きんぴらにっき 

ジュリーと猫と日々のこと・・

トップスターショー 歌ある限り 1977.6 その4 +姫なジュリー

2017-02-22 00:55:22 | ジュリー テレビ・ラジオ

2月も後半。

しばらくジュリ枯れ~、とか思いきや・・

先日の熱中世代ですっかりジュリ萌え~

寒風吹きすさぶ乾燥した季節に潤いましたねー。

 

 

って、ことでちょっと先日の話に付け足し

メガネがずりおちるのも、マスクをはずしてポッケにしまうのも、くだらないダジャレも(失礼)、あんなにも可愛い

同年代のおじさまたち並んでる中で、な~んでジュリーにだけこんなにときめいてしまうんだろ?

ジュリーがお特別に見えるのはファンの欲目ゆえ?・・と思いましたが・・いやいや!やはりジュリーはお特別な人なのよ。 

舞台に上がる際、手を差し伸べられる様子が・・姫

  


ジュリーに対してはついナイトなことをしてしまいたくなるのかな

などと妄想~

え?昇るのが一際大変そうだった? いやいやいや。

あー、でもよく見たらこのあとサリーさんも手を差し出されてましたね。

これはふつーに見える。・・やはり腐脳がさせる思い込みか?

 (と、思ったけど私だけではなかったです。ね~、冬眠yagiさん)

 

さて本題。

77年の「トップスターショー 歌ある限り」

続きちょこっとだけあります。

 

「勝手にしやがれ・・やってください!」と、二谷さんにうながされ・・

 

このかわいい笑顔から・・

 

変身!歌モードに入ります。

 

 

で・・曲の途中から、音楽祭銀賞受賞後の様子が流れます。

 

井上さん、大野さんにはさまれ笑顔のジュリー(いっつもふたりではさんでるような)

そしてさらに姫を囲むたくさんの男たち・・

受賞トロフィーを磨いてますおめでとう~。

外国ミュージシャンたちにもせまられてる~?

 

    

         ラストは 決めポーズで

 

このあと番組のエンディングコーナーは、小林旭の歌でした。

・・ということで終了!

 

 

ですが・・おまけですー。

 

ステージに手を引かれて階段昇る・・というので思い出したのが1972年レコ大で和田アキ子に引っ張られ壇上につれていかれたジュリー

 

ぐいぐい引っ張られて・・壇上まで

 

「介添え人を連れてきちゃったの?」と笑う森光子さんw

困りながらも花のように微笑んでるジュリー、かわいすぎ~

まさに姫でした。

 

72年レコ大記事はこちら

 http://blog.goo.ne.jp/kinpira33/e/e77447b4065c631e1a53cfd789f6fb18

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トップスターショー 歌ある... | トップ | 猫の日 2017 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ね~~(^O^) (冬眠yagi)
2017-02-22 21:26:59
ため息の出るっ振り
年齢を重ねても、やっぱり姫
ナイトになりたい男性は、昔も今も山ほど居るってことよね(*^O^*)

今日は猫の日(=^ェ^=)
ピノ姫ちゃまはお元気かしら?
冬眠yagiさん、すみませんー (kinpira)
2017-02-23 23:00:08
お返事遅れましたー。
みんなの姫健在ですね。
「ほっとかれない」存在です。

にゃーにゃーにゃーの日
爺にゃんさんはいかがお過ごしでしたでしょう?

コメントを投稿

ジュリー テレビ・ラジオ」カテゴリの最新記事