地酒 玉川ブログ The Tamagawa sake blog

京都府京丹後市久美浜町の日本酒蔵元
木下酒造の日頃

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

なぜ「玉川」?

2010年03月05日 | 蔵日記
改めて言うのもなんですが
私たち木下酒造は「玉川」という日本酒を造っています。

玉川は天保13(西暦1842年)年に酒造りを始めました。
名前の由来は蔵のすぐ隣に川上谷川という川が流れており
玉砂利を敷き詰めたような清流だったそうです。
当時、川や湖を神聖視する習慣もあり、玉(とてもきれいな)のような川
というところから、玉川と命名されました。


現在の川上谷川
一両編成のかわいい列車は北近畿タンゴ鉄道

「玉」というと…
神社の参道には玉砂利が敷いていますし
境内の垣は玉垣と尊称します。
古代では神聖なる装身具として勾玉がありました。
また力の象徴としての意味もあり
天皇陛下を意味したり、天皇(神)の声を玉音、公式の座具を玉座というように
尊称として使われたりもしました。
特にお隣中国では、君主の印章を玉璽と言います。

なんだか話が堅いですねぇ~、だけに。

「玉」は
美しいという意味もあります。玉のような赤ちゃんと言いますよね。
また、宝石(主にヒスイ)のことでもあります。
景気がイマイチなので、玉(宝石)を買うのは我慢して玉川の地酒はいかがですか?

皆様に本当に美味しいお酒を飲んでいただきたいと思っています。
「日本酒の味は良いけどブログが玉に瑕(キズ)だなぁ」なんて言われないでくださいね。
お酒の味も妥協はしません。少しでも「完璧」に近づけるよう頑張りたいと思ってます。

今後とも玉川をよろしくお願いします。
ありがとうございます。

お探しの商品が近くの酒販店で見つからない時は木下酒造までお問い合わせください。
木下酒造HP http://www.sake-tamagawa.com/
TEL 0772-82-0071
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« コウノトリ育む農法 | トップ | 玉川マーク »
最近の画像もっと見る

蔵日記」カテゴリの最新記事