カセットテープがワカメ

キノコ国本剛章の音楽活動・妄想・ノリツッコミなど。

sasagawaさんとの出会い

2005年11月27日 | ファミコンBGM
23歳なんちゃって大学生キノコさんはヤマハ札幌店の楽器コーナーでアルバイトしていました。先述のMSXコンピュータと自動演奏ソフトが発売されたものの、あまりにも製品がエポックメーキングすぎて従来の「ロック大好き」店員だけでは商品説明が対応しきれなかったわけです。
で、当時の私は「デジタル・インストラクター」とかいう変な肩書きをもらって「ミュージック・コンポーザ」用のデモ演奏ソフトをシコシコ作っては自己満足にふける毎日…。趣味と実益を混同させて好き勝手なことをやってました。
そんなある日売り場に訪れたのがsasagawaさんだったのです。
sasagawaさんはハドソンの音楽総監督とも言える方でゲームBGMに関してはとてもアツいものを持ってる方でした。
(sasagwaさんの現在の活動に関してはhttp://blog.livedoor.jp/m9concert/
sasagawaさんは私の作ったデモ演奏に興味を持ってくれたようで、そこからお付き合いが始まったわけです。
この時何を目的としてsasagwaさんがヤマハのお店に来たかは知りません。ただこの時の出会いがなければ私とハドソンとの関係も全くなかったかもしれないのです。出会いって面白いですね…。

コメント   トラックバック (1)