Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

カンパニョーロ チェーンホイール 取付け

2017-12-05 20:17:11 | ロード
フレーム制作後 43年を過ぎたロードレーサーの整備をしています 今回はオールドカンパと呼ばれる
PCD 151 時代のチェーンホイールを取付けます





1974年に作った National ナショナルのオーダーフレームです 普段はあまり乗りませんが
定期的に整備はしています 前回にハンガー小物を取付けたので今回はチェーンホイールを
取付けましょう






最近のロードでは使われなくなった四角テーパー
と言うシャフトです チェーンホイールは Campagnolo
RECORD PCD151 52×47T の歯が付いています






チェーンが邪魔にならない様に吊っていましたが
下に降ろしておきます






当時物のカンパグリスです 今回は回転部分では有りませんが
要所に錆止めの為にグリスを塗布します






シャフトのテーパー部分とクランクの嵌め合い部分に
グリスを塗っておきます






クランクをシャフトに装着します 差し込むだけです




クランクの固定はこのシャフトのメスネジにボルトで
締め込む構造です






これがその為のフィキシングボルトです






ボルトとワッシャーにもグリスを塗っておきます






フィキシングボルトを取付けます






ボルトの締め付けには 15mm のレンチを使います
これはカンパの純正工具 UT-FC050






純正工具で無くても大丈夫ですが 余り厚さの有る工具では
クランクの穴の中に納まりません






工具をボルトにセットし締め込みます 締め具合は
このサイズの工具なら 目一杯締めれば OK です






ここでチェーンを掛けておきましょう






左側に移ります する事は右側と同じです






右側のクランク位置を確認して取り付けます






当然の事ですがこの様な位置に取り付けてはいけません






フィキシングボルトを入れ工具を掛けます




この工具を使う時は工具が外れない様に奥に押え込む様に
使います 結構外れやすい工具です ギア側では特に
注意が必要です






グリスで汚れた部分を拭き取って完了です






CAMPAGNOLO こんな刻印だけでも嬉しく思える
カンパニョーロです





これでハンガー周りの整備が終わりました すでにかなりの年数が経った部品ですが
特に何処が悪いと言う事もなく維持が出来ています もうしばらく整備を続けます
次回もどうぞお付き合い下さい 次はヘッド小物を分解するつもりです


前回の作業 【 Campagnolo ハンガー小物取付け 四角テーパー 】

次の作業 【 ヘッド小物 取外し スレッドタイプ 】


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« Campagnolo ハンガー小物 取... | トップ | ヘッド小物 取り外し スレ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (かん)
2019-10-17 11:31:34
KINO様

いつも参考にさせて頂いております。

この度、コルナゴのマスターx-lihgのフレームに旧レコードのカンパのコンポーネントを素人ながら組み付けチャレンジしております。

BB、ギア、クランクと組み付けてみたのですが、インナーのチェーンリングとチェーンステーの隙間が2ミリ程しかなく、チェーンを付けたら干渉する事間違いないと思われます。シャフト(スピンドル?)長は115mm程ある長めの物を使用したのですが、意味無いのでしょうか。やはりエンド幅130mmの現代のフレームにオールドパーツは合わないのでしょうか。

また、クランクを回転さすとフォーンと高い音がしてしまいます。グリスや締め付けなど、色々試して見ましたが、変化はありません。これもフレームとの隙間が狭いことに関係しているのでしょうか。

何卒ご指南の程お願いいたします。
かんさん (kino)
2019-10-17 18:24:40
初めまして お問い合わせを有難うございます

お問い合わせの内容に沿って私の考え方を書き進めさせて頂きます 少し長くなるかも分かりません

まず旧レコードのカンパのコンポーネントとは何時の時代の部品なのでしょう この記事に使っているオールドカンパと呼ばれる時代には コンポーネントと言う概念は有りません

いずれにしろ今回お問い合わせを頂いている内容ではあまり部品の年代は影響しないので 一般的な事として進める事にさせて頂きます

まずインナーギアとチェーンステーの隙間が 2mmしかないと言う事ですが この記事の私の自転車も 2~3mm の隙間です

この隙間に付いてはチェーンステーの潰し方に依っても変わりますし インナーギアの大きさに依っても当然変わります 通常はチェーンステーにギアが当らなければそれ程問題にする事では無いかと思います

>チェーンを付けたら干渉する事間違いないと思われます
この様に書かれていますがチェーンステーとギア板が競っているからと言って チェーンが何処に干渉するのでしょうか その様な場所が思い当たりません

ひょっとしたらハンガーシャフトを長くしフロントのチェーンラインが外に出た為、アウターギアにチェーンを掛けた時にシートステーにチェーンが当ると言う事でしょうか それならその可能性は有ります

文面ではまだチェーンの装着をされていない様ですが チェーンを取り付けて確認をされたらいかがでしょうか

>やはりエンド幅130mmの現代のフレームにオールドパーツは合わないのでしょうか。
オールドカンパ時代の部品はあまりフレームを選びませんが、これに付いては現物合わせで確認と言うしか有りません

最後の音に付いては 明らかに金属同士が触れ合う音や回転部分の不具合で有れば原因も探す事が出来ますが それ以外の事は私も判断をしかねます

すみませんが 今回のお問い合わせ内容では私もこの程度しかお答え出来ません 是非色々と試してみて下さい
  
Unknown (かん)
2019-10-17 23:03:04
とても丁寧なご回答に感謝いたします。

とにかく一度組み上げてみて調整するのが良さそうなので、やってみます。

なかなか聞ける人が周りにおらず、困っていました。ありがとうございました。
かんさん (kino)
2019-10-18 14:12:42
今回私が書かせて頂いた事で 全てが解決した訳では無いと思います

お問い合わせが、旧レーコードのカンパと漠然としていますが この辺りは せめて後ろのギアが何速か知る事に依って時代背景が見えて来ます

リアエンドが130mm と言う事ですが
5速時代は 120mm 6速時代は 120mm 126mmが混在します 7速時代に120mm は有りません
その様な事も含め 解らない事が有れば具体的に今の情報を提供して下さった方がアドバイスもし易いですね

私で解る事ならお答えしますので またお問い合わせ下さい

コメントを投稿

ロード」カテゴリの最新記事