今日のころころこころ

おばさんのつぶやき

2013・11・30 おばさんのが~ん!

2013-11-29 23:13:20 | 日記
昨日は、里へ日帰り。
母が尿管の手術を受ける説明だという。日程も決まってるし、まんま素直に解釈して母と長野市民病院に向かった。
行ってみて、が~ん!

こんな状態ですと資料を渡されて、私が見てもわかりませんよと言いながら一応読んでみてが~ん!あの?これって癌ってことじゃないですか!と思わず口にしたら、そうですよ癌ですよ!と事も無げに先生。が~んですねぇ!そうですが~んです!が~んといっちゃてるんですか?が~んとは行ってないからそれは大丈夫です!転移はありません。
やり取りを聞いていた母が思わず噴き出したのが救いだった。
それにしても、なんというか、癌の告知ってこんなにもしれっとさらりと簡単にする時代になったんか。
それにしても、あまりにも荒っぽい。
事前に癌ですからこういう治療方法があってうんぬんの説明があって選択と同意があって、初めて手術の説明だと思うのだけど・・・いくら若い頃外科の看護師をしていた母とは言え、動揺してるがわかった。
怒りがこみ上げてきたが、ふと気が付けば、マスクで目の部分しか見えなかったが、この先生40いってないんじゃないか?けれど髪は初老くらいに白い。髪だけ見たんでは50代後半だ・・・この先生は先生なりきに細心の心遣いで告知のタイミングをはかっていたんだな・・・そういえば、母も優しいいい先生だと言っていた。この先生早死にしてしまいそうだな・・・おまかせするしかないだろう。
腎臓の悪性腫瘍、癌だった。腎臓摘出になる。内視鏡ではなく、メスを入れ、肋骨も削るかもしれないという。が、他に転移してないし腎臓はひとつでも生きていけるから、ま。そういうこと。
が~ん!が~ん!が~ん!なん連発だったんか( 一一)
ちなみに。帰宅して病院のHPみたら、やっぱ先生は若かった。目的・理想・現実・葛藤・矛盾・・・大変な職業だな。私たちは、この職業の人たちに業という十字架を肩代わりしてもらってるのかもしれない。
母の方は、動揺はしていたが、やっぱりそんな気がしてたんだよねぇ・・・と落ち着いていた。まな板のコイだとも言っていた。母に感謝。

それにしても・・・
どんなに節制して健康によいといわれることは全て実践していても、耐用年数はあるんだな。不摂生組の方が短いというだけのお話で。老化して朽ちて行くのが生きとし生けるものの定め。それは、星とて同じ。例外は、ない。
どこで線引きするかだ。
母の今後はどうなるのだろうか?腎臓ひとつでも生きてはいけるが、それとてやがて耐用年数が切れるであろう。人工透析でやっていくのだろうか?その間にも他もガタガタになっていくだろう。修理・交換を繰り返すたびに制約・拘束が多くなる。どんな形でも生きてるだけで楽しいと言えば言えるのかもはしれないが・・・
私は、どうするんだろう?死にたくないという本能的な恐怖は絶対に消えることはないだろう。ないが、どこかでいかねばならぬ。
できることなら、制約・拘束が少ない段階で、やっぱ死にたくはないよなぁとボヤキながらも、お先に失礼~♡と夕陽にむかってあっさりと旅立ちたいものだ。


コメント

2013・11・27 おばさんの大山阿夫利神社社務局周辺ちょこっと散歩

2013-11-27 21:28:57 | かながわ名木100選
今日も風が強い。
山の紅葉たちはどうなってるのかな?

大山阿夫利神社社務局様にカシワ様を訪ねた。帰路は・・・なんせグーグルマップ先生のナビのおかげさまで勝手口方面から侵入してしまった。おまけに防護柵の紐を縛り忘れてた。元来た道に出ねばならぬ。

呆れながらも神職様が教えてくださった。赤い車ありますよね。そこからあがれますから!

