シップ写真スタジオの運営する写真教室の雑記

管理人の運営する写真教室の記録

アンブレラストロボ(復習)

2014-04-21 16:17:37 | 写真

傘とストロボの距離を変えていろいろ試してください。
距離の違いで光質の違いがわかると思います。
さらに言うと被写体とストロボ、傘の距離が変えて撮影してにてください。
傘とストロボの距離が同じでも被写体との距離を変えると異なったイメージの光になりますのでお試しください。

ライトの位置で表現が変わります。
正面からの光は立体感をなくしますが色はよく表現します。
サイドからのライトでは立体感がでますが色表現が弱くなっていきます。
撮影のイメージにあわせてライトの位置を決めましょう。


PR、6月開講の基礎から学ぶ写真教室の生徒を募集します。
   自己流で写真の基礎がなければ写真は巧くなりません。 
   初心者のかたや基礎から学び直したいかたにこれだけは覚えておきたい写真の基礎をお教えします。
  6月7日開講 午前10時から
  月2回(第1土曜日・第3土曜日) 3ヶ月間 計6回予定
  参加希望者はお電話またはメールでお問い合わせください。 
  シップ写真教室 電話番号       06-6753-5584
          メールアドレス      cip@zah.att.ne.jp  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月19日写真教室 今里教室

2014-04-20 14:47:46 | 写真



ポートレートコースの生徒さんヘ。
被写体に当たる光の読み取り方(被写体内での光量の差)、被写体と背景の光量のバランスなどは理解出来たでしょうか?
今回の講習で特に覚えてほしいことは、メーターのとる場所の重要性と
1段差・2段差などの明かるさの差で写真のイメージがどのように変化したかです。
被写体の明るい側で露出をはかると全体に暗めの写真になりますし被写体の暗い側で露出をはかると全体に明るい写真になったはずです。
ですから慣れるまでは被写体の明るいところから暗いところまで数カ所の露出をとってください。
そして 明るい側の露出、暗い側の露出、その中間の露出で撮影を行いどんな感じで仕上がるかかならず確認して体感として覚えてください。

実習中にお話させていただいたわたしの考えるメイン光、方向性を合わせた補助光について。
レフ板や日中シンクロでシャドー部をおこす、ハイライトを入れるなどのすべての補助光、アクセントライトについての講習はこの考えをもとに進めています。
ただし、この考えかたがすべて正解では有りませんのでわたしが教える方法以外にもいろんな写真を参照して自分なりの撮影手法を考えてください。 

女性のための写真教室の生徒さんへ。
露出、被写界深度についてご理解いただけましたか?
基礎がしっかり出来ていないとみなさんの撮りたいと思う写真は撮れません。
絞り、シャッタースピード、ISOについての数値はあたりまえの事ですのですべて覚えてください。

カメラテストをしましたがご自分のカメラについて理解が深まりましたか。
特に使用するレンズについては必ず把握してください。
オートフォーカスでのピントは正確にですか。前ピン、後ピンでは有りませんでしたか。
各F値での被写界深度も把握できましたか。回折での影響はどの程度ありましたか。周辺落ちはどの程度ありましたか。
結局、ご自身が使う筆がどんなものか理解していないのに絵を書くのはむずかしいと言うことです。
写真を撮るためには自身が使うカメラ・レンズについても同じですので使用する中でもさらに理解を深めてください。 


PR、堺市のアリオ鳳のカルチャースクールで女性のための写真教室が新規生徒募集中です。
   初心者のみなさまにも他教室で学んでいたみなさまも丁寧な指導をおこないますので新しい仲間と写真をお楽しみください。 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月19日ポートレート講習のモデルが決まりました。

2014-04-17 18:23:24 | 写真

4月19日ポートレート教室の実習モデルです。
今回は太陽光下でのポートレート撮影をスタジオで人口光(ストロボ)を太陽に見立てて実習します。
その後、それぞれに自由に撮影する時間を与えますのでこのモデルでなにかイメージを考えてください。

撮影会ではありませんが生徒以外の方でも体験でモデル実習に参加できますのでシップ写真教室までお問い合わせください。

女性のための写真教室は
Aチームは写真の基礎1と外光をいかした雑貨の撮り方1です。
生徒のみなさんは撮ってみたい小物を持参ください。 
Bチームはフォトショップ基礎1。
rawデーターの現像です。
ノートパソコンをお持ちの方は持参してください。

