており、ビジネスとして始めたいと思っている人も多いようです。

●注目されている農業のIT技術

◎インターネット上で畑を管理「Akisai」

富士通が作ったサービス。実現すれば消費者としてのメリットも大きいですね。

○PCだけでなく、スマホやタブレットで、農家や農業指導員と情報を共有できる

出典 富士通が農業支援サービス スマホやタブレットにも対応 - SankeiBiz(サンケイビズ)リンク

○農場の気温や日射量、農作物の画像、作業実績などのデータをクラウド上で管理

出典富士通が農業支援サービス スマホやタブレットにも対応 - SankeiBiz(サンケイビズ)リンク
センサーやカメラを使って、農場の管理ができるとのこと。

○全国で10の農業法人で約3年間の実証実験を行い作り上げた

出典 クラウド・サービス「Akisai」開始|クラウド・コンピューティング|トピックス|Computerworld 
リンクまさに農業法人の人々と一緒に泥にまみれて作り上げたサービス。

◎農業ICTクラウドサービス

NECがネポンと共同して作ったサービスです。

○遠隔からハウス内の状況把握ができるサービス

出典 ネポンとNECが農業ICTクラウドサービスを提供開始(2012年5月9日): プレスリリース | NEC リンク

○収穫時期が的確に判断できる

出典 農業IT化で激突 人材育成の富士通、新型センサーで挑むNEC  :日本経済新聞 リンク
増産につながるだけでなく、作物の品質が高まるとのこと。

○何番の農地にいつ作付けをすればいいか、コンピューターが瞬時に指示

出典 農業IT化で激突 人材育成の富士通、新型センサーで挑むNEC  :日本経済新聞リンク

●最近はこんなサービスも

◎メイド付き農園

「山形ガールズ農場」が行なっている農園。オーナーが畑に行けない期間は、ガールズメンバーが、代わりに野菜のお世話をしてくれるという。
リンク

◎秋田若手農家集団「トラ男」

トラ男とは「トラクター×男前」のこと!イケメン農家が作ったお米を直接購入できるサービスです。

リンク

●農業はこんなに楽しい!若い農業者の声

○自然に自分が左右されちゃうなんて、他の仕事にはないですよね。そこが逆に面白いなと。

出典 「働くイケメン男子Vol.8」 農家・吉岡龍一さん | キャリア | マイナビニュースリンク

○時間に追われるという感覚はほとんどない。やばい、暗くなる前に終わらせな、っていう焦りはあるけど(笑)

出典 百姓はえらい in 鮎河: 農業の良さの検索結果リンク

○「地域に生きること」の価値観に気付いたら、すごく面白い

出典 「働くイケメン男子Vol.8」 農家・吉岡龍一さん | キャリア | マイナビニュースリンク
農業に携わっていると、お年寄りが声をかけてくれて、応援してくれるとのこと。
----------------------------------------------------------------
 
コメント

267315 放射能から命を守る6つの方法

2012年08月07日 | 肉体破壊・環境破壊・精神破壊問題
267315 放射能から命を守る6つの方法
 
猛獣王S HP ( 42 営業 ) 12/08/05 PM07 【印刷用へ
『「簡単にできる放射能から命を守る6つの方法」』(Dr. Gabriel Cousens)リンクより転載します。(引用元:『放射能から命を守る6つの方法 』(玄のリモ農園ダイアリー)リンク
----------------------------------------------------------------
福島原発災害からの放射能を含む海流は現在北米沿岸に到達している。1987年のチェルノブイリ原発事故以来8ヶ月で、北米沿岸地域の乳幼児死亡率は245~900%上昇した。その事実から、放射能は封じ込めることが不可能であり、それは世界中を汚染することを私たちは学んだ。

私たちは福島からの絶えまない放射能海洋汚染以外にも、さまざまな”日常的”な放射線被曝を受けている。放射線医療機器からの漏洩、空港の身体チェック、原子力潜水艦事故、劣化ウランの影響、CTスキャンやエックス線検査、放射能汚染されたタバコの煙、電子レンジ、食品被曝など多数ある。

