見出し画像

今日のころころこころ

2021・4・5 東京都渋谷公園通りギャラリー・交流スペース「インナー・ランドスケープス、トーキョー」

  • 東京都渋谷公園通りギャラリー。

交流スペース。

「インナー・ランドスケープス、トーキョー」展。
会期は3月13日~5月16日。
「インナー・ランドスケープス」とは、「inner(内面の)」と「landscape(風景)」の造語。
フィンランド在住の写真家マルヤ・ピリラと日本をベースに活動する陶芸家の崔聡子と蔵原智子のユニットによるプロジェクト。



写真家と陶芸家の普通のコラボ展のようにみえたけど、器の中を覗き込んで思わず心の中でアッとつぶやく。
器の中にはフィルム時代の家族写真があるのだ。











ある地域に暮らす高齢者たちにインタビューをおこない、彼等の生きてきた時間の断片を集め投影した作品。
どの人もどの人も生きた。 
それは確かなぬくもり。
アーティストの意図はわからないけど、博物館等で完璧に保管でもされない限り、陶器もやがては色あせやがては土に還る。
でもそれがそんなに悪いことではないように思うのだ。
 



コメント一覧

painfulnight
こんばんは

あぁ…
陶器もフィルムも人も人の記憶も朽ちていくのですね。
kinntilyann
愛したあなたも憎んだあなたも一緒に宇宙の塵となって次の奇跡を待つ。
kippy0001
てか、どこにでもギャラリーってあるんですね(@_@)
kinntilyann
星の数ほどに(@‾@)
k_funaki_love
こんばんは。
「今は今で懸命に生きていつか全てが無に帰る、それはそれでいいではないか」
そんなつぶやきが聞こえてきました。
へんてこりんなコメントですみません🙏
kinntilyann
funakiさま
こんばんはでございます(^^)/
そんな感じです。
ジタバタしても行く先は決まってますし。
でもやけくそにならずに頑張るのだ(^^)/
名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最新の画像もっと見る

最近の「博物館・美術館・ギャラリーなど」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事