Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

手応えと言う 分野

2009-06-27 22:48:38 | よもやま話
先日からペダルのメンテナンスで色々と感じる事が有ります
この人間が感じる 手応え これってどんな優れた計測器より
微妙な事を感じると思いませんか?




先日からペダルの整備風景を日記にしていたのは
シマノ 105 使い込んだ PD-R540 でした

今ロードレーサーに使っているのは ULTEGRA アルテグラ
PD-6620-G この末尾の G は表面処理の違いだけで 構造は
ノーマルのアルテグラと違う所はありません
このペダルはまだ 100Kmも使っていません






これは先日の 105 PD-R540 と丸っきり同じ物
ただほとんど使っていません 何個持っているんだ(笑)
これと ULTEGRA アルテグラの違いは シャフトの処理の
違い位じゃないでしょうか

玉当り 回転部の手応えもほとんど同じで違いを感じる事は
出来ません




これは先日から整備をしていた 105
回転部の手応えは これが断トツに良いですね
これは ただグリスの粘度の問題だけでなく 使い込んで
角が取れた そんな感触です

DURA-ACE デュラは最初から この気持ちの良い手応えを
感じるので やはりデュラは別物ですね

しかし廉価版の回転部は おおむね使い込むとゴリが出たり
新品時より良くなる事は有りません それを考えると
使い込んで当りが出るのは 悪くない部品と言う事なのかも
分からないですね






しかし手応えと言う事では これ
Campagnolo カンパニョーロ スーパーレゲロ
 
デュラファンの方には叱られるかも分かりませんが
カンパの回転部独特の ヌルっとした手応え これを
指先が覚えてしまうとこの感覚を他の物で味わう事が
出来ません

こんな滑らかな物を 30年以上前に完成させていたカンパ
改めて凄い会社だと思います
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« シマノ 変速レバー SL-7700 | トップ | 昨日の お昼ごはん »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
全く賛成です (高津)
2009-06-29 00:25:14
旋盤において、職人のもつ経験をベースに統合された感覚により、数値では説明のつかない精度を見せつけられて幾度となく驚かされました。職人の前に理屈屋は脱帽するのみです。
高津さん (Kino)
2009-06-29 18:16:08
いつもコメントを有難うございます

そうですね 職人さん この方達の感覚はこの時代の科学の粋を持ってしても敵わないものが有りますよね

建築の左官工事 セメントやモルタルをコンピューター管理されたロボットに仕事をさせるより
左官職人が塗った セメントの方が強度が出る様です

コテを左右に動かす時に 職人さんは微妙なバイブレーションを与え セメントと骨材(砂など)を上手く締めて行く様です
コンピューターではこれが分かっていても 適切に出来ないらしいですね

コメントを投稿

よもやま話」カテゴリの最新記事