Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

内径ネジクリーナー NOGA NG1600

2019-08-29 20:06:48 | メンテ 用品
金属の内ネジの溝を綺麗にする為の工具が有ります 私達、給排水設備工事をする者には
使い途が有りそうなので購入してみました どの様な物か見てみましょう





今回は実物を見る事なく使用時の画像を見て使えそうな気がしたので netショップで注文しました
同様の工具にはパイプの内面のバリ取りや金属に開けた穴の座グリを行うもの等が有ります






箱には deburring system と書かれていますが 正にその様な
バリ取り用工具を販売しているメーカーの商品です
NOGA の日本国内の取り扱いは ノガ・ウォーターズと言う会社が
行っている様です




今回ご紹介するのは NG1600 メーカーの webサイトでは
内径ネジクリーナー 定価は 1950円と案内されています




ではどの様な工具で どの様に使う物が見て行きましょう
ハンドルは樹脂製で程良い太さです






この工具の先端ブレードです この他に様々な回転ブレードが
用意されており、それを交換する事で目的に応じた使い方が出来るようです




私が今回使いたかったのはここなんですが
これは水道のパイプと蛇口を取り付ける部分で
通常は建物の壁の中に配管し固定されています




水道の蛇口を取り替える時に古い蛇口を外すと
このネジ部にシールテープやシール剤が残ります

新しい蛇口を取り付ける時にはこの残った物を
時間を掛けて掃除していました






その残ったシールを今回購入した工具で取り省いてみます

凄い・・・






一瞬で綺麗になりました 今までは細いマイナスドライバーや
カッターの刃を使い掃除をしていましたが余り綺麗にならずに
妥協をする事も良くありました
それがここまで手早く綺麗になるなら良い工具に出会ったと言えます

※ ネジに残った古いシールは残しておいた方が良いと言う職人も居ます
シールの状態に依ってそれが絶対に悪い事だとは言えませんが、私は今迄
出来るだけ古いシール剤は取り省く様にしています




今回は水道用の樹脂パイプを紹介しましたが
同じ目的に使う鋼管用のこの様な継ぎ手も有り
このネジにも使えますね






最近、私達設備屋は余り使う事は有りませんが SGP と標記する
配管用炭素鋼鋼管と呼ばれるパイプと継ぎ手です これのネジは
錆びる事も多いのでこの掃除にも使えそうです




自転車なら



自転車で内ネジを使っている所は案外少なく このハンガーシェルの
ネジでしょうかここのオーバーホールをすると錆が廻っている事も多いので
使う事が有るかも分りません このフレームは COLNAGO コルナゴです






こちらはハンガータップを建てフェイスカットもして貰っているので
綺麗ですね 凄腕のメカニック石川県カツリーズサイクル&デザインの
成田さんの仕事です






今回ご紹介した回転式のリムーバーにはこの様な内面用の
バリ取りが有ります






これは金属パイプを切断すると内外部にはバリが残ります
それを綺麗にする為の工具です






これも自転車ならハンドルの先端やシートポスト、ヘッドコラムを
カットした時の内面処理に良く使っています





今回新たに購入した工具はここで試した限りでは使い物になりそうで、実際に使ってみるのが楽しみです

最近自転車とは関係の無い仕事関係の記事が多いですが、自転車を忘れている訳ではありません
自転車ネタが出て来るまでどうぞ我慢してお付き合い下さい


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 自分で作る 道具箱 | トップ | 第18回 おのみどり てづくり... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (にわ まこと)
2019-09-01 07:26:59
にわです。こんな特殊な工具ばかりを作ってるメーカーがあるんですね!前職では油圧機器を扱っていて、シールテープでは随分と苦労しました。配管を再組立てした時に、シールテープの残りかすが油の中に入り、精密な油圧機器に引っかかって、不具合を起こします。修理現場の人は、半自動溶接棒の先を尖らせて、ネジを掃除してました。
にわまことさん (kino)
2019-09-01 08:32:35
このノガと言うメーカーは面白いですね 普通なら困難な場所や形状のバリを取る工具が豊富に有ります

仰っている油圧機器の配管内に異物が入ると厄介でしょうね 私達の給水関係でもパイプ内に詰まらなくても蛇口やボールタップの細い経路で詰まると面倒な作業が増えます

ネジもオスネジに巻いたシールテープはネジを締め込むと外に出てきますが メスネジのシールは内側に入って行きますから注意が必要です
これはテープに限らず 液状のシール剤を使う場合もそんな理由で使うのはオス側だけでメスには塗布しません

コメントを投稿

メンテ 用品」カテゴリの最新記事