ま・・・
少し歩いてから帰ろう。そう。社務局の前は、素敵な道なんだよな。

まずは、風にのれんが揺れる『米屋きゃらぶき本舗』。

落ち着いた老舗だ。きゃらぶきを買う。
次は、『大山総合食品』。

名前は総合食品だが、とうふ屋さんである。名物・大山とうふを作るお店のひとつだ。早速に買い求める。

そしたら、おからをおまけにくださった(*^_^*)しかもホカホカの温かいの。釣銭をおから代にとってほしいとお願いしたが皆さまにさしあげてますからとにっこり笑う。嬉しかった!これはギュウ詰めバスで懸命に守りながら帰宅後、美味しくいただきました(*^_^*)

気になる日本家屋・・・

とうふ屋さんにうかがったら、今は通常は使われて無いということであった。料亭は同じ通り沿いに引っ越して営業してるという。それにしても、粋だ。

素敵な旅館だな。

歩いているうちに、ここに一泊して朝一に大山山頂アタック(?)もいいよなぁと思う。たくさん旅館がある。

とうふ屋のおかみさんにうかがったら、今は誰でも泊まれるけど、かつては、『講』のための宿だったという。
そうか。そうだよ。『大山講』というのがあったんだ。
徳川家康のみ世に、大山改革があったという。聖域は聖職しか存在を許さないといった内容のようだ。妻帯やら副業やらの輩は山から追われた。それが大山講の繁栄につながった。
娯楽が溢れすぎて不自由すら感じる今からは想像すら難しいが、人生の大半をひとつの場所に縛り付けられた時代には、大山講で旅に出られるは、豪華客船で世界一周するくらいな娯楽だったはずだ。
ネットも電話もファックスもない時代では、宿の予約は逆算だったのかもしれない。その日を目指して準備をする。物流だって地産地消だ。受け入れる方だってその日のために準備をする。丁寧な時代だったんだろうな。

この道はかつてのメインストリート。今はバス通りがメインストリート。そして、新道が出来つつある。
でも、この道からゆったりと大山の山頂めざすのがいいのかもしれないなぁ。


防護柵の紐結びながら・・・
あああ・・・神職様に聞き忘れたじゃないか。山頂の縄文土器のこと。
また来よう。












コメント

2013・11・26 おばさんの葉っぱ かながわ名木100選 伊勢原市・大山阿夫利神社のカシワ

2013-11-26 19:21:04 | かながわ名木100選
秋晴れだなぁ(*^_^*)
たまには紅葉見物もいいかもなぁ(*^_^*)

かながわ名木100選。伊勢原市・大山阿夫利神社のカシワ。

小田急・伊勢原駅下車。

降りて、大山ケーブル駅行きのバス停の列を見て、心底に後悔した。爺さん婆さんのものすごい行列である。何度も乗り降りしてるターミナルだが、こんなの初めて。常日頃観光地を避ける生活をしてるからわかんなかった。ド平日の昼下がりでもこんなにも有象無象に群れるものなんだな。これが土日だったらどうなってるんだよ。これが観光地のトップシーズンというんか。はぁ・・・
ま。ギュウ詰めバスに乗る。
目指すは、大山阿夫利神社様の『社務局』である。
大山阿夫利神社様は、下から、社務局→大山寺→下社→本社となってる。観光客が目指すのは下社だから、大山小学校前のバス停で降りたのは私ひとり。

スマホのナビで歩き出す。
小学校方面に曲がる。

道なりに歩く。

それにしても、確かに美しい季節だ。人が集うわけだ。

ずんずん歩いていく。
ん???道が・・・

立ち入り禁止とは書いてないし、この周囲ではよくみかける柵だから、畳のへり布の紐の蝶結びほどいて入る。
気持ちの良い道だな(*^_^*)

ん?そうか。大山桜はここから入るのか。

でも、春にはあの観光客全員がここを目指して歩いてるかと思うと、桜の花は見なくてもいいかと思う。

お!見えてきた。あれが社務局だな。

って・・・グーグル先生・・・どっから入るんだよ?

