観るも八卦のバトルロイヤル

映画・ドラマを独断と偏見(?)で、
斬って斬って斬りまくる。
※無断転載は一切禁止。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「世にも奇妙な物語 2007秋の特別編」全体にほんわかムード?

2008年11月28日 | 映画・ドラマ
 恐怖感無しの、ほんわかストーリがほとんどだった。

「未来同窓会」石原さとみ
 3年後の同窓会に行った主人公を待っていたのは30年後の同級生たち。 不思議かつ不可解な現象に戸惑う主人公(石原さとみ)だったが、実は…。心温まる不思議話し。

「カウントダウン」阿部サダヲ、MEGUMI
 朝になると机でカウントダウンの数字が描かれるという、不思議な現象に巻き込まれた教師(阿部サダヲ)。公私ともに対人関係に不満を抱えるこの教師の行く末と毎夜カウントダウンされていく数字の意味とは…。

「自販機男」城島茂
 まるで駄目な営業マン(城島茂)が、人の生まれ変わりの自動販売機と出会い、次第に心を通わせていく。

「ゴミ女」松下由樹
 ゴミ女の取材を担当させられた、フリーライター(松下由樹)。自身が昔捨てた時計を見付けたことから、過去の記憶が甦り。そして次々と捨てた物が…。そして、ゴミの法則を知り運命が変わる。

「48%の恋」白石美帆、岡田義徳
 恋と運命のいたずらをテーマに、天使が文字通りのキューピットに。しかし、天使の思惑通りにいかないのが人の思いで…。このお話しって、天使が登場する意味あった?  簡単に無くしたフィルム見つかっちゃったりするし。それも、雨ん中、濡れてないし。フィルムって濡れたら駄目なんじゃないかな?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「まごまご嵐」 | トップ | 「六千人の命のビザ」杉原千... »
最近の画像もっと見る

映画・ドラマ」カテゴリの最新記事