Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

チューブラー スペアタイヤの吊り方

2010-07-08 20:30:10 | ロード
自転車で走行する時 チューブラータイヤを使っている方は
スペアタイヤを携帯します そのタイヤをどの様に携行しているのかな?
私はタイヤを小さく畳んでサドルの後ろに吊りますが そのまとめ方を
ご紹介しましょう




私のロードレーサー使用しているタイヤはずっとチューブラーです 走行時には必ず必要なスペアタイヤ
これの携行方法に決まりは有りませんが 私が乗り始めた頃から多くの人達はサドルの後ろに縛り付け
これをスペアを吊るなんて言います ただこの方法も色々と有りこじんまりと格好良く吊りたいですよね




昔はこの様に単に 4つ折にし ただ縛り付けただけの方法が
圧倒的に多かった時代が有りました これが普通だったんです






私も高校時代までは 前出の写真の様に括っていましたが 大学に入り
自転車競技部の先輩に スペアタイヤはこうして吊れ と教えて貰った
のがこの写真の方法 それが 38年前の事 当時これだけで一流選手の
仲間入りをした様な気になり 妙に嬉しかったのを思い出します




実はチューブラのスペアタイヤを吊る方法は 皆さんがご存知の事だと
思っていました それで今迄記事にもしなかったのですが

私がブックマークさせて頂いている 【 ヌーボカステ工房 】 さんの記事を
見て これだけ自転車を勉強してる人が スペアタイヤで苦労してるんだ 
と思ったので 今回のご紹介記事です






じゃタイヤを写真の様に小さく畳んでみましょう この畳み方は
2種類の方法が有ります 2種のタイヤを使いそれぞれをやってみます
D'ALESSANDRO と Panaracer しかし アレサンドラ なんか懐かしい
タイヤだなあ






D'ALESSANDRO を使い 私が何時もやっている方法から
まずタイヤ内の空気を完全に抜き切ります






バルブ側から小さく畳んで行きます






2回程巻いた処で 逆側からも同じ様に巻いて行きます
この時タイヤの内側と外側では長さが変るので 少しコツが
要りますが これは実際やってみて感じて下さい




両サイドから巻いて来た物を左右から合わせれば完成です
最初からこの様に上手く大きさが揃わないと思いますが
綺麗な形を作りたかったら 何度もやり直すと良いでしょう






ここからは特にしなくても良い事ですが ウエスをこの位の大きさに
切り帯状に畳んでやります






それを畳んだタイヤに巻いてやります これでタイヤを吊った時
表面保護にもなりますし パンク修理で汚れた指先も拭けますよ






じゃもう一つの方法をパナのタイヤでやってみましょう
これも巻き始めはバルブの所からです バルブ部をこの様にし・・






その形のままこの様に巻いて行きます 下の写真は
反対側から見たところです




横から見たらこんな感じで進めていきます






これで畳み終わりました こちらの方法はバルブ部に無理を
させないと好む人もいます そしてただ巻いて行くだけ




こちらもウエスを巻いておきます こうしておくと手を離しても
タイヤがばらけ無いのも良いですよ






普通スペアタイヤは使い古した物を吊ります そんなタイヤはもう
スペア専用ですから 私の部屋にはこんな形をしたタイヤが転がって
いたりします(笑)




そしてタイヤを吊るのは使い古した トウ・ストラップ 
これは色々な使い道が有り大変便利ですが 考えれば最近は
ストラップを使う事って無いんですよね スペアタイヤをタイラップで
吊るなんて書いて有ったので これも驚きでした

古いのが無ければ是非お安い革の物を買って下さい 自転車を車に
積む時なんかにも使えて便利ですよ







何時も私がやっている両方から畳む方法と 下は片方から巻き込んでいく方法 簡単なのは
下の片方から巻く方法かな でも私が上の方法を選ぶのはタイヤを吊った時に綺麗に見えるから

もしスペアタイヤをどうしようって考えていらっしゃるなら お好きな方法で、どうぞ一度試してみて下さい

ジャンル:
自転車
コメント (20)   この記事についてブログを書く
« スポークが 飛んじゃった | トップ | ロード ブレーキシュー 交換... »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (R1@八王子)
2010-07-08 21:50:38
スペアタイヤの巻き方
自分は何となく収まりがイイので二番目の方法でやってます。
モチロン使い古したタイヤですが
どうしても新品のタイヤを使う場合はリムセメンをふんどしに塗っておきます。


