Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

LED ワークライト ELPA DOP-W06C

2019-09-21 21:04:38 | 一般 用品 紹介
懐中電灯の仲間では有りますが ワークライトと呼ばれる物が有ります LED が使われた灯器ですが
電池式でも明るくて使い勝手の良い ELPA DOP-W06C と言う商品をご紹介します





これがワークライトと呼ばれる物で ELPA と言うブランドですが 朝日電器株式会社と言う所が
製造販売を行っています ホームセンターや電気店で良く見掛けますが廉価な商品が多いイメージが有ります
私も今までにこのブランドの懐中電灯を買っています






この商品をこの角度から見ると今までの懐中電灯と
それほど変わりません 品番 DOP-W06C 末尾の Cは
大箱単位の販売らしく ホームセンター等で並べられています




この商品は既存の懐中電灯と違う所は この様に折り畳み部分を
起すと パネルが現れ 白色COB LED が 1灯装備されています






このパネルの部分は 180度、任意の場所へ動かす事が出来ます








外周を見てみると 磁石のマーク部分はマグネットで金属に
引っ付きます もう片方はスイッチです








反対側には吊り下げ様のフックが仕込まれています




スイッチ操作でパネル側を点灯しました 明るさは 210ルーメン
電源は単三乾電池 3本で 2時間半の連続点灯が出来ます




スイッチでトーチ側へ切り替えました 明るさは 110ルーメン
連続灯火は 4時間です






実はこれに類似した物で 同じメーカーの DOP-W02C と言う
品番の物を以前に買っています これもパネル側は 210ルーメンで
明るさは充分だと感じています






トーチ側は 白色LED×3灯で 20ルーメン 24時間の連続点灯が
出来る様ですが、私はあまり使いません






このグリーン色のワークライトを使い易くする為に
この様な小さな三脚に手を加えています 
ライトの底にはマグネットが付いています








三脚に取り付けた鉄板にマグネットでライトを装着して
自由な角度と方向を照らす事が出来ます
 
私がこれを多用するのは 洗面化粧台やキッチンの扉の中へ身体を
入れて使います その時に自分が欲しい部分に向かって照らします
この様な使い方では明るさは充分だと感じています





今回ご紹介したワークライト 以前の物と同じ様な使い方になると思いますが
この形状であれば 折り畳みトーチ側も使えそうです 実勢価格は 1200円程度です





久し振りにどんぐりを見ました 今までにも同じ所に有ったはずですよね、私が気付かなかっただけでしょうか

最近は LED にも色々な物があり驚く程 明るくなっていますね


コメント   この記事についてブログを書く
« ヘルメットのカスタマイズ ... | トップ | ヘルメットに色を塗る クリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

一般 用品 紹介」カテゴリの最新記事