幸せの雲と整体師  

呉市広の整体、身体均整 木村です。
(腰痛、肩こり、骨盤矯正など)
とびしま街道の風景やランチなどの日記です

乳がんと向き合う4 セカンドオピニオンの難しさ

2019-10-09 17:00:00 | 乳がんと向き合う


広島ブログ←ブログランキングに参加しています。よろしかったら一日一回押してください。

-----------------------------------------------------
乳癌と診断されて、気持ちの整理と治療法の選択など感じたこと患者目線で書いていきます。
感じ方なので何が正しいということはありません。カテゴリーを乳癌にしました。
自分で選ぶということが大事だと思います。
病院選びをしっかりおこなって、素晴らしい医師と出会えたことを嬉しく思います。


----------------------------------------------------

がん患者にセカンドオピニオンを受けた比率のアンケートによると3割程度だそうです。
地元の大きな病院で治療の説明を受けて、そのまま受け入れるケースが多いということです。
医師の機嫌が悪くなると想像することが原因だったり、実際にそういう態度を取られたという人もいます。



セカンドオピニオンは、方法によると思います。
一般的に医師は、むしろ受けてくれた方が納得してもらいやすいのでおすすめというアンケートも見ました。
近くであれば医師同士の交流もあるだろうし、組織の中にいれば同じ結論を持っているのが
普通だろうし、医師としても安全です。

僕が二つ目に行った病院は、土佐清水病院(2019年10月2日に土佐丹羽クリニックに改名されています)がやっている岡山クリニックです。
抗がん剤はしたくないという患者が、抗がん剤はしないほうが良いという医師の所への
セカンドオピニオンでした。
最初の病院で他の病院に行ってみるのでと診断書など資料をお願いしました。
「セカンドオピニオンですか、それもいいですが、あとでやはりこちらの病院で治療したいと言われても
そう簡単に入れるものではありませんよ」
という意味のことを言われたのでした。

患者と患者家族として感じたこと。結局、現代医療という組織です。そこでいう標準治療をかなりの医者が言うということです。では、癌が解明できたかというとできていないのです。

土佐丹羽クリニック院長の丹羽先生はご自身のお子さんが小学生で白血病になり、他の専門医に任せて抗がん剤を使用して苦しめて死なせたという経験をお持ちの方です。
その後、研究を重ねて丹羽療法という薬の開発をされ、全国でその治療がすすめられています。
癌の原因も治し方も僕たちの考えととてもよく合います。体本来の活力をつけるところからです。

岡山に行って、丹羽先生の診断を受けると、外科をあたってまず全摘しましょうということになりました。
こちらの望んでいるままです。切除の後にも先にも抗がん剤はいりません。
丹羽療法の薬を飲むことになります。

そして広島に帰って次の問題が起こりました。
最初の病院は治療方針が固まっていて、切除は受けてくれなかったのです、
その病院を当たるわけにいきません。
広島の南区にある大きな病院を訪ねたのです。そこでいわれたことは、「お断りします」なのです。
呉の病院の治療方針と同じです。うちでは受け付けませんということでした。
女医さんが言ったこと「外科に行って切ってもらいなさいという医師は、
切除する外科も紹介しないで無責任だと思いますよ」
僕は言いました。
「患者の意向を全く聞く気のないあなたが言うことではない」といって帰りました。

その病院でも僕は質問しました。
「アメリカでは抗がん剤の使用が減って癌の死亡者も減っています。」
「同じ西洋医学でありながら、日本では抗がん剤を勧めて癌も増え、癌の死亡者も増えていますよね、
これをどういうことでしようか?」

その答えは、
「健康保険制度のせいじゃないでしょうか」この答えどう思いますか?
あなたの情報が間違っていますならまだわかりますが、
アメリカと違うことを認めながら答えは持っていないのです。
これは、呉も広島も同じでした。
結局、習ったままをマニュアル通りの癌といえば抗がん剤という医師が多いのだろうと思いました。

ここで一旦、治療選択に大きなブレーキがかかります。
そういうことか、組織だ。これは病院を回っても解決できないかもしれないという大きな不安を抱えることになります。

この経験で思ったこと。最近の保険に先進医療という特約があります。2000万まで出るとか。
その保険料は、月100円ほどです。これ、不思議と思いませんか。

保険は、加入者から集まるお金と支払いの統計から成り立つのです。
つまり、先進医療はそう簡単に使われないものです。期待はしているが認可前のものを先進医療といいます。
「陽子線治療」や「重粒子線治療」がそれですが、全国でも行っている病院は少ないこと。他県に行かないといけないこと。
先にかかった医師に、それを受けたいといって話がまとまるでしょうか。
行くならどうぞ、このあとはどうぞそちらで。こんな話になるのではないかという気がしたというのが
患者側の感想です。

話を戻して、抗がん剤をせずに切除する病院を探す方法として、
大きな病院を一軒ずつ回ったところで、時間のロスと希望の返事はもらえないだろうということです。
行き詰まりと大きな不安を抱えました。下手に動くと恐怖が増すばかりです。

「動くのをやめよう、ある人に聞いてみる」

それが見つかったのです。僕が整体の仕事をしていて良かったというのがここです。
乳がんを切除して腕が上がりにくいし、挙げると痛いといいます。それを僕が整体して今は両腕同じ動きになっています。その人も抗がん剤はしなかった人です。
その人に切除した病院を教えてもらうことができたのでした。

コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 松江城の堀川めぐり | トップ | 晴れる家(ハレルヤ)の汁な... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
とても参考になりました。 (西濱)
2019-10-10 10:05:33
乳がんに関する記事を拝見し、とても参考になりました。現在、友人が抗がん治療を受けております。今後の参考として大切に記録いたします。ありがとうございます。
Unknown (Left Alone)
2019-10-10 11:28:54
同じ経験をしているものとして身につまされてよみました。
我が家の場合は、ステージ4よ診断され、抗がん治療しかないという医者の判断で抗がん治療をしました。
それでがん細胞が小さくなり、全摘手術を受け、現在4年半経ちますが、今のところ、幸いに再発せずすんでいます。
手術前の抗がん治療の副作用はすさまじいものでした。
現在もホルモン治療を行っていますが、軽い副作用は続いています。
記事を拝見し、何が正解かわかりませんが、今の私は妻が生きていてくれているということが一番の幸せで妻を見送ってやるのが私の勤めだと思っています。
同じ経験をしたものにとってお気持ちが痛いほどわかります。
Unknown (金星)
2019-10-11 06:29:31
>西濱さん
コメントありがとうございます。書いていることに励みになります。

>Left Alone さん
コメントありがとうございます。同じ経験をされた方から
そんな話があるとは思いませんでした。
日々大切にしましょう。

コメントを投稿

乳がんと向き合う」カテゴリの最新記事