*** 『幸せ』ですか !? ***

薄れていく記憶をここに...
リュ・シウォンさんのファンなの~!

第5戦: キャディラック6000 5R、ソハン-パープル チャン・ヒョンジン初勝利達成…新しい夜の皇帝登板

2018年08月12日 23時25分36秒 | Ryu Siwon...*^^*


고카넷 2018-08-12

[ゴーカーネット、江原(カンウォン)インジェ=ナム・テファ記者] キャディラック6000クラス5ラウンド決勝結果チャン・ヒョンジン(ソハン-パープルモータースポート)が優勝を獲得、クラス デビュー5競技だけでシーズン初勝利達成と共に新しい夜の皇帝で登板した。

11日江原道(カンウォンド)、麟蹄郡(インジェグン)に位置したインジェスピディウムで進行されたキャディラック6000クラス5ラウンド決勝にはクラス初めてのデビュー戦を持っているイ・ジョンウが惜しく競走車トラブルで出場をあきらめるにつれ20人のドライバーだけが参加して競争を広げた。

決勝戦はローリングスタート方式により24ラップ(93.792km)走行に進行されたし、ナイト レースらしくそのどの時よりより一層激しい接戦が繰り広げられて競技場を訪ねた観覧客に多様な見どころとぴりっとした楽しみを同時にプレゼントした。

決勝戦スタートと同時に4番グリッドから出発したキム・ジュングン(ソハン-パープルモータースポート)にフロント ローから出発したチーム同僚であるチョン・フェウォンとチャン・ヒョンジンが停滞した間その間を通過して先頭に出て競技をリードしていった。

その後チャン・ヒョンジンがチョン・フェウォンを抜いて2位に追いすがったし、チョン・フェウォンはチャン・ヒョンジンの後に続き3位に走行を継続した。

また、6番グリッドから出発したチョン・ウィチョル(エクスタレーシング)と8番グリッドから出発したチョン・ヨンイル(E&Mモータースポーツ)がはやいスタートで先んじたアトゥラスBXレーシングチームのキム・ジョンギョムとチョ・ハンウを抜いて4位と5位にのぼった。

水が流れるように1番コーナーをよく抜け出るように見えた競技は16番グリッドと17番グリッドから出発したキム・ジェヒョン(CJロジスティックス レーシング)とキム・テフン(ユーロホイール現代レーシング)が1番コーナーで追突して事故が発生したし、サーキットにそれでも競走車が止まって黄色旗とともにSC状況が発令された。

これに対し事故収拾になる間残りの競走車はセーフティカーの引道の下 順位変動なしで徐行をしながら再び競技が再開されることを待った。

サーキット整備が完了した後4ラップで競技が再び再開になったし、もう一度激しい接戦が繰り広げられた。 そうしている間7ラップで先頭を走っていたキム・ジュングンの競走車に異常が生じて先頭圏で遠ざかったし、その間チャン・ヒョンジンが早く先頭にのぼって競技をリードし始めた。

その後チョン・フェウォン、チョン・ウィチョル、チョン・ヨンイル、キム・ジョンギョム、オ・イルギ(E&Mモータースポーツ),井手有治(エクスタレーシング),青木孝行(ERCインジェレーシング),リュ・シウォン(チーム106),柳田真孝(アトゥラスBXレーシング)順につながった。

競技序盤先頭に出たキム・ジュングンは結局7ラップ終えてピット-インをしたし、競走車整備後再びコースに復帰したが先頭圏競争では遠ざかった。

無難に進行された競技は9ラップに入る直前にもう一度黄旗とともにSCが発令されて小康状態に入り込んだ。 先んじたラップまで11位を走っていたキム・ミンサン(チーム フクス モータースポーツ)が1番コーナーで競走車異常でそのまま止まってしまったのだ。

もう一度セーフティカーの引道の下競技が進行されたし、先んじたラップで4位圏で接戦を展開前チョン・ヨンイルが競走車トラブルに足かせをかけられて8らしいを終えてピットに入ったが結局競技を放棄してしまった。

ナイト レースに進行されたシーズン5番目競技は序盤からより一層激しい接戦が繰り広げられた中ですでに5台がリタイアした状況につながったし、二番目小康状態に入り込んだ競技は10ラップを終えて11ラップに再開になった。

10ラップを終えて最後のコーナーを出る過程に緑色旗と共に競技が再開されたし、すべての競走車をもう一度競争に突入した。 だが、先頭圏に布陣していたチョン・ウィチョルが競走車トラブルが発生して正常なスタートをすることができなかったし、結局11ラップを終えてピットに入って競走車を点検した。