ウエスを巻くのは気が付きませんでした。さつそく真似させていただきます。
初めまして (クラちゃん)
2010-07-08 22:57:23
いつも楽しく拝見させてもらっています。今日はなんだかコメントがしたくなり初コメントを書かせて頂きます。いつかロードに乗りながらどこかでばったり会えるのではないかと思っていたりしております(笑 pionarello veneto84年モデルを当時から乗っているのですが気合いを入れてオーバーホールするときはKinoさんHPのメンテ技術を多いに役立たせてもらおうと思っております。今回のチューブラタイアの吊り方は5折?にしてましたがどうしてもシートピラーに近い部分のタイヤ角が太ももの付け根裏に若干当たるのでちょっと嫌だなぁと思っておりました。ウエスも一緒につけてクルクル巻くのもとても新鮮な情報で嬉しいです。僕もコーティング技術などをマスターしてシュパーブプロのメカを大切に維持していきたいです。これからもコメントさせて頂きますのでよろしくお願いします。大阪市内からこれからも楽しいメンテの世界を楽しませて下さい。
かっこいい!目からうろこ (よくろう)
2010-07-09 01:05:16
ああこうやってサドルにつけるのですね。些細なことでもああなるほどと思いました。もう20年チューブラーを使っているのに、いつも出かけにはスペアに格闘してました。あるときはボトルケージ、あるときはサコッシュにいれたり・・・。
ぜひ真似したいと思います。

リムテープ派なのでスペア以上にMIYATAのTTP-1の格納に頭悩ましていました。サコッシュに入れるしかないのですが。

あと自分はパンク防止剤「NoTubes」を入れてます。これは優れものでパンクしていることが気づかないほどです。
ずぼらなので近距離ならスペアを携行しなくなってしまいました。
Unknown (kaste)
2010-07-09 08:46:57
なーるほど!
いや~これは助かりますね。なんせ私はチューブラー暦1年未満、タイヤの性能なんかの知識はたくさんつきましたが、タイヤの折りたたみは初心者レベル・・・
自分でも色々試してみましたが、実際こうやって正解を見てみると、「ほほ~」と唸りますね(笑)

それと皆さん言われているウエス!これは確かに良いですね。こういう発想も大好きです(笑)

とにかく、すぐに試してみます。ありがとうございます!
R1@八王子さん (Kino)
2010-07-09 09:03:03
新しいタイヤを吊る
これは古いのが無い時にしますが 逆にスペア用に早くどれかパンクしないかな~
なんて思ってしまいませんか?(笑)

パンク修理をした後はセメン無しで走っている事になりますが
それでもタイヤが外れる事って無かったですね
やはりそれなりに気を付けているんでしょうね
クラちゃんさん (Kino)
2010-07-09 09:08:45
コメントを有り難うございます
古い自転車を大切に整備してやると 自転車っていつまでも使えますね
特に当時の部品は壊れると もう手に入れる事が出来ませんから 大切にしたいです

これからもご贔屓に宜しくお願い致します
よくろうさん (Kino)
2010-07-09 09:16:27
自転車に乗る時はガチンコでしたから
少しでも練習の邪魔にならないように なんて事から
こじんまりとまとめる様になったのかも
分らないですね

昔もボトルの頭を飛ばして そこにスペアを入れる人も居ましたが
当時はゲージが一つだったしその方法は具合良く無かったですね

パンク防止剤 タイヤは重くならないのですか?
kasteさん (Kino)
2010-07-09 09:25:49
kasteさんの記事を読まなければ
チューブラタイヤの扱いに そんな苦労をされてるとは
全く思いませんでした

今回の方法も 当時は競技者の一部だけがこの様に吊っていたのですが
それから ン十年 この方法はしっかり自転車乗りに普及しているものだと思っていました

ウエスはスペアと言えど ストラップの金具で傷が付くのを
防ぐのが目的で始めた事なんですが タイヤを吊る時にも タイヤがばらけず良いですね

お役に立てば幸いです
Unknown (k2)
2010-07-09 14:24:37
初めまして。以前からROMらせて頂いておりましたが、今日は書き込んでしまいました。私も高校の時サークルでサイクリング部に居まして、
それ以来ず~っとチューブラーです。
しかし このような取り付けは初めて知りました。是非真似させてください。
今後もBlogご発展をお祈りしています。
格好良い! (ボードマン)
2010-07-09 19:32:22
スタイリッシュで実用的ですね!

申し訳ない質問なんですが、チューブラーってどうなんですか?

通勤(往復40キロ)と週末の100~200キロで
乗っていまして、競技には興味が無いのですが
チューブラーに興味はあります。

ただ、実用的にどうなのかと。

ご意見伺えたら幸いです。

コメントを投稿

ロード」カテゴリの最新記事