Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

最高のチェーンを作る 準備 Spin Oil スピンオイル

2018-06-09 21:09:58 | 自転車整備 チェーン
自転車の構成部品の中で走りに大きな影響を与えるチェーン これを限られた環境の中で
最高の状態に仕上げよと思います オイルは高性能な Spin を使います





チェーンオイルについては実に色々な物が出ています そんな中で私は Spin の開発意図等を聞き
それに好感が持てるのでこれを選んでいます それだけではなく使ってみるととても良いオイルです
ただ少々高額なオイルなので普段の練習には中々使えません






スピンは先程のオイルだけでは無く この様な携帯に便利な
スプレーオイル等も有ります






スピンのグリスも少量で油膜が維持出来る優れもので
ピンク系の色は整備をしたくなる様な精神面を考慮した色
だそうです




スピンオイルの性能を引き出すにはチェーンの完全な清掃が必要で
今迄はこのパーツクリーナーやガソリンで洗ってからオイルを
使っていました




ただそれでは限られた環境の中でしか作業を進める事が出来ません
今回は何時もの様に洗車を主体にした後で良い状態が作れるのか
試してみます





チェーンは DURA-ACE 7901 10速用を使っています






前回の手入れから 30km 程度の走行距離でとても良い状態ですが
これを洗う処から始めます






手順は何時もの洗車と同様に進めて行きます 油脂汚れの洗浄には
ワコーズのフィルタークリーナーを使います






クリーナーをチェーンを主体に塗布します 今回は何時もより
チェーンを擦る位の気持ちで塗っています






ほとんど汚れていませんがフロントギアや変速機にも塗布します








フィルタークリーナーを使った洗浄ではクリーナーを残しては
絶体にいけません 特にチェーンのローラー内の残留には気を付け
多くの水で洗い流します






シンプルグリーン 洗剤を希釈しました 何時もよりやや
濃い目にしています








何時もは洗剤でチェーンを洗う事はしませんが今回は洗っています
やはり洗うと綺麗になります






変速機やチェーンホイールも洗いました






チェーンも何時ものクリーナーだけでは無く 洗剤を使った事で
表面が綺麗になっているのを感じます





洗って水で流す前のチェーンです チェーンの洗浄で大切なのはローラー内や
アウターとインナープレートの隙間などに溜まっている汚れを いかに取り省いてやるかです
それを丁寧にしてやらないと良い洗浄だとは言えません




洗剤を使ったチェーンを充分な水で洗剤を洗い流します




洗い場から整備場所に移動しました




今回はコンプレッサーが使えない事を想定して 電気のエアブロワを
使います






フレームにも水滴が残っています これらもエアーで吹き飛ばして
しまいましょう






フレームと共にチェーンの水分も残さない様に時間を掛けて
ブロワを使います




今迄はチェーンが濡れていても水置換の性質が有るオイルを
使っていましたが スピンオイルにはその性質が無いので
チェーンを乾燥させるのはとても大切な作業です





充分な時間を掛けチェーンの水分を除去しました ブロワが熱を持ち温風になったので
チェーンが暖かくなっています オイルの塗布前の状態とすれば良い状態だと思います

記事が長くなって来ました読んで頂くのもお疲れになるかと思います
この後のオイルの塗布は次回にご紹介させて頂きます 是非お付き合い下さい

この後の作業 【 最高のチェーンを作る 完成 Spin Oil スピンオイル 】

 
ジャンル:
自転車
コメント   この記事についてブログを書く
« チェーンホルダー の優れもの... | トップ | 最高のチェーンを作る 完成 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自転車整備 チェーン」カテゴリの最新記事