その間チャン・ヒョンジンが相変らず先頭に出て競技をリードしたし、チョン・フェウォンがその後に従った。 また、色々な魂あの状況の中に11番グリッドから出発したオ・イルギがいつのまにか3位圏に上がってきていた。

(画像 66car)

その後 井手有治、キム・ジョンギョム、リュ・シウォン、柳田真孝、ファン・ジンウ(CJロジスティックス レーシング),青木孝行、キム・ドンウン、キム・ウイス(第一製糖レーシング),チョ・ハンウ(アトゥラスBXレーシング)順につながった。

以後競技は大きい順位変動なしで進行されたし、先頭圏よりはリュ・シウォン(チーム106)を筆頭に6位圏接戦がそのどの競技より激しく展開した。

17ラップ走行中柳田真孝が先んじたリュ・シウォンを追い越す過程にスピンしながら順位圏から遠ざかってしまったし、残りの競走車は相変らず6位圏競争を広げた。

競技後半22ラップが進行されている間 6位圏競争を広げたリュ・シウォンとファン・ジンウが接戦過程に追突状況が発生したし、このような過程にリュ・シウォンは惜しくコースを離脱して安全ガードレールと衝突した後そのままリタイアして残念な思いをした。

以後競技はそのまま終わるように見えたが最後のラップで最後の反転が発生してしまった。 チョン・ヒョンジンの後に続いて追撃を展開したチーム同僚チョン・フェウォンが1番コーナーでインコーナーを攻略する過程にスピンしながら順位が押し出された。

その間オ・イルギが2位にのぼったし、井手有治、キム・ジョンギョム順で順位を一段階ずつ引き上げた。 チョン・フェウォンは5位に復帰して競技を継続した。

(画像 11car)

結局チャン・ヒョンジンが一番最初にチェッカー旗を受けてクラス デビュー初めて優勝したし、オ・イルギが幸運の2位を占めた。

3位は最後のコーナーで勝負の賭けに出たキム・ジョンギョムが100kgのハンディキャップ ウェイトにもかかわらず先んじた井手有治を抜いて三番目にチェッカー旗を受けてポディウムに上がった。

井手有治は惜しく4位に競技を終えたし、チョン・フェウォン、キム・ドンウン、青木孝行、キム・ウイス、チョ・ハンウ、柳田真孝 順でTop10を占めた。

キャディラック6000クラス6ラウンド競技は来る9月7日~ 9日コリアインターナショナルサーキット(KIC)で開催される‘2018 CJ大韓通運スーパーレース チャンピオンシップ’ 6戦で進行される予定だ。

写真=韓国モータースポーツ記者協会チョン・インソン記者(レースウィーク)




고카넷 2018-08-12


[ゴーカーネット、江原(カンウォン)インジェ=ナム・テファ記者] キャディラック6000クラス5ラウンド決勝戦競技が終わって進行された審査により4位を占めた井手有治(エクスタレーシング)が3位にのぼったし、キム・ジョンギョム(アトゥラスBXレーシング)は3位トロフィーを返却して4位に押し出された。

競技が終わった後四番目にチェッカー旗を受けた井手有治は最後のラップ最後のコーナーで発生したキム・ジョンギョムの追い越し状況に対して公式抗議を進めた。

井手有治の抗議に対して大会審査委員会は該当ドライバーを呼び出して状況説明および映像を通じて該当状況を分析した後キム・ジョンギョムの追い越し状況に対して無理な追い越し試みで判断、スポーツ運営規定‘37.1.4衝突を誘発した時’違反にともなう5秒ペナルティを付与した。

これに伴い、3位を占めたキム・ジョンギョムは4位に押し出されたし、4位を占めた井手有治が3位にのぼることになった。

最終審査決定により5ラウンド結果ドライバーチャンピオンシップではキム・ジョンギョムが15点を追加して89点で総合1位にのぼったし、3点追加に終わったチョ・ハンウ(アトゥラスBXレーシング)が79点で総合2位に降りて行った。

最終審査により3位を占めた井手有治は16点を追加して58点で総合3位を占めたし、優勝したチョン・ヒョンジンは29点を追加して55点で総合4位を占めた。

チーム チャンピオンシップ部門ではアトゥラスBXレーシングチームが17点を追加して143点で総合1位を維持したし、エクスタレーシングチームが17点を追加して112点で総合2位を維持した。

写真=韓国モータースポーツ記者協会チョン・インソン記者(レースウィーク)

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ユリ | トップ | 8月12日(日)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

Ryu Siwon...*^^*」カテゴリの最新記事