MOVIE KINGDOM Ⅱ

映画に関する話題やライブ&イベント、ローカルなグルメ情報など色々話題を広げて行きます
ポイントは★~★★★★★★

No.066 「ゴーン・ガール」(2014年 149分 シネスコ)

2014-12-11 23:58:27 | 2014年劇場鑑賞
監督 デヴィッド・フィンチャー
出演 ベン・アフレック
   ロザムンド・パイク
   ニール・パトリック・ハリス


先行上映に行ってきました
昔は先行オールナイトてのがあって上映一週間前にオールナイト興業での上映してました
よく行きましたね~その昔・・・今はオールナイト興業がほぼ無くなりましたから、こういう1日前の先行ロードショーてにが時折あるくらいですね

(あらすじ)

ニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)は誰もがうらやむ夫婦のはずだったが、結婚5周年の記念日に突然エイミーが行方をくらましてしまう。警察に嫌疑を掛けられ、日々続報を流すため取材を続けるメディアによって、ニックが話す幸せに満ちあふれた結婚生活にほころびが生じていく。うそをつき理解不能な行動を続けるニックに、次第に世間はエイミー殺害疑惑の目を向け……



何の予備知識なしで見るとこの映画の展開がコロコロ転がるような展開が楽しめますね
妻が失踪し一躍悲劇の夫となっていくが、ストーリーが進むにつれてドラマがどんどん夫の疑念がクローズアップされていく・・・こうなれば展開が読めてくる・・・と思いきやまたまた新たな展開が・・・これ以上は語れない
ただ予想以上に面白くてある意味恐ろしい映画だった・・・



警察、マスコミ、更に世論・・・真実は見えてなくても目に見えるものや与えられた情報で、物事を語りまた騒いだりする
例え真実に永久に辿りついてなくてもそれが真実としていつのまにか認知されていく
そんな部分も少し感じられた
しかし正月映画にしては重い映画ですね~



★★★★★ 2014.12.11(木) アポロシネマ8 スクリーン5 18:00 E-2
コメント   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
« No.065 「西遊記~はじまり... | トップ | No.067 「フューリー」 ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

2014年劇場鑑賞」カテゴリの最新記事

7 トラックバック

映画:ゴーン・ガール Gone Girl  演出、キャステイング、音響ともにパーフェクト、で、... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
監督は、デヴィッド・フィンチャー。 フィンチャーといえば、「セブン」「ソーシャル・ネットワーク」「ドラゴン・タトゥーの女」とか… ヤバい作品ばかり! 映画ではないが、彼制作の House of Cards 野望の階段 シーズン2 を英語版でじわじわ視聴中。  自分はあま...
『ゴーン・ガール』 (2014) (相木悟の映画評)
二転三転、驚愕のサイコロジカル・スリラー! どんより暗くなる身も蓋もない内容ながら、めちゃくちゃ面白いサスペンスであった。 本作は、今やハズれるイメージのわかない名匠となったデヴィッド・フィンチャー監督作。ギリアン・フリンの同名ベストセラー小説の映画....
「ゴーン・ガール」 結婚とは・・・ (はらやんの映画徒然草)
物語が終わり、エンドロールに入ったところで満席の映画館の各所から「ふぅ・・・」と
ゴーン・ガール (Akira's VOICE)
夢も希望も無いのである。。  
『ゴーン・ガール』 (時間の無駄と言わないで)
最近はネタバレしまくりな予告編が多いけど、コレは良かった。 良い意味で期待を裏切られた。 まさかこんな展開になっていくとは・・・。 観に行きたくなるけどネタバレも全然し ...
ゴーン・ガール (Gone Girl) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 デヴィッド・フィンチャー 主演 ベン・アフレック 2014年 アメリカ映画 149分 サスペンス 採点★★★★ 知人に「ワタシ媚びれないんだよねぇ」と言いながらアッチの男性にクネクネー、コッチの男性にクネクネーと媚びまくり、“悪い子”をアピールしつつも実...
「ゴーン・ガール」 (ここなつ映画レビュー)
とある女が失踪したからミステリー、と決めつけるよりもサスペンス・スリラーなんだな、これは。何故ってひたひたとぞくぞくと怖かったから。最初はニック(ベン・アフレック)の妻が失踪した事を巡って、妻エイミー(ロザムンド・パイク)の行方探し、誰が関与しているの...