田舎暮らしと都会暮らしの往復便

第二の人生の方が、日々忙しく暮らしています。

今日は、真夏日

2017-06-30 | 余市
土曜日の昼。
只今の気温は、30度
今日の作業予定は、ベランダと玄関の手すり
の、二回目のペンキ塗り。
庭の、雑草取りと草刈り機での雑草刈り。
お隣さんの庭の雑草刈りは予定外だつたが
何とかこれも完了。
午後からは、買った薪の整理がある。
炎天下の、作業はこの歳になると結構キツイ。

今回、休みの時に飲むのがこれ
我が家の奥さんが、作った自家製の「梅ジュース」これをソーダで割ると、酸味が爽やかで
水や、炭酸飲料水などに比べても、後味が良
いのでお勧めです。
梅100%ですから、体にも良い気がする。
梅ジュースは、電気釜で作っていたが詳細は
分からない。
最近は、休みの間隔が短くなる傾向にある

左が梅、右炭酸
炭酸が残り少なくなつたので大事に飲まなくちゃ



コメント

優勝しました

2017-06-28 | ゴルフ
昨日は、ゴルフ仲間との恒例のコンペに参加
二週前のコンペでは、シャンク多発で、スコアにならなかつたが今回は、シャンク一発だけで、
少し良くなった
今年4回目、股関節の痛みにも負けないで今年初の
80台が出て、ダブルペリアハマりで何と優勝。
優勝賞金は、4500円。ドラゴン500円を、ゲットした
賞金で奥さんと回転寿司に行く予定
ゴルフ場から、直接余市にGO
購入した薪の積み込み、ベランダのペンキ塗り
庭の雑草取りなど、予定がいっぱい。

ポストの中の、黄セキレイの雛が孵った
4羽共に、孵った。
親鳥が、餌を咥えて近くに居るのでもしかして
と思い、巣箱を見たら元気に口を開けていた。
あとは、蛇に気をつけて巣立ちして欲しい

コメント

雨の日が続く

2017-06-26 | 

 この処、週末は毎週のように雨になる。

丁度、札幌の我が家はバラが咲き始めるころだが、あいにくの雨でバラも

かわいそうに、少しうなだれている。

札幌のバラが一段落したら、今度は余市の家のバラが咲き始める。

札幌の我が家は海抜数メートル、余市の家は海抜150m

この違いは結構、植物に影響があり、2週間程度季節が遅れて来るのが余市。

で、花は2回楽しむことが出来る。

一本の茎から出た数個の花芽は摘花する事で大きな一輪の花になる。

 

つるバラは今年少し花芽が少ない様だが満開までは後1週間か

一年おきに咲くジキタリス(フォックスグローブ、きつねの手袋)も寒い中で

元気に咲いている

 雨の中、する事がないので久しぶりにゴルフの練習へ行き、前回のゴルフで多発

したシャンクの原因究明。

どうやら、シャンクの原因はクラブを降ろす時に、屈折した右足が前に大きく出る事

で、クラブの根っこ側にボールが当たり右側に飛び出す。

で、それを注意して打ったらシャンクは出なかったので、今週水曜日ののコンペは

行けるでしょう。

ただ、右足の動きに気を取られたら何故かドラーバーが飛ばなくなった

気がする。

これは、問題だ。

兎に角、ゴルフは難しい。

 

 

コメント

プルーンの摘果

2017-06-24 | 

 前回はリンゴの摘果のお手伝いをしたが、今回はプルーンの摘果

のお手伝い。

鈴なりに成っているプルーン。

一本の木に実が成り過ぎると、栄養分がすべての実に行き渡らない。

10cmの間隔に実が一つ程度が適当だそうだ。

一本の木には適当な実の数があるそうで、それ以上は大きくなる前に

実を取ってしまう。

リンゴ、ナシ、ブドウ、プルーン等大半の果実がなる果物は摘果が必要。

今回も2時間半で3本から4本程度の木を摘果。

何時もの事だが、たかが2時間半でも上を向いているので、首がだるくなる。

一日、数時間、何日も作業する農家さんは大変。

自分達には、お遊び程度が丁度良いかも。

我が家のプルーンは実を数えたら、10数個。摘果どころではなく全部

育てても、わずか。

何時になったら摘果作業ができるか?。

 

コメント

セキレイの子育て展開中

2017-06-23 | 余市

 余市の我が家のポストに黄セキレイが巣を作った。

何時も通り、余市に行ったら最初の作業はポストの確認。

そこで、ビックリ。

なんと、ポストの中は小枝とわらで一杯。

ビックリして、すぐに蓋を閉じた。

ポストは、ここに来た時に初めて作った工作物で6年目

ここに、作られたのは初めて。

3年前に玄関横の電気メータの上に巣を作られたがそれ以来。

自分は、気が向かなかったが奥さんがポストの投函口に

スマホを入れて撮った写真がこれ

5個の黄セキレイの 卵が

 かわいそうに、玄関を開けるたびに親鳥は飛びだって行くが、

しっかり子育ては続行中。

我々が出入りしている間は、玄関前の電線にとまってピーピー泣いている。

2日経ったら、札幌に帰るのでそれまで我慢して

決して子育ての邪魔はしませんので。

 

コメント