月刊 きのこ人

【ゲッカン・キノコビト】キノコ栽培しながらキノコ撮影を趣味とする、きのこ人のキノコな日常

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

くろのぼりりゅう

2018-11-14 21:38:57 | キノコ
キノコ界で一番カッコイイ名前という呼び声の高い「ノボリリュウ」の黒バージョン・クロノボリリュウ。

今まで出会ったことがなかったが、今年は当たり年だったのか、それとも今まで気づかなかっただけなのか、2回ほどお目にかかる機会があった。

クロアシボソノボリリュウには頻繁に会うけど、こちらはあまり見かけない。
こうして見るとなかなか美しい造形をしている。

無印のノボリリュウは白色で、形はさらに複雑、大きさもずっと大型になる。普通種のはずだが東海地方ではほぼ(まったく?)見られない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« すえひろたけ | トップ |   
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Miwa)
2018-11-19 10:53:24
キノコ業界の普通種ってなんだろ…
シイタケってきっと普通種じゃないよね
Unknown (マレさん)
2018-11-29 16:48:08
「ノボリリュウ」知りませんでした。
初めて目にします。
食用にもなるのでしょうか?

コメントを投稿

キノコ」カテゴリの最新記事