仕方ないから、山道を飛び降りた。社務所の勝手口だったかもしれない。すいません。
社務局で場所を尋ねる。侵入ルートにあきれながらも神職様が丁寧に教えてくださった。ほんとうにすいませんでした。
あった!カシワ様。

素晴らしい古木様だ。

木霊たちがいるな(*^_^*)

さてさて・・・正規ルート(?)は。
社務局の駐車場から、

その大木様の横、勝海舟神社の裏を社務局に向かう道の途中。

それにしても、素敵な社務局だな。

社務局でもこんなに美しい秋なんだから、なるほどギュウ詰めでも皆さまがんばるわけだよな。

私はここで満足だが(*^_^*)











コメント

2013・11・23 おばさんのペット

2013-11-23 22:52:09 | 日記
いやはやいやはやまいったなぁ・・・
首を痛め喉を痛めよれよれと二週間ほど過ごして、踵ガサガサ。手入れをできるくらいに回復して、ふと気がついたら、ホットカーペットぼろぼろ。

敷きカバーからはみだしていた部分を、きんが巣材としてかっさらっていた。
キンカチョウは、みんみん蝉と大差ない程度の体だ。放し飼いにしてると言えば皆さま驚くが、体も小さければ行動範囲も狭い。鳥籠から飛んで鳥籠へ着地と、カーテンレールの別荘に飛ぶ以外にできない。まさかねぇ・・・ここまでやるとは。絶句。

別荘の方も、カーテンレールに置いたクッションおろしてみたら・・・なんとまぁ・・・

たいしたものだ。(-。-)y-゜゜゜

でも・・・
見習わなきゃ。
50になったとたん、耐用年数が切れてきたとでもいうのかな。ほんとうに、人生50年を実感する。医療の発達と国民皆保険のおかげで部品の修理・交換が容易になってるからアンチエイジングなんてのが流行ってるが、砂上のお城だ。時々、なにもかも放棄したくなる。いちぬけたぁ~と逃げ出したくなる。
けど、斃れるその日まで、愚直に正直に生きるは、大事だな。それが、どんなに無意味であろうと。生きてるかぎりは営む。



コメント

2013・11・22 おばさんの菊名ちょこっと散歩

2013-11-22 22:56:25 | 日記
久々に空手の稽古。へろへろ・・・

そうだ。そういえば、道場の神棚には、菊名神社様が鎮座されてる。道場は新横のアリーナのそばで、確かに近所には神社らしきのは見当たらないが・・・なんで?菊名神社様なのか、かねてより気にはなっていた。ついでに寄ってみよう。
と、寶藏院様を出た。


出たが、実は、もうひとつ気になったのがあった。バス停の案内に小学校前の掲示板。

『寺尾城跡』って?なんだろう?
犬の散歩途上の老紳士におうかがいしたら、ああ!あそこ!と教えてくださった。
小学校の前の道をまっすぐに行く。

殿山公園。

その奥。

ほう!

戦国時代に小田原北条氏に仕えた諏訪氏の居城であったとのこと。武田信玄に攻められて落城か・・・って???確か、この間行った津久井は青根もそうだったよな???
いったいどんだけ北条氏って弱かったのか。それとも武田信玄が強すぎたのか。
個人的には、我が里方面は上杉謙信贔屓な土地で信玄は悪者のイメージだったが、こうして偶然偶然にあたると、やはり、早死にしなければ、天下をとっていたな、と実感する。
どこがどこだかわからぬが・・・

夢の跡・・・


駅に引き返す。
駅前で腹ごしらえ。
ここは大当たりでした(*^_^*)『Ameya食堂』さん♡味も雰囲気もなにもかも素敵なビストロ♡


満足満足♡で、菊名神社様に向かう。

お!あった。

おお!がまん様だ!

拝殿に行ってみたら、がまん様グッズであふれてる。ここまでメインになってるがまん様は、初めてだ。

うちわのお金を払おうとして神社の方を探していたら、宮司様と思われる御仁が現れた。なりははっきし言ってあまり綺麗ではないが、妙に神々しい方で・・・
思わず、がまん焼きってなんですか?と聞いてしまった。がまん様を模ったかたカステラのような焼き菓子のようだが、現物がない。今宵のデザートに買っていこうかとおもったら、11月と1月の土日限定販売だという。しかも、なんと!宮司様のお手製だという。
そうか!神社の維持費をできるだけ自力でなんとかしようとされてるのか。清廉潔白なお人柄だ。なるほどに、師範が参拝するのもうなずけた。テイスト似てるし(*^_^*)
来年の初詣はここにしようかな。がまん焼き食べてみたいし(*^_^*)
それにしてもミッキーちゃん!あんたね!あんまし吠えないでよね!


菊名周辺は、面白いし美味しい。
また来よう。












コメント