Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

サングラスの お手入れ

2018-08-29 20:09:04 | よもやま話
夏の日差しの強い時に良く利用するサングラス 汗などが金属のフレームに与える
影響も多く使っていると傷んできます そんなフレームのお手入れを行いました





私が使っているサングラスの一つです普段はあまり多用しませんが これも作ってから
何年も経つのでフレームが傷んできました 少し美装をしてみます






汗だけの影響では無いと思いますが つると呼ばれる
テンプル部分の色が剥げて来ました メッキだとすれば
かなり薄いものです




一度つるを外し色を塗ってみようかと思っています
それをする為にネジを緩めつるを外します






№00 の小さなプラスドライバーを使います








つるを止めている小さなネジを外し 両方のつるを外しました




塗装の前に傷んだ金属の表面を綺麗にします
コンパウンドと耐水ペーパー 1500番を用意しています






一度コンパウンドで綺麗になるかやってみます
粗目を使いましたが 金属を滑らかにするまでは
磨けません




耐水ペーパーで磨く事にします 幾分錆も発生していたので
それを落すのにペーパーが必要です




あら・・ つるの先の部分が取れました これも金属の様です








仕事が一つ増えましたが仕方が有りません ハンダ付と言う方法も
有りますが熱を加えたく無いのとハンダの腐食も考え、エポキシ系の
接着剤を使う事にします A剤 B剤 同量を取り、交ぜ合わせます
量は米粒も要らないくらいです




エポキシ系の接着剤で接着しました 実用強度が出るまで
60分必要です






もう片方のつるの塗装を先に進めます 塗料の必要の無い部分は
マスキングをします




今回は 3種類の塗料を使います






最初は塗料の食い付きを良くするミッチャクロン
1回吹きで 15分程度おきます






次は金色 Holts' ホルツのカースプレーです この様な細い物には
粒子が粗く不向きですが 買い置きの有る物でやっています






金色を 3度塗りをした後でクリアで仕上げます






塗装後 概ね 24時間乾燥させました マスキングテープを
剥します






塗装をしていない部分です つるの取付け部と反対側の先端です






つるを取付ける前に 分解した時に気になっていた取付けネジ
ここが錆びている様に感じました




ドライバーでネジを外しました 青く見えているのが青錆に見えます






洗剤で洗ってみます




どうも錆や汚れでは無くネジの緩み止め剤を使っている様です




フレームにつるを取付けました




ついでにメガネも洗っておきましょう






今回の塗装をした部分です 細くて思う様な塗装が出来ませんが
錆を進めない為に表面を保護する役目は担ってくれているでしょう






今回はこれで完了です 何か思った程良い出来栄えでは
無かったです (どれだけ良い仕上がりを期待していたんだ 笑)




こんな小さなサイズの工具は何時使うんだろうと思っていましたが
今回は役に立ちました





全く品の無いメガネですが結構気に入って使っていますこれでもうしばらく使えますね

ジャンル:
自転車
コメント   この記事についてブログを書く
« 出先でパンク修理 チューブ... | トップ | チューブラータイヤ 出先で... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

よもやま話」カテゴリの最新記事