今日のころころこころ

おばさんのつぶやき

2017・12・4 さてクリスマスリース・・・

2017-12-04 20:33:42 | 日記
子供が独立してしまうとこれももう毎年どーしよか?と思うクリスマスリース。
駅ビルのアオフラさんをひやかしたら安くて大きなモミがあった・・・
作るか。

といっても、例によっておおざっぱり(^^;じゃない、シンプルと言えばいいんだ(^^;
バサバサと切り分ける。

百均で買ってきたリースの土台にざっくりと置く。

緑色の針金が見当たらなかった(^^;麻紐でざっくりと縛っていく。

更にリボンで縛っていく。

はみ出たのはご愛敬(^^;でも少し切ってドアへ。霧吹きで水分補給。

どうも私はこういう縁起物(?)のようなのは、生にこだわってしまうんだなぁ(^^;
いくら異国情緒の歳時記みたいなもんでも、押入れから出して今年もとできない(^^;
アホみたい(^^;

作っている間かまってなかったからきんは居眠りしちゃってる(^^;







コメント (4)

2017・12・4 東京の素敵な建造物 中央区・築地本願寺 ぶっ飛んでる(^^♪

2017-12-04 11:01:22 | 東京の素敵な建造物
東京メトロ日比谷線築地駅。

築地本願寺さま。



浄土真宗本願寺派の直轄寺院であるが、なんだか色々とぶっ飛んでいる建物(^^♪











昭和9年落成。設計者・伊東忠太、施工者・松井組。国指定重要文化財。

本堂へ。







本堂の中は外観よりはるかにノーマル。

築地本願寺は1617年(元和3年)に浅草に建立。明暦の大火(1657年)で焼失し、大火後の区画整理で幕府から指定されたのは八丁堀の海上。佃島の門徒が中心となり海を埋め立てて1679年(延宝7年)に再建。今の築地場外市場あたりは58寺院からなる寺内町だったそうだから、当時の門徒パワーはすごい!!
その後関東大震災で焼失。現本堂となる。
伊東忠太といえば、日本建築史の創始者。建築という言葉も氏の考案という。
それにしても?
国芳が描いた風景にあるこれが、

なんでこうなったんだろ?

建築の歴史を研究するうちにたどりついた仏教寺院建築ということなんだろうなぁ。
もっとすごいのはこれを認めた施主だけど。

インフォメーション棟が11月にオープンしたという。

築地本願寺カフェはテイクアウトもできるのです(^^♪
























コメント