例えば、原子力災害と事故:1985年までの15年間に、世界14カ国で151件の深刻な原子力事故があり、また原子力発電所では27,000件の事故が報告されている。

X線:放射線疫学の世界的権威アリス・スチュアート博士はエックス線検査を受けた妊婦の幼児は、受けない妊婦の幼児より白血病の発症率が2倍になることを発見した。

喫煙:タバコの煙には放射性粒子が含まれている。タバコ栽培で使用されるリン酸化学肥料にはラジウム226、そしてラジウム226の分裂生成物であるポロニウム210と鉛210、そしてカリウム40という放射性物質が含まれている。

私たちは福島災害の直接的な影響だけでなく、長期的な日常の危険な放射線被曝から私たちと家族たちを守ることが重要である。

私たちにできる6つの基本的方法:

1)食べ物を選ぶ
からだに十分なミネラルを摂っていれば、細胞は健康なミネラルに満たされる。細胞内に十分なミネラルがあれば、それ以上放射性ミネラルが吸収される可能性が減る。

2)キレート(金属原子を中心にもつ錯体分子)
ある種の食べ物は放射性物質をとくに取り込み、膀胱と腎臓の排泄作用で体外に排泄する。海草類は自然界で最高のキレート剤であるアルギン酸ナトリウムを含む。ただ、出来るだけ汚染のない産地のものを選ぶこと。

3)抗酸化食品を増やす:被曝によってできるフリーラジカルを防ぐために抗酸化剤や食品と酵素をとる。

4)特に必要な食べ物と薬草:スピロリーナやクロレラ、大根、小松菜、キャベツ、ブロッコリーなどのアブラナ科野菜を増やす。蜂花粉(一日小さじ2杯)。ガーリックとタマネギを増やす。シベリア朝鮮人参、朝鮮人参、ローズマリーなど。

5)アルカリ性の有機野菜
細胞液のPHがわずかにアルカリ性の方が細胞の酸化防止に役立つことが実証されている。アルカリダイエットとは、つまり野菜の生食ダイエットのこと。食物連鎖の放射能の生体濃縮を避けるためになるべく動物たんぱく質は避ける。ドイツのハイデルベルク大学の1978年の研究調査では、野菜にくらべ牛乳は15倍、牛肉は30倍の放射能が検出された。

6)政治的活動:放射線被曝から私たちを守るために、脱原発、劣化ウラン弾禁止、核兵器禁止、そして携帯電話とその中継搭の削減を求める政治的活動に関わる。
----------------------------------------------------------------
 
コメント

267284 日本人を守っていたのは日本の食生活~日本人には海のミネラル摂取が多かったことに要因があった

2012年08月07日 | 肉体破壊・環境破壊・精神破壊問題
267284 日本人を守っていたのは日本の食生活~日本人には海のミネラル摂取が多かったことに要因があった
 
猛獣王S HP ( 42 東京 営業 ) 12/08/04 PM08 【印刷用へ
『何事もバランスが大切です』(伊勢ー白山 道)リンクより転載します。
----------------------------------------------------------------
 ~前略~

チェルノブイリ周辺の住民と比較しましても、日本人の放射線に対する耐性と食生活・食料流通能力(遠方の安全な食材が当日に来る)は世界一かも知れません。問題は、チェルノブイリでも被災5年目以降から甲状腺の病気や腫瘍発生の問題が起こっていますから、これからも上記の良いデータが継続するように食生活への配慮が大切だと思います。

私は日本人ならば大丈夫だと思っています。なぜならば、アメリカは1946年~1958年の12年間に、連続して23回も太平洋のビキニ環礁で大型の核実験を繰り返しましたが、これに日本人は知らずに耐えたからです。ビキニ環礁などは、飛行機に乗れば日本の近所の感覚の場所です。
昭和30年代の東京都におけるホウレン草の被曝データなどは、驚くべきデータが記録されています。日本人は、近隣の海上で大型の原子爆弾を爆発させるという、福島の事故以上の被曝を12年間も知らずに耐え続けたのです。
もし現代の放射線への測定能力と情報公開があれば、当時の日本はパニックに成ったことでしょう。知らぬが仏だったのです。この昭和20年代~30年代の日本は、経済も人口も昇り龍のように順調に増大しています。

これを見て陰で不思議がっていたのは、アメリカの研究者だと思います。白人における被曝影響との違いから、放射線に対する人体への影響の認識が変わったことでしょう。
日本人を守っていたのは、日本の食生活だったと思います。海水塩・海藻・味噌汁・納豆・発酵食品・・・・。
言えますことは、日本人には海のミネラル摂取が多かったことに要因があったと思います。
この一方で、海水塩について色々と調べていますと、

(1) 昔の日本人は背が低くて短命だったのは、海水塩のミネラル過多(ニガリ成分)が原因だった。
過剰なミネラルの消化には、カルシウムが結合して消費されるので、身長が伸びない。
腎臓もミネラルで硬化するので、昔の日本人は腎不全で長生きが出来なかった。

(これは逆に言えば、放射線が骨に蓄積することを防止して、排泄させたのでは?
日本人は魚を食べる習慣があるので、偶然にカルシウムを多く摂取していたからミネラルの害が中和された?)

