松江のお茶 製造直売『錦峰園』 松江のお米 栽培直販『夢拓人』 野津家のブログ

松江のお茶&お米&椎茸農家。

20代で農業を継ぎ、
Iターン就農の夫と
両親と共に農業に励んでいます。

突然の来訪者はK君でした

2019年11月19日 20時34分55秒 | 

父 綴ります。

ようやく、人が食べる米である「主食用米」の籾摺りが終わって、出荷作業も済ませることが出来ました。

残るのは、鶏が食べる米である「飼料用米」の調整作業です。

 

今年は、”農政局担当官”の指導があったので、150aほどの作付けをしました。

今年こそは、収穫量をアップしなければ!っていう思いが・・・。

刈り取って行くと、多収であるべき品種の「モミロマン」が、”穂首いもち病”でガックリ・・・。

沢山の籾が付いているのに、実が充実していなくって、スカスカ・・・。

 

でも、ちゃんと調整作業をして、’鶏業者’さんへ、検査を受けて出荷をしなければなりません。

気落ちしながら、作業場で家族スタッフと頑張ってると。

 

『公ちゃん、やっちょうね!。』

びっくりして振り向くと、”Kくん"。

(よく作業場横の道路を往き来してるみたいで、次第次第に並んでいく”スクモ袋”に注目してたみたいです。)

 

彼は、50年前の「農林高校時代の同級生」です。

彼が、茨木県の「農業専門大学」に進学してた時に、”寮”に訪ねて行ったり。

彼が、オランダの農家に「農業留学」してた時に、直接は会えなかったけど彼の親さんに依頼された品を届けて。

彼が、故郷の島根に帰って就農してからも、共通の友人を介して縁を続けたり。

つい近年までは、彼と共に「島根県の指導農業者」として、一緒に活動したしたり。

不思議な因縁を感じる”人”です。

 

今の彼は、”酒米”を作ってブランド品としての「日本酒」で、東京進出してます。

彼独特の視点で、”島根農政同盟の会長”として、行政に提案し物申す立場で活動してます。

 

『俺らの世代は、とっても良い経験や友達を得て、素晴らしい人生だった。

 でも、今も俺は一生懸命頑張ってる』と。

 

脱帽するとともに、「友よ、肩の力を少しづつ抜きながら。次の世代を育てて行こう」って話しました。

 

 『 我が家"錦峰園”のホームページです♪』 ← お茶とお米を販売中!

↓ 島根県ブログランキングに参加しています。お帰りの際はポチッとお願いします。応援、ありがとうございます。

  ← 島根県人気ブログランキングへの投票はコチラ。  

 

コメント   この記事についてブログを書く
« なわとびを上手に出来ました。 | トップ | 令和元年の今年も”荒神まつり”を »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事