シップ写真スタジオの運営する写真教室の雑記

管理人の運営する写真教室の記録

また、お見合い写真の撮り直しを頼まれました。

2018-01-30 11:32:19 | 写真

今回は写真教室とはテーマが違うのですが過去に見合い写真を撮ったことのある方の紹介できた方に
『プロフィール写真のせいか、なかなか相手に会うことができない。』とお見合い写真の撮り直しを頼まれました。

見合い写真について少し記してみたいと思います。
『プロの写真スタジオで撮ってるから、キレイさは変わらないはずでしょ』という方がいます。
この段階ですでに婚活に失敗していると思います。
カメラマンには明らかに力量に差があります。
普通は何社ものスタジオで撮らないので一般の方は比較できないと思いますが同じ撮影料金でも比べれば簡単にわかる程、写真の差があるものです。
大阪しか知りませんが写真が好きで何十年も撮影の研究をしているスタジオと単純に商売として写るだけの写真を撮るスタジオがあります。
どこが違うのかですが、もうお分かりかと思いますが1番は技術の差、2番は良い写真を作りたいと思う気持ちでしょうか。
このことは端的に写真に表れます。
では、お見合い写真を撮るときにどこのスタジオを選べば良いのか。
初めて行った写真スタジオでカメラマンの技量を見るのは難しいと思いますのでヒントになることを書いておきます。
『写真スタジオが狭い。』
『カメラマンと被写体の距離が近い距離でしか撮れない』
これは写真を撮影するときの致命傷とも言えると思います。
なぜかと言いますとレンズのチョイスができない。望遠レンズが使えない。広角系のレンズでしか撮れない。
詳しくは書きませんがこの状態では人物を一番よく見せれるようなレンズのチョイスができません。
次に『天井が低い、マンション程度の天井高しかない』 これも辛いところです。
重要なトップライトが自由に入れれません。
このような写真スタジオでは物理的に良い写真を撮ることができません。
ですので写真スタジオを選ぶ際はスタジオが広く、天井が高いスタジオを選ぶ方が賢明だと思います。
私の知っている限りですが上手な写真を撮るカメラマンは広い場所が必要なので繁華街から離れた家賃の安いところで営業しています。
スタジオの広さとしては1人の人物の場合でも最低でも20坪以上できれば30坪のスタジオは必要だと思います。

写真の段階で多くの人から選ばれるお見合い写真を作るためには
月並みですがお顔の良いところを目だ立たせ、弱点は目立たせない撮影方法が必要だと思います。
このための撮影ができる心あるカメラマンのいる広い写真スタジオを持つ所を探してみてください。

また、お見合い写真は「奇跡の一枚」で、これもダメだと思います。
結局はお会いしてからですので写真と実物が大きく乖離する写真はNGです。
ですから過剰なメークをするスタジオや目を大きくしたり、細くしたり、鼻を高くしたり、の修整を売りにするスタジオは避けた方が良いでしょう。
特に修正に関してはどこのスタジオでもできますがその前の撮影の段階でライティングなどでできることはやってもらえる
『会ってみて・・・がっかり』にならないナチュラルで綺麗な写真を撮る写真スタジオを選んでください。 
 
ここからは当社シップ写真スタジオの宣伝になります。
 お見合いなどのプロフィール写真は得意な分野です。
会ってみたいと思わせるお見合い写真を撮らせていただきます。
当社プロフィール写真はこちら

コメント

2018年度より1dayの写真教室の募集を外部委託することになりました。

2018-01-26 08:01:10 | 写真
シップ写真教室では本年度より一部写真教室の募集をストアカ様にお願いすることに致しました。
今回の募集は
『写真が楽しくなるために必要な写真の基礎を覚えましょう。
これだけは知っておかなければいけない、最小限の知識を実践を交え楽しく学びます。』
基礎を学ぶ教科書(通常2000円)付きで5000円
この講座を受けるだけで写真が理解でき撮影がかなり楽しくなる事、間違いありません。
ご興味のある方は下記バーナーをクリック、詳細をご確認ください。





