広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Sichuan Province, China / May. 4th 2018

2018-05-20 17:31:24 | 鳥(Birds)



ギンケイ Lady Amherst's Pheasant

雄成鳥単体ではかなり用心深いこの種。こちらも雌が出てきた瞬間に豹変!

耳羽から後頭にかけての鎧のような体羽をトランスフォームさせて顔面を覆い、弾丸のようなスタートダッシュを切ったかと思うと、林縁で切り返して雌のまわりをグルグルと凄いスピードで走り回り走り始めました。
そのうちピタッと雌の前で止まると、上背の緑、翼の青、背の黄と腰の赤、そして複雑な模様の銀色の尾羽を見せつけ、情熱的ななディスプレイ。
中国の伝説の生物を描いたような絵巻から「銀色の龍」が出てきて、目の前を低空で飛び回っているのかと錯覚するほどの凄まじい光景でした。

A Chinese Silver Dragon really existed!!

















Sichuan Province, China / May. 4th 2018 ; 四川省, 中国/2018年5月4日】

コメント

Hubei Province, China / Apr. 28th 2018

2018-05-19 23:56:30 | 鳥(Birds)



オナガキジReeves's Pheasant

ゴールデンウィークは、中国に行ってきました。
キジ類のディスプレイや縄張り主張行動が見られるかもしれない時期を狙って企画して行ったところ、まさに予想通り、いいえ予想以上の成果でした。
最近更新が滞っていましたが、少しずつUPしていきますね。

まずはこのオナガキジ。今回、中国へ鳥見に行こうと思ったきっかけとなった鳥でもあり、長年憧れていた種でもありました。
夕方になり日が陰った頃、何度か林内からドドド...とドラミングが聞こえてきました。声を押し殺してしばらく待っていると、開けた場所に雄の登場です。何度か目立つ岩の上でドラミングをしていると、雌が出てきて雄に近寄ります。すると、雄が変貌。体羽を逆立ててふくれ、さらに尾羽を持ち上げて開いたまま、雌に向かって傾けて見せつけたのです。自分の体格が大きくて屈強、さらには美しいことを誇示するように...!
その後も何度かドラミングしながら、夕闇とともに林内へ入っていきました。















【Hubei Province, China / Apr. 28th 2018 ; 湖北省, 中国/2018年4月28日】

コメント

Blue & Fire

2017-04-26 23:54:31 | 鳥(Birds)


オガワコマドリ/Bluethroat
ムネアカノゴマ/Firethroat


繁殖地へ渡る直前でリスクの高い遠征でしたが、どちらも無事に見られました。

次はBlackthroatを...。



【Aichi Pref., Japan / Apr. 23th 2017 ; 愛知県,日本/2017年4月23日】
【Chiang Rai, Thailand / Apr. 15th 2017 ; チェンライ,タイ/2017年4月15日】

コメント

Eurasian Collared Dove

2017-03-09 21:45:04 | 鳥(Birds)


シラコバト/Eurasian Collared Dove

ある初夏の日、埼玉の中でもシラコバトが簡単に見られる場所を訪れました。
江戸時代に移入されたのち、日本の鳥となったとされるこの鳥。
今では動物園のバードケージに放し飼いになっているホオジロカンムリズルの餌をくすねに、外から侵入してきています。

渡りで日本に来るシラコバトも見てみたいですね。


 


 

【Saitama Pref., Japan / Jun. 21th 2014 ; 埼玉県,日本/2014年6月21日】

コメント

HNY2017

2017-01-01 09:22:22 | 鳥(Birds)





本ブログをご覧になっている皆さま、今年も本ブログをよろしくお願いします!

私は今、夏のニュージーランドに来ています。
さて、今年はどんな鳥や生き物達との出会いが待っているのでしょう。
楽しみですね。

メモとして、2016年に泊りがけで遠征した記録を、以下に書き留めておきます。
フィールディングの参考としてくださいね。
前回投稿した写真が海外渡航の内容に一致しています。

◆2016年

[1月]
・年末からのカンボジア
・北海道(コケワタガモ、ハイイロガン初見)

[2月]
・ルソン島, フィリピン
・チェンマイ、タイ

[3月]
・石川県
・ベトナム
・台湾

[4月]
・ミンダナオ島, フィリピン

[5月]
・4月末からのミンダナオ島、フィリピン
・マレー半島

[6月]
・遠征なし

[7月]
・四川省, 中国

[8月]
・ニューカレドニア

[9月]
・遠征なし

[10月]
・福岡&佐賀(インドアカガシラサギ、カラフトアオアシシギ国内初見)

[11月]
・シャワ島, インドネシア
・パラワン島, フィリピン

[12月]
・ニュージーランド

2016年は12回の海外鳥見渡航となりました。
国内ライフリストは437種となりました。

コメント