シップ写真スタジオの運営する写真教室の雑記

管理人の運営する写真教室の記録

今年最後のポートレート教室

2014-12-26 16:10:08 | 写真

ポートレート教室の開講から9ヶ月。
そろそろ自由にモデル撮影をおこなってもらいます。 
どんな衣装を着せてどんなスチュエーションで撮影していくのかよく考えて撮影しましょう。

Iさんの作品

Iさんらしい、わたしは好きな写真です。
モデルさんの後側の髪の毛の乱れにも注意するともっと良かったと思います。 

背景に調子のライトを入れる際の注意点を記しておきます。
モデルのライティングと背景のライティングは別の物として考える。
モデルに対するライトが背景に影響しない様にする。
方法は実習で教えた通りです。
理解できていない生徒さんは早めに来て質問してください。

1月からはハンドストロボを使った撮影を多めに進めたいと考えています。 
自身の持っているストロボについて説明書を良く読んで理解しておいてください。



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年の写真教室について

2014-12-26 16:04:20 | 写真

アリオ鳳教室1月10日
今里教室  1月17日からです。
今里教室の授業内容は決定次第(1月11日)までにこのブログでお知らせします。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

女性のための写真教室 今里校 生徒写真から

2014-12-24 11:35:11 | 写真

4月の開講から9ヶ月が過ぎました。
テーブルトップでの写真撮影も初めての頃に比べて上手になってきたと思います。
細かなことの積み重ねが重要になるところまで来ていると思いますので辛抱強く頑張ってください。

Wさんの作品




Tさんの作品



Wさん、Tさんメイン光の決め方、色を出すライトの位置、シャドーの落ち方、イメージ通り行きましたか?
かなりお上手にはなって来ているとは思いますがもう少しあなたらしさを表現する物の配置であったりライティングを工夫していってください。


メインライトにどんな光を使うのか、どの方向から入れるのかであなたの撮る写真表現の方向性が決まるかも知れません。(KIN) 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生徒の作品

2014-12-12 14:53:48 | 写真

ポートレート教室 今年の4月からの女性の生徒さん作品から
 
ゴーストをおこす光を入れてのイメージ写真ですね。
背中側に髪の毛が気になります。
撮影時にはモデルの表情も大切ですがもっと画面の中の細部にも注意してください。


あご・首あたりのシャドー 部が気になりませんか。
オコシのライトがあれば良かったかもしれませんね。


この写真もいっしょですね。
表情は良いと思いますが肩口に毛玉が・・・
こんな小さな事のために写真が台無しになりますのでご注意してください。 


次回12月20日は今年最後の写真教室です。
教室終了後、忘年会をしたいと思っています。
全員の参加を希望していますがどうしても参加できない生徒さんは17日までにメールでご連絡ください。
よろしくお願いします。 

 

kinの実験写真

過去に見せた写真から。
コメットのストロボに赤外線フィルターを付けて高感度で撮影。 
ストロボからも赤外線がでているようですが夏の太陽に比べてかなり弱いみたいです。
なにか作品に活かしていけないか考えねば・・・
 



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スタジオライティングの基本

2014-12-08 14:47:03 | 写真

トップライト
 
左は全面がシャドーに入っています。右は全面にも光があたり凹凸がでてきています。
左右どちらのライト位置が良いのかと言う問題ではなくあなたの撮影イメージのためにはどちらのチョイスがよいのか考えてください。


トップとサイドの2灯ライティング
 
サイドライトがキューピーから45度の角度で入っています。右は左の写真のライトより強いライトが入っています。
ライトの強さを変えることでこのようにイメージが変化します。
またサイドライトが奥に行くほどイメージぽくなります。 


逆光 
 
左は全面がシャドーに入っています。右は全面におこしのライトを入れています。
おこしのライトが強くなればなるほどイメージは弱くなっていきます。
おこしの光の強さをいろいろ変えてデーターをとして覚えておきましょう。 

基本は1灯ライティングです。
メイン光としてどこから光をいれるかが重要です。
メインさえ決まれば後のライトはオコシであったりアクセサリーライトですので足し算の感覚です。
黒レフやカットボードで光を引く場合もありますが。 
まぁ、ライティングに決まりはありませんので色々試して自分らしいライティングを創っていってください。



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加