ストアカ






有限会社スイングバイ シップ写真教室


シップ写真教室








こちらは2018年度 シップ写真教室 レギュラーの生徒募集です。
2018年度 体験レッスン生 受付中。

どうせ学ぶなら本格的に写真を身に付けたいと考える皆さんにオススメです。
女性の参加者も大歓迎です。

・基礎コース体験レッスン  (写真全般を学びます。)        参加費3000円(税別)

・ポートレート体験レッスン(人物撮影を中心に写真全般を学びます。)参加費10500円(税別)モデル代・スタジオ使用・機材使用費含む

お問い合わせメールは
cip@zah.att.ne.jp


コメント

今年最初の写真教室

2018-01-23 15:50:32 | 写真

20日は今年最初の写真教室。

なんとなく忙しい1日でした。
午前中は基礎コースの体験を行い、
午後には午後4時まで生徒さんとモデルさんの1対1でのスタジオポートレート実習でした。
その間にポートレートの体験レッスンも行いました。

午後4時から午後6時まではモデルさんのブック用の撮影をベテランの生徒さんにお願いしました。


最近、脚見せにハマっています。

 

 

2018年度 体験レッスン生 受付中。

どうせ学ぶなら本格的に写真を身に付けたいと考える皆さんにオススメです。
女性の参加者も大歓迎です。

・基礎コース体験レッスン  (写真全般を学びます。)        参加費3000円(税別)

 ・ポートレート体験レッスン(人物撮影を中心に写真全般を学びます。)参加費10500円(税別)モデル代・スタジオ使用・機材使用費含む

お問い合わせメールは
cip@zah.att.ne.jp

 

コメント

ECサイトの運営者さんの中に物撮を簡単と勘違いしている人が多い件。

2018-01-09 11:06:45 | 写真

ECサイトの運営者さんの中に物撮を簡単と勘違いしている人が多いと感じています。
物の色・形・質感を写真で表現することは簡単ではありません。
プロフォトグラファーでもやすやすと撮影できる物撮は多くありませんし
そもそも商品撮影が下手、できないプロフォトグラファーも多くいるぐらいです。

私は現在ECサイトの運営者さまに本物の商品写真を示したい思いで
いつまで出来るかわかりませんがECサイト用の物撮を赤字になる撮影料金でお請けしています。

写真は去年アマゾン用に私が撮ったものから

この写真はボツ写真です。
お客様はアマゾンなので完全な白バックを要求しましたが
私はブラシの毛の部分が白く背景に溶け込むので背景をグレーに落としこんで撮影しましたが
納得されずぼつった写真です。
本当はこのような商品は濃いバックで撮影する方が簡単なのですが・・・



去年アマゾン用に撮影した中でもなかなか難しかった撮影商品の1つ。
数カット撮るのに1日掛かりました。
ハイライトを綺麗に入れたりカメラ側の写り込みの処理がかなり繊細で難しい撮影でした。 

 


これも去年アマゾン用に撮影した中でもなかなか難しかった撮影商品の1つ。
何が大変だったか、それは色展開があったのですがリックの肩紐の形を揃えて同じ形で撮ることでした。
やはり、色展開が並ぶときに違和感がないようにどんなときでも揃えます。 

 

商品撮影には職人技が必要です。
もしかするとイメージ撮影より難しいかもしれません。
ですから大手メーカーさんは1カットの写真に数万円の金額を払うのだと思います。 

 

今年は機会があれば商品撮影についてのテクニックも基本から書くつもりです。
次回写真教室は1月20日(土曜日)です。
2018年度体験レッスンのお申し込み受付中です。
基礎から学びたい、ECサイト用商品撮影を学びたい、人物撮影を上手くなりたいなど写真のことならなんでも楽しく学べます。 
 

コメント

今日から本格始動!

2018-01-09 10:40:56 | 写真


今年の写真教室は1月20日(土曜日)からです。
今年もよろしくお願い致します。 

コメント