(2) ミネラルとは、人体の必須「微量」元素であり、過小でも生命が維持できないし、過剰では有害であるということ。バランスが大事だということ。
微量とは、微量であってこそ初めて「機能する」成分であること。

以上のような、海水塩のミネラルに関する1つの考察を読みました。
ここで、三木先生(リンク)の話と、私が試している飲用からの感覚では、

(3)海水塩で大切なのは、そのミネラル分量の多さでは無くて、そのバランス比率であると感じています。
ある研究者によりますと、

A)通常の塩化ナトリウム99%の食卓塩・・・・・これは、ミネラルがゼロなのでダメ。

B)海水塩という名称で安価に市販されていて、塩化ナトリウム約95%、ミネラル分が3%ぐらい。(カリウム・塩化マグネシウム・・・・などの成分明記あり)
・・・・これはミネラルが少ないですが、これが人体に丁度良いという研究者もいます。

C)特殊製法により、塩化ナトリウム約80%ほどでミネラル成分が20%ほどの沖縄などの高価な海水塩。
・・・・これは海水に成分比率が非常に近いので、三木先生の理論には適しています。しかし、問題はその摂取量です。
摂取量が多い場合は、上記のようなミネラル(ニガリ成分)の弊害を考慮しておけば安心です。
一番良いのは、食材と合わせる料理に使用することです。食材のタンパク質・カルシウム分とニガリ成分(塩化マグネシウム)が接触して懸念成分が改善すると思います。とても良い味がします。

問題は、蒸留水などの水分に海水塩を直接に入れて飲む場合です。医師の指導でも、塩分なしの水分摂取だけでは熱中症を防げないと指導しています。
この場合、Bの海水塩では、1日の塩分摂取量(6~10g)を守れば良いですが、Cの海水塩ではミネラルが多すぎると思います。室内で過ごす人の場合は、大きなコップに耳カキ1回分の超微量の加味で良いと思います。希釈すればニガリ(ミネラル)の弊害を防止して、「海水の成分比率」を体内に摂取することに成ると思います。
とにかく言えますことは、海水塩を摂る場合は、カルシウムの摂取も心がけておけば安心であり人体にも良いです。

カルシウムならば、ヨーグルトなどに良い海水塩を少量入れて朝に食べてから出勤しますと良いかも知れません。
海水塩を入れて15分間もすれば、ヨーグルトのタンパク質・カルシウムと海水のニガリ成分(ミネラル)が混ざって良い感じです。

 ~後略~
----------------------------------------------------------------
 
コメント

267278 飯舘村の放射線量改ざんの実情~飯舘村は原子力ムラのコントロール下に置かれている

2012年08月05日 | 肉体破壊・環境破壊・精神破壊問題
267278 飯舘村の放射線量改ざんの実情~飯舘村は原子力ムラのコントロール下に置かれている
 
猛獣王S HP ( 42 営業 ) 12/08/04 PM07 【印刷用へ
古い記事ですが、非人道的なことが行われている現実です。
『飯舘村のアキれた実情 酪農家はミタ 放射線量改ざん』(ゲンダイネット2012年2月21日掲載)リンクより転載します。
----------------------------------------------------------------
「除染はビジネス」「村長は経産省キャリアの繰り人形」
「飯舘村は原子力ムラのコントロール下に置かれている」――。福島原発事故で高濃度の放射能汚染に見舞われた飯舘村の酪農家、長谷川健一氏(58)が「原発に『ふるさと』を奪われて」(宝島社)を出版。20日、都内で会見を開いた。著書は原発事故直後から現在に至るまでの村の日々をつづったルポだが、驚くのは村民の被曝の影響を無視し、今も汚染の実態をヒタ隠しにし続ける村や国の対応である。