女性のための写真教室講習内容が変更になりました。
今回は生徒の写真のスキルのチェックをおこないます。


PR、当写真教室は 1日4時間以上の内容の濃い講義を行っています。
   数名での講義(約2時間)の他、個々の些細な疑問にも答えるため個人レッスン的な時間(約2時間)もつくっています。 
      ですから写真教室に入った時期に関係なく初心者の方も上級者の方も充実した内容で写真撮影を学ぶことができます。
   写真を学びたいとお考えの方はお試しで1度ご参加してみてください。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

写真を販売したい生徒の質問への回答

2014-04-10 11:20:10 | 写真

質問1 ストックフォトサイトてなんですか?
ストックフォトでの写真販売とは基本的には商用(印刷物・ネットなどの広告)などに使われる写真素材の販売するサイトです。

質問2 わたし(生徒)も販売してみたいのですが?
販売するのは止めませんが趣味で写真をする方にはあまり薦めれません。
売ることに夢中になりすぎって本来の写真への関わり方がおかしくなった生徒さんもいますので。 

質問3 ストックフォトで写真を販売することは怖い事だと書いているブログがあるのですが? 
はい、ストックフォトで写真を売ることは注意しないと怖い事です。
ストックフォトで買われた写真は基本商用で使われますのでいろいろな権利関係をクリアーにしないとだめです。
たとえば、公園で撮影した写真は公園の許可なく商用では使用出来ません。
勝手に建物など撮影したものを販売することもほぼ不可能です。
また、人物写真などどのように使われるかわかりませんのでモデルをお願いした人に迷惑を掛けるかもしれません。

質問4 外国のストックフォト会社で品質の問題で写真が販売してもらえないのですが?
よく聞くことですが、しっかりと写真の処理をしていますか。
海外のストックフォトでは写真に最低限の品質を要求しますので撮りっぱなしの写真ではだめですので基本的な処理が必要です。
写真にゴミほこりはのっていませんか、ノイズ処理はしましたか、フリンジは確認しましたか。
写真によってはもっとチェックが必要です。
写真の内容も大切ですがこの基本作業が出来ていない物は採用されません。


先輩の生徒さんで月間数万円売り上げる方がいますのでストックフォトをしたいと考える生徒さんにはその方を紹介しますのでお話してみてください。

人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014年度写真教室始まる。

2014-04-06 13:14:28 | 写真

ついに4月5日土曜日午後1時 大阪(今里校)での写真教室が開講しました。
ポートレイト専科が3名、女性のための写真教室が3名でのスタートです。
生徒のみなさん午後1時から午後6時までの長丁場でしたがいかがでしたでしょうか。

まだまだ新規生徒さんを募集中ですのでよろしくお願いします。

さて、本日の写真教室について記します。
ポートレート専科は男性2名女性1名でのスタートとなりました。
こちらでは屋外での写真撮影の方法やスタジオポートレートを実践を中心に学びます。 
今回はセコニックの入射式露出計(メーター)の使い方や撮影で使う機材全般についてを学び
実習としてスタジオ内でストロボ1灯ライティングで疑似太陽をつくり光の基本(1)を学びました。 
メーターの使い方、測り方.測光についての考え方は重要なことですのでとことん勉強してください。
わからないことがあれば随時ご質問ください。
次回、第3土曜日(19日)はモデルさんを使って光について実際に撮影しながら楽しく学びましょう。

女性の写真教室は女性3名のスタートとなりました。
スキルや撮りたい写真はばらばらですので写真撮影の基本を学んだあとは個別の講義を増やしていきたいと思っています。
今回はメーターの使い方、カメラ内蔵の露出計を有効に使いイメージどうりの写真をつくりかたを考えるでした。
女性講師が教えていた被写体と背景の露出の相関関係は大切な事なのでしっかりと身につけてください。
実習はスタジオに窓のセットを作り窓から入る光を活かした料理写真・雑貨を綺麗に撮る(基本1)を行いました。
メーターでイメージを創るを身につけるためにも画面内の明暗さ、半段差・1段差で写真がどのように変わるかをまず試してください。
次回、第3土曜日(19日)は女性講師がテーブルトップの撮影についてを中心に講義する予定です。

PR、わたしども写真教室では写真スタジオで使用する高価な写真機材をすべて使用していただきますし
  写真スタジオも自由に使用できます。
  講義時のテーマにあわせた撮影セットも講師指導のもと生徒さん自身に順番に作ってもらいますので大変勉強になると思います。
  写真を専門で学ぶ写真学校の生徒さんには学校で学ぶ写真の授業の補完に、趣味で写真を撮るみなさんにはスキルアップに
  どなたでもお役に立つように個人レッスンも絡めて講義を展開します。
  個人レッスンが多いので付いて来れないなどの心配も有りません。 
   

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加