「強制的に下げられた放射線量の数値が全国に公表されている」――。20日の会見で、長谷川氏は、仰天の「放射線量改ざん」疑惑を暴露した。
「昨年11月末ごろ、国の除染モデル事業を請け負った大成建設の作業員とみられる10人ほどが、村のモニタリングポストを高圧洗浄機で洗い、土台の土をソックリ入れ替える作業を行っていた。その様子を複数の村民が目撃していたのです」

文科省が20日夜に公表した飯舘村の放射線量は、毎時0.755マイクロシーベルト。長谷川氏によると、村内に設置された別のモニタリングポストだと、最近も平均毎時3マイクロシーベルトだ。

国は「改ざん」数値を根拠に「飯舘村の線量は下がった」と喧伝したいのだろう。フザけた話だ。

長谷川氏は、国の主導で進む除染事業の効果にも疑問を投げ掛ける。飯舘村の75%は山林だ。しかし、除染の実施範囲は農地や住宅地ばかり。

「どんなに除染しても、山から(放射性物質が)浮遊してくれば意味がない。彼ら(請負業者)にとって、除染はビジネス。線量が下がろうが、下がらなかろうが関係ないのです」

そもそも、飯舘村の放射能汚染への対応は最初からデタラメだった。

長谷川氏の著書によると、3号機が爆発した昨年3月14日当時、役場にあった線量計は「毎時40マイクロシーベルト超」を計測した。平常時の年間許容量(1ミリシーベルト)を1日余りで超える危険水域だ。驚く長谷川氏に、村職員は「この数字、公表しねえでくれよ。(菅野典雄)村長から『絶対人に言うな』と止められている」と“口止め”した。

京大原子炉実験所の今中哲二助教が3月下旬に村内各地で計測した放射線量を菅野村長に伝えた際も「とにかくこのデータは公表しないでほしい」といった問答が、しばらく続いたという。

村にはその後、山下俊一長崎大教授(当時)ら放射線専門家が入れ代わり立ち代わり訪れ、「安全だ」「大丈夫だ」と吹聴し、やがて〈放射能をことさら危険視するほうがおかしいという雰囲気さえ漂い始めた〉。

長谷川氏は、村の復興計画会議の委員に原発推進派の識者が含まれたことを挙げて〈すでに飯舘村は原子力ムラの御用学者たちに牛耳られている〉と強調。20日の会見では、菅野村長を操る黒幕の存在についてこう言及した。

「実は今、菅野村長の行くところすべてに付いて回っている経産省の官僚がいるのです。村役場でも、常に村長のそばにいる。そして、マスコミの取材の際もその彼が出張ってきて、あれこれと指示を出しているんですね。今では彼がマスコミ取材対応の窓口となって取材をさばくようになった」

これでは、村長が村民無視で経産省の操り人形になっていても不思議はない。やっぱり国の放射能対策を信じてはダメだ。
----------------------------------------------------------------
 
コメント

266079 福島市から避難したお母さんからのコメント

2012年07月04日 | 肉体破壊・環境破壊・精神破壊問題
266079 福島市から避難したお母さんからのコメント
 
猛獣王S HP ( 42 営業 ) 12/07/01 AM10 【印刷用へ
『福島市から避難したお母さんからのコメント』(お母さんたちをつなぐブログ)リンクより転載します。
----------------------------------------------------------------
福島県福島市から現在、兵庫県へ避難しているママからの貴重なコメントです。
マスメディアの報道だけを見ている皆さんも現実を知ってください。

ご本人からの許可を得て転載されているものです。

*****************************
私が福島にいる頃、子供たちが『ぼくたちどうせ死ぬんでしょ!?』などという台詞は日常的でした
初めは言葉に詰まっていた大人もだんだん
『そう、だから死なないように避難するんだよ』
という説得の言葉になりました

暑い夏も窓を閉め、長袖にマスクで授業を受けなければならない子供たち
体育も外遊びも一切禁止!
学校の校庭が使われないから背丈ほどの草が生えていました
子供たちが土や草木を触ろうとすると親はヒステリックに怒り、側溝の上も歩かせないように気をつけました

ガイガーカウンター(放射能測定機)を買い、計ってみると驚くほどの数値が家の中でもあり、
みんな窓際から子供ベッドを部屋の真ん中に移し

食事にも神経を使い
家の屋根や壁は高圧洗浄機で除染をし
通学路の土を削り
せめてもと週末は他県に避難をし
そこまでしても、鼻血を出す子が続出し、下痢、頭痛が止まらない子がたくさんいました

娘の友達が何人も白血病の初期症状と診断され、甲状腺の異常が見つかった子もたくさんいました

母親たちはいてもたってもいられず避難しようとしますが、

家庭や職場などで意見の食い違いが起こりあちこちで揉め事が絶えなくなりました

うちも避難はしたものの、震災後10ヶ月間もいてしまったので娘がいつどうなるかわかりません
娘は一生その不安を抱えて生きていかなければなりません

一番危険な10ヶ月、避難できず福島にいてしまった親としての罪、

無理矢理引き離して子供から全てを奪ってしまった親の罪
何が正しかったのか全くわからず、どちらにしても子供には申し訳ないという思いだけです

報道も福島の現実はタブーとされ一切伝えられません
他県でも福島は閉じ込めておいて自分たちにふりかからなければいいという考えなのでしょうか?
また、今だに『大袈裟な』と思ってる方も多いのでしょう

原発再稼動などして、もし何かあったらどうするのでしょうか?
自分たちの所は起きないと思っているのですかね?
日本の中でこんなことが起こっているのに
なぜ日本人は目を覚まさないのか
不思議でなりません

大飯原発
何かあったら神戸あたり風向きによってはかなり酷くなる可能性がある距離です
しかも避難区域にならないから一番悲惨でしょう
なぜ皆さん焦らず平和でいるのか不思議でなりません
----------------------------------------------------------------
 
コメント

265526 農薬使用量世界一の国は?

2012年06月20日 | 肉体破壊・環境破壊・精神破壊問題
265526 農薬使用量世界一の国は?
 
猛獣王S HP ( 42 営業 ) 12/06/17 PM00 【印刷用へ
>肥料が大量に使われ、それに比例して農薬も使われていく。それが私たちの日々の食事から毎日体に入り蓄積されていくのですから。
>化学物質先進国であるのと同時に、肥料・農薬先進国という実態も知らなければなりません。

以下の図録によると、農薬使用量世界一の国は日本のようです。これには驚きました。

主要国の農薬使用量推移
リンク
 
コメント

265525 プルトニウム汚染地図の衝撃

2012年06月19日 | 肉体破壊・環境破壊・精神破壊問題
265525 プルトニウム汚染地図の衝撃
 
猛獣王S HP ( 42 東京 営業 ) 12/06/17 PM00 【印刷用へ
『プルトニウム汚染地図の衝撃』(院長の独り言)リンクより転載します。
----------------------------------------------------------------
事故当初から、プルトニウムは重いからとばないと 御用学者たちが話していました。

●東大病院放射線科准教授・中川恵一&日本原子力技術協会最高顧問・石川迪夫「プルトニウムは非常に重いので遠くへ飛散しない」リンク

アナウンサー「一般市民、私たちの生活にはどんな影響があるんでしょうか?」
中川恵一「「はい、これはありません」「この物質は非常に重いんですね。ですから、ヨウ素のように飛散していくことがありません」「わたしが生まれた50年前、プルトニウムの量は今の1000倍だったんですよ」
アナウンサー「半分の威力になるまで2万4000年かかるということですね」
中川恵一「繰り返しですけども、一般住民の方に影響が出るということは基本的にはない。ですからご安心いただいていいと思います」

また、今年4月のテレビ朝日「朝まで生テレビ!」で、日本原子力技術協会最高顧問の石川迪夫(みちお)は・・・

「プルトニウムが重いから、福島第一原発の敷地内に落ちて、外には飛散していないよ」と断言した。

また、「60年、100年だって耐久性に問題ない。大丈夫ですよ原発は」「原発の作業員だって250mSvまで大丈夫なんだから。20msvなんて気にすることない」「1000年に一度の津波のせいでね、こうなったんだからね」と余裕ともとれる発言を行っていた。  
***************************************

まあ、他にもたくさんの方が言われていました。根拠は恐らく次の通り

空気は、窒素80% 酸素20% の組成ですから、質量数で考えれば、
28x0.8+32x0.2=28.8

プルトニウムは質量数が 239 ですから、
239 ÷ 28.8 = 8.3倍

重いというのは事実です。しかしながら、原子そのものですから花粉よりも何よりも軽いわけです。たき火などをすれば、空気よりもはるかに重い灰などがひらひらと空中に舞うのを見れば、単に空気より重いか軽いかで、遠くまで行くかどうかの目安になるはずがありません。気体液体の差などはありますが、大ざっぱに考えると上の通り。仮に大石のように重いのならばもちろんとびませんが、ちょっと考えれば、プルトニウムのプルームがとばないというのは大嘘だとわかる話です。

とある方から、プルトニウム汚染地図をいただきました。

この地図の原典リンク

セシウムの分布とは明らかに異なった様相です。しかも、ネット上ではひっそりと発表されていたにもかかわらず、わかりにくい数値のみで、このように濃淡をつけた地図としては誰も発表していません。
宮城県、茨城県にもプルトニウムが飛散しています。実際、南相馬を訪問した枝野氏・岡田氏

2011.4.18(枝野氏)リンク
2011.5.8(岡田氏)リンク

お二人ともこの汚染をよくご存じだったのでしょう。岡田氏は、手袋をしたまま握手をしています。

このような方たちが原発は安全だから、再稼動と話して誰が信用するのでしょうか。

また、放射能ガレキは、安全と全国行脚している中川恵一氏
「被災地のガレキは放射能に汚染されている」というのが反対の理由のようですが、岩手や宮城のガレキの放射能が特に高いわけではありません。東北全体に対して「穢れ」のイメージを持っているのだとしたら許せません。

プルトニウムは重いからとばないとウソをついておきながら、今回はガレキは安全と神話をばらまく。1年足らずのうちに数限りないウソをばらまいているのに逮捕も何もされないのは、東大の権威をまとっているからでしょうか。

 ~後略~
----------------------------------------------------------------
 
コメント

265387 ホルムアルデヒド事件、壮大な「国家隠蔽プロジェクト」があった!

2012年06月15日 | 肉体破壊・環境破壊・精神破壊問題
265387 ホルムアルデヒド事件、壮大な「国家隠蔽プロジェクト」があった!
 
猛獣王S HP ( 42 営業 ) 12/06/13 PM05 【印刷用へ
にわかに信じ難いですが、筋が通っていて納得です。
『ホルムアルデヒド事件、壮大な「国家隠蔽プロジェクト」があった!』(飄(つむじ風))リンクより転載します。
----------------------------------------------------------------
まあ、間違いないだろう・・・・?!
何を隠蔽したのか?
ダム放流による放射能(放射性物質)の隠蔽だ!
そのメカニズムを分かりやすく・・・・

簡単に要約する。

大量に放射能は河川の流域面積を覆っている。これは事実だ。その量は、風向きによってそれぞれ異なるが、膨大だ。それらは最終的に流域の河川に最終的に流れ込む。

表面を流れる水には、放射能は低減しているが、泥や落ち葉には濃縮され次第に濃度を増している。それらはダムに集積される。

やがて冬を迎え、底に沈む。水は4度Cでもっとも重くなるから、ダム湖底はそれらのたまり場となり、放流している表層水からは放射能は低いままとなる。

やがて春が来て、ダム全体が4度Cに均一化する頃、湖底の水は対流し、表層水も放射能濃度が増してくる。春先には梅雨の前哨戦の雨期がある。いわゆる菜種梅雨である。

今年は、ニュースでも明らかなようにこの春、かなりの雨量を記録した。

本格的な梅雨期を控え、放流が不可欠である。しかし、出来ない。なぜなら、大量の放射能を放流することになるのは目に見えているからである。

最初は、ちびりちびり放流(表層水)をしていたが、このままでは、ダムを乗り越える虞も出てきた。一斉の放出するために策を考えた。

それには問題がある。これまで湖底に沈み静かであった水中放射能が、攪拌されダム水全体に及んだ高濃度放射能を気づかれることなく、放流する方法はないか?

これが壮大な「国家隠蔽プロジェクト」の理由である。

これがホルムアルデヒドである。

これは過去にも『実績』がある。大騒ぎを起こして、浄水場の取水を止める必要があった。かくて、企業、産廃業者を巻き込んだスケープゴートを準備して、そのプロジェクトは胎動したというわけである。

案の定、ホルムアルデヒドあるいはその前駆物質は密かにばらまかれ、ニュースとなった。大騒ぎすると同時に、浄水場の取水は停止された。その間、ダムの放流は一気に進められ、予定貯水量(約70%)に達すると、放流は停止した。

水質検査は、ホルムアルデヒドもそうであるが、それ以上に放射能の検査を確認し、安全宣言を出す。勿論、ホルムアルデヒド安全宣言である。そして、おもむろに原因究明が為される。

予てからスケープゴートに準備された企業、産廃業者が発表される。

その間、世間を欺く必要があるため、目をそらす必要がある。河本(親)生活保護給付不正(?)問題は、こうしてスクープされたのである。

河本(親)生活保護給付不正(?)問題も実は深刻である。が、今の問題かと言えば、積年の問題だ。放射能問題は喫緊の重大隠蔽事項だ。

かくて、首尾良くプロジェクトは完了した。

 ~後略~
----------------------------------------------------------------
 
コメント

265282 福島原発事故の全国放射能汚染の本当の原因~隠蔽された福島原発2号機のドライベント②

2012年06月13日 | 肉体破壊・環境破壊・精神破壊問題
265282 福島原発事故の全国放射能汚染の本当の原因~隠蔽された福島原発2号機のドライベント②
 
猛獣王S HP ( 42 営業 ) 12/06/10 PM07 【印刷用へ
265281の続きです。
『福島原発事故の全国放射能汚染の本当の原因→隠蔽された福島原発2号機のドライベント。』(世界の真実の姿を求めて!)リンクより転載します。
----------------------------------------------------------------
もし2号機の圧力抑制プールが破壊していたなら、もっと高濃度の放射能が2号機周辺を覆い、半永久的に周辺は誰も立ち入ることができない場所となっていたはずである。

数回のドライベントが10000マイクロシーベルトを超えた時点で、放射能量が減少している下図を見れば、

明らかにドライベントが意図的に行われていた。

2号機のドライベントが行われたことが、隠されている。

また、2号機がドライベントをするとき、なぜ前もって、国民に知らせなかったのか?

なぜ報道機関は2号機がドライベントをすることを、前もって知らせなかったのか?

2号機がドライベントをすることを知っていれば、3月15日と16日に、多くの住民が、凄まじい放射能の大気から被爆せずに、逃げられたかもしれない。

2号機のドライベントが事故によるものだったのか?

東電、若しくは政府が意図的に行ったドライベントだったのか?

ドライベントの真実を明らかにすべきだと思う。

3月下旬まで、他にも、ベント操作に依る少量の放射能放出が何回もありましたが、
その量は、二号機のベントによる放出より遙かに少ないです。

全国に撒き散らされている放射能のほぼ全ては、3/15~/16にベント操作が行われた、2号機からのものと推測しました。

1号機、3号機からの放出量より圧倒的に大量の放射能が2号機から放出されたのは、意図的に、あるいは、異音があったことで損傷したと推測される圧力抑制室の水がなくなっていたためか、水のフィルターを通らないで大気開放されたためだろう、と推測します。

地震直後の2号機の原子炉パラメーターの詳細な検討から、

1.大気に放出された放射能の大半は、2号機から放出されたと言えます。

2.水フィルターを通さず、放射能を直接大気に放出させるという、乱暴なベントが行われた、と思われます。

1号機のベントと3号機のベント(両機とも水フィルターを通している)を行った結果、放射能が急増、最高200-300マイクロシーベルトとなった。
しかし、1号機と3号機の爆発では放射能の急激な増加は見られない。
このことから、ベント(水フィルターを通した)が放射能急増の原因で、
派手な大爆発が放射能量の増加と関係していないことがわかる。
リンク

3月15日と16日に放射線量が3回激増した。
放射線量の激増はベントが行われたことを意味する。

2号機内の圧力が高まってきたので、弁を開放し、高濃度の放射能を大気に放出する。

放出濃度は10000マイクロシーベルトを超えた時点で、弁を閉める。

弁を閉めることで、放射能の濃度は下がり始めた。

しかし、また2号機内の圧力が高まってきたので弁を開放する。

この弁の開閉が数回行われた。

この弁の開放によるベントは水フィルターを通さないドライベントしかできなかった。

ドライベントによる放出量は放射線量は前図よりも、桁違いの10000マイクロシーベルトにも達した。

高濃度になったのは、3回のベントが水フィルターを通さず、高濃度の放射能をそのまま放出したから。(ドライベント)
リンク

 ~後略~
----------------------------------------------------------